島根県東部地震(しまねけんとうぶじしん)とは、1978年昭和53年)6月4日に、日本山陰地方で発生した地震である。この地域を震源とする地震活動としては最大級の規模であり[1]、この地震以降に中国地方の陸上で被害地震が発生するのは5年後の1983年、鳥取県中部地震である[2]。またMjが6を超える地震の発生は、40年後の2018年に発生した島根県西部地震まで間が空く[3]。なお、本記事で使用している地震の名称は、気象庁が命名したものではなく、また、文献によっては「島根県中部地震」と表記されている物も有るので注意されたい[4][5]

島根県東部地震
島根県東部地震の位置(日本内)
島根県東部地震
震央の位置
本震
発生日 1978年(昭和53年)6月4日
発生時刻 5時3分
震央 島根県東部
震源の深さ 0 km
規模    M6.1
最大震度    震度5:島根県(推定)
津波 無し
被害
被害地域 島根県など
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

概要編集

1978年6月4日の午前5時3分、島根県東部の深さ0km震源とする地震が発生。地震の規模マグニチュード6.1だった。[6]周辺では地震発生の前から小規模な地震が発生しており、約1週間前にもマグニチュード3.9の地震が起きていた[7]。こうした地震の発生地はドーナツ状に分布しており、6月4日の地震は中間の空白地帯にあたる地域で発生した[8]本震直後の午前6時台には3度にわたってマグニチュード5の強い余震が発生した[9]

京都大学防災研究所地震予知センター長の飯尾能久によれば、この地震の震源と2000年10月6日に発生した鳥取県西部地震の震源は、岩盤の構造により地震エネルギーが蓄積されやすい状態になっており、時期は不明ながら、大きな地震が発生する可能性があるという[10]

各地の震度編集

震度3以上の地点は以下の通り。[11]

震度 都道府県 観測値
4 広島県 広島市中区上八丁堀・呉市宝町
3 鳥取県 米子市博労町(旧)・境港市東本町
島根県 松江市西津田(旧)・浜田市大辻町(旧)
岡山県 岡山市北区桑田町
広島県 福山市松永町
愛媛県 松山市北持田町
高知県 高知市本町

震度計によって観測された最大震度は4だったが、震央附近の三瓶山南東麓の各市町村では震度4ないし5であったと推定されている[4]

被害編集

この地震にる人的被害(死傷者)はなかったものの、一部では崖崩れや地割れなどが発生したほか、墓石が転倒したり[5]、石垣や道路アスファルトの道路への亀裂など[9])、建物(土蔵の剥がれ・住宅の屋根瓦がずれ・壁への亀裂 などが起きた[9])などにも被害が出たりした。一部破損した住家は55棟で、半壊した住家は5棟であった。被害が特に多く見られた地域は、島根県の大田市頓原町(現:飯南町)、邑智町(現:美郷町)、三瓶山の周辺などである。[9][12]

関連項目編集

  • 鳥取県西部地震 - 当地震から22年後の2000年10月6日に発生した、鳥取県で最大震度6強を、東に隣接する島根県でも最大震度5強を観測した地震。こちらは気象庁が命名した地震。
  • 島根県西部地震 - 当地震から約40年後の2018年4月9日に発生した、島根県で最大震度5強を観測した地震。当地震と同じく、こちらも気象庁が命名した地震ではない為注意されたい。

脚注編集

  1. ^ 西田良平「山陰地域の地震活動」『鳥取大学大学院工学研究科 工学部研究報告』第38巻、2007年、29ページ。
  2. ^ 気象庁大阪管区気象台・気象庁鳥取地方気象台 「1983年(昭和58年)10月31日鳥取県中部の地震調査報告」『験震時報』第53巻、気象庁、1990年。
  3. ^ 2018年4月の島根県西部の地震:地震活動
  4. ^ a b 気象庁地震課 地震予知情報室「1978年6月4日の島根県中部の地震について」『地震予知連絡会会報』第21巻、国土地理院、1979年、132ページ。
  5. ^ a b 加藤碵一「1978年6月4日の島根県中部地震による墓石の被害について」『地質調査所月報』第30巻第7号、産業技術総合研究所地質調査総合センター、1979年、421-431ページ。
  6. ^ 気象庁|震度データベース検索 (地震別検索結果)”. 2019年7月28日閲覧。
  7. ^ Ymashina Ken'ichiro, Miura Reiko「The M=3.9 Earthquake Sequence of May 1978 in Eastern Shimane, Japan」『東京大学地震研究所彙報』第55号第3冊、1980年。
  8. ^ Yamashina, Ken'ichiro; Inoue, Yoshihiro (1979). Nature 278: 48–50. 
  9. ^ a b c d 昭和53年 災害年報』島根県、5ページ。
  10. ^ 「山陰地方 「大地震発生の可能性」 鳥大・京大共同研究報告 断層挟み軟地盤」『山陰中央新報』2012年12月21日付23面。
  11. ^ 気象庁|震度データベース検索 (地震別検索結果)”. 7月28日(日)閲覧。
  12. ^ https://www.jma-net.go.jp/matsue/saigai/jishin_tsunami_h27.pdf