メインメニューを開く

島根県立島根女子短期大学(しまねけんりつしまねじょしたんきだいがく、英語: Shimane Prefectural Shimane Women's College)は、島根県松江市浜乃木7-24-2に本部を置いていた日本公立大学である。1953年に設置され、2008年に廃止された。大学の略称は島女短もしくは女短[1]。学生募集は2006年度まで、2007年度より島根県立看護短期大学との統合により島根県立大学短期大学部へ改組された。

島根県立島根女子短期大学
大学設置 1953年
創立 1946年
廃止 2008年
学校種別 公立
設置者 島根県
本部所在地 島根県松江市浜乃木7-24-2
学部 家政科
◎食物専攻
◎生活科学専攻
保育科
文学科
◎国文専攻
◎英文専攻
テンプレートを表示

概要編集

大学全体編集

  • 島根県立島根女子短期大学は、1953年、旧来の専門学校を発展改組かつ島根農科大学に併設された女子家政短期大学部が発端となっている[2]。後に独立した。学科体制は最終的に3学科(うち2学科4専攻)となった。

教育および研究編集

  • 島根県立島根女子短期大学における教育
    • 家政科
      • 食物専攻:栄養士を養成する課程となっていた。
      • 生活科学専攻:「生活科学概論」や「服飾文化論」・「食物学実習」などの家政系のほか「建築施工学」や「建築デザイン実習」などの建築系の科目もあった。
    • 保育科:幼児のための影絵唱歌などの舞台芸術を一般公開するという伝統的な行事として「ほいくまつり」がある。児童文化という科目において取り入れられていた。
    • 文学科
      • 国文専攻:科目の一つとして、毎年6月に隠岐島津和野などを訪問するという「国文郷土文学演習」があった。
      • 英文専攻:2年次の春と秋にハーン文学遺跡を訪れるという「郷土文学演習」科目のほか、「アジア・アフリカ研究」と称した科目もあった。

学風および特色編集

  • 島根県立島根女子短期大学は2006年度時点では、県では最も学生数の多い短大で、県内唯一の保育系学科があった。現在の、島根県立大学短期大学部松江キャンパスにあたる。

沿革編集

  • 1946年 - 島根県立松江女子専門学校が創設される。
  • 1953年 - 島根農科大学女子家政短期大学部(しまねのうかだいがくじょしかせいたんきだいがくぶ)として開学する。
    • 家政科
      • 被服専攻:1985年に生活科学専攻へ改称。
      • 生活専攻:1965年に食物専攻へ改称。
  • 1961年 - 島根女子短期大学(しまねじょしたんきだいがく)と改名。
  • 1964年 - 島根県立島根女子短期大学と学名変更する。
  • 1973年 - 旧来より併設されていた県立保育専門学院を発展改組・吸収する形で、短期大学に保育科を増設:学生数48[3]
  • 1988年 - 文学科を増設:学生数99[4]
    • 国文専攻
    • 英文専攻
  • 2006年 - 独自の短期大学としての最後の募集。
  • 2007年 - 島根県立看護短期大学と合併して島根県立大学短期大学部となる。
  • 2008年 - 島根県立島根女子短期大学が廃止される。

基礎データ編集

所在地編集

  • 島根県松江市浜乃木7-24-2

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 家政科
    • 食物専攻
    • 生活科学専攻
  • 保育科
  • 文学科
    • 国文専攻
    • 英文専攻

取得資格について編集

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

学園祭編集

  • 島根県立島根女子短期大学の学園祭は「飛鳥祭」と呼ばれていた。概ね例年10月に行われていた。

スポーツ編集

  • バレーボール部が、全日本と中国学生バレーボール連盟に加盟していた。

大学関係者と組織編集

施設編集

キャンパス編集

  • 設備
    • 大講義室
    • マルチメディア演習室
    • 体育館:1996年に竣工。130名収容の研修室が備えられていた。
    • 図書館:所蔵資料数はおよそ90,000冊となっていた。
  • 周辺:松江市営バス「女子短大前」と称したバス停留所があった。

学生食堂編集

  • 島根県立島根女子短期大学の学生食堂(学食)は、「カリヨン」と呼ばれていた。

編集

  • 島根県立島根女子短期大学には「紅梅寮」と呼ばれる学生寮があった。収容定員は60名となっており、寮の使用料は一月3,000円と割安であった。

対外関係編集

社会との関わり編集

  • 「椿の道アカデミー」と称した講座が行われていた。主に衣食住や文化・教育などに関するテーマが主たるものとなっていた。

卒業後の進路について編集

就職について編集

編入学・進学実績編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 松江市内に他に女子短期大学がなかったため
  2. ^ 『全国公立短期大学協会三十年誌』177頁
  3. ^ 昭和49年度版『全国学校総覧』31頁より
  4. ^ 昭和64年度版『全国学校総覧』50頁より
  5. ^ 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)49頁より
  6. ^ a b 『島根県立島根女子短期大学』2002年度入学案内冊子より引用。
  7. ^ 19952001年度用の冊子も島根県立図書館に所蔵されている。

関連項目編集

外部リンク編集