初代島津 源蔵(しまづ げんぞう、天保10年5月15日1839年6月25日) - 明治27年(1894年12月8日)は、幕末から明治時代にかけての商人実業家発明家島津製作所の創業者である。

初代島津源蔵

生涯編集

京都の醒ヶ井魚棚(現・堀川六条付近)で仏具の製造をしていた島津清兵衛の次男として生まれた。家業を治め、1860年万延元年)に21歳で木屋町二条に出店した。この地は高瀬川の船便の終点に近く、当時の重要な流通拠点であった。また、京都府は殖産興業のため1870年明治3年)に勧業場舎密局などをこの付近に設立し、源蔵は舎密局に出入りするようになった。

ここで知識を得た源蔵は1875年(明治8年)3月31日に教育用理化学機器の製造を始め、島津製作所を創業した。1877年(明治10年)の第一回内国勧業博覧会では製の医療用ブーシーを出展し、内務卿大久保利通から褒状を受けている。また、同年に京都府は科学思想啓発のために国内初の有人気球を計画し、源蔵はその実行責任者となった。 ガス球部分には胡麻油で溶かした樹脂ゴムを塗布した羽二重を用い、鉄くず硫酸四斗樽10個を使って発生させた水素ガスを内部に封入した。招魂祭のある同年12月6日仙洞御所の広場で飛行試験が行なわれ、気球は5万人の観衆の前で36mの高さまで浮上した。これによって源蔵の知名度は大きく向上したといわれる。

1878年(明治11年)2月3日から3年間、京都府はゴットフリード・ワグネルを舎密局に招聘・雇用した。彼は化学工芸の指導などを職務とし、理化学器械の製造のため出入りしていた源蔵にも接していた。ワグネルから送られた木製旋盤島津創業記念資料館に現存する。また、当時のカタログには「ワグネル新発明」という説明の付いた蒸留器が掲載されている。源蔵も後に科学教育に携わるようになり、1886年(明治19年)には「理化学的工芸雑誌」を発刊し、京都府師範学校(現・京都教育大学)の金工科で教職を一年間務めた。

1894年(明治27年)12月8日脳溢血のため、55歳で亡くなった。没後に長男の梅次郎が2代目島津源蔵を襲名し、後継者となった。

略歴編集

参考文献編集

  • 「その志は〝日本のエジソン〟へと受け継がれた」上山明博(『歴史街道─特集:島津源蔵と京都近代産業』PHP研究所,2017年11月号)
  • 「京都と島津源蔵父子」大谷晋一(『化学と教育 Vol.41(1)』日本化学会,1996年)

関連項目編集