メインメニューを開く

島田 智哉子(しまだ ちやこ、本名:嶋田智哉子[1]1962年9月27日 - )は、日本政治家歯科医師民主党所属の元参議院議員(1期)。民社協会に所属していた。

島田 智哉子
しまだ ちやこ
生年月日 (1962-09-27) 1962年9月27日(57歳)
出生地 福岡県大牟田市
出身校 明海大学歯学部
所属政党 民主党
称号 学士歯科医師
公式サイト 前参議院議員 島田ちやこ

選挙区 埼玉県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2004年7月26日 - 2010年7月25日
テンプレートを表示

経歴編集

福岡県大牟田市に生まれる。1983年(昭和58年)に佐賀女子短期大学を卒業し、NHK福岡放送局ニュース番組のアシスタントとして勤務。1988年(昭和63年)に明海大学歯学部に入学し、1994年(平成6年)に歯科医師免許を取得。1996年(平成8年)には川越市に歯科医院を開設。

2003年(平成15年)11月9日第43回衆議院議員総選挙に、民主党公認で埼玉7区からの立候補が決まっていた。しかし同年9月26日に行われた民主党と自由党の合併により候補者調整が行われた結果、埼玉7区は自由党出身の小宮山泰子が立候補することとなり、島田は民主党埼玉県参議院選挙区第3総支部長に就任。

同年10月26日埼玉県参議院補欠選挙に出馬。同じ大学で同じ歯学部の先輩である自由民主党関口昌一に惜敗した(関口:648,319票、島田:635,332票、阿部幸代:232,850票。投票率は27.52%)。

2004年(平成16年)の第20回参議院議員通常選挙埼玉県選挙区から出馬し、初当選。

2010年(平成22年)の第22回参議院議員通常選挙に出馬。再選を目指すも、民主党で新人の大野元裕に競り負け、落選。

その後、民主党埼玉県連により次期総選挙において埼玉7区に党公認候補として擁立されることとなった。消費税増税関連法案に反対し、民主党を除籍され国民の生活が第一(総選挙時は日本未来の党)へ移籍した、小宮山泰子に対するいわゆる『刺客』候補であった[2]

2012年(平成24年)12月16日第46回衆議院議員総選挙では埼玉7区から出馬。自民党の神山佐市に敗れ、比例復活もならず議席は獲得できなかった(小宮山泰子は比例復活当選)。

家族は夫と2人の息子[3]

政策・主張編集

所属していた委員会編集

人物編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集