神山佐市

日本の政治家

神山 佐市(かみやま さいち、1954年8月17日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)。元埼玉県議会議員(3期)。

神山 佐市
かみやま さいち
生年月日 (1954-08-17) 1954年8月17日(66歳)
出生地 日本の旗 日本 埼玉県富士見市
出身校 高千穂商科大学商学部
前職 埼玉県議会議員
所属政党 自由民主党石破派[1]
公式サイト ようこそ!!神山佐市ウェブサイトへ!!

選挙区 埼玉7区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月16日 - 現職

選挙区 西6区
当選回数 3回
在任期間 1999年 - 2011年
テンプレートを表示

経歴編集

埼玉県富士見市生まれ[2]富士見町立富士見台中学校東京教育大学附属坂戸高等学校を経て、1977年3月、高千穂商科大学商学部卒業。同年3月18日、株式会社埼玉スポーツセンターを設立し、代表取締役社長就任。同年4月21日、有限会社神山代表取締役社長。同年、宅地建物取引士取得[3]

1999年埼玉県議会議員選挙。連続3期当選(西6区選出)[3]

2012年第46回衆議院議員総選挙中野清の後継として、埼玉7区自由民主党から出馬し、初当選。

2014年第47回衆議院議員総選挙で埼玉7区に自由民主党から出馬し、再選。

2017年第48回衆議院議員総選挙で埼玉7区に自由民主党から出馬し、3選。

2020年12月、次期衆議院議員総選挙に際し、埼玉7区支部長に埼玉県議会議員の中野英幸中野清の長男)を選任する事が報じられ神山は比例単独候補となる事が報じられた[4]

政策・主張編集

埼玉県議会議員時代編集

  • 県議時代には、文部科学行政に没頭。少年野球のスポンサーにもなっていた[5]。「教育に関わる部分、県では教育局に力を注ぎました。それまで少年野球などで子供たちに関わる中で、学校の教育のあり方について考えるところがありました。子供たちは親が見ているよりもレベルが高い、それからずるい。そのなかでどう教育をしていかなければいけないか、学問をどうするかというより人間としてどうするかという角度から見て教育の方向性を考えるべきだと発言をしてきました。」としている。「成人式が荒れていた頃でも、私が話をすると結構静かになるような気がします。子供たちはいくら偉い人が挨拶してもガヤガヤするものです。それは神山と少年野球で関わっている人もいて、お世話になったと感じているのかもしれません。」としている[5]

衆議院議員時代編集

防衛編集

  • 憲法改正に賛成[6]。改正すべき項目に、緊急事態条項、環境権、プライバシー権を挙げた[7]
  • 安保関連法案の成立に賛成[7]
  • 自衛隊の人員・予算を拡充を主張[8]
  • 北朝鮮に対しては対話よりも圧力を優先すべきかという項目には、どちらかといえば賛成[7]

税制編集

  • 2012年の公開アンケートにおいて、消費税2014年4月に8%、2015年10月に10%まで引き上げる法律が成立したことについて「引き上げは必要だが、時期は先送りすべきだ」と回答している[6]
  • 2014年の公開アンケートにおいて、「2017年4月に消費税率を10%に引き上げるべきだ」と回答している[9]
  • 2017年の公開アンケートにおいて、消費税2019年10月に10%に引き上げることについて「賛成」と回答している[10]
  • 「消費税0%の検討」を掲げた『国民を守るための「真水100兆円」令和2年度第2次補正予算に向けた提言』に賛同している[11]

経済編集

  • 原子力規制委員会の審査に合格した原子力発電所は運転を再開すべきだという項目には賛成[7]
  • 中小零細企業対策として「商店が廃業しシャッター商店街になっているような状況に対し、小規模事業者に支援を継続するということです。地元で買い物ができる場所、それから雇用の場所を確保すれば、大都市に集中している人口が戻ってきます。地域を活性化することが必要です。」としている[5]

選択的夫婦別姓編集

  • 公式サイトでは、選択的夫婦別姓制度の導入に反対を表明[8]
  • 2014年の調査では「どちらとも言えない」と回答[12]
  • 2017年の調査では「どちらかと言えば反対」と回答[13]
  • 2021年1月30日、神山ら自民党国会議員有志50人は、47都道府県議会議長のうち同党所属の約40人に、選択的夫婦別姓の導入に賛同する意見書を採択しないよう求める文書を郵送した。地方議員や市民団体は、地方議会の独立性を脅かす行為だとして神山らを批判した[14][15][16][17]

その他編集

  • 受動喫煙防止を目的に飲食店などの建物内を原則禁煙とする健康増進法改正に反対。2017年2月15日の厚生労働部会において、「民間・業界のこれまでの取り組み、努力を評価すべきだ。たばこは財政への貢献も大きい」と主張した[18]
  • 女性宮家の創設に賛成[6]

人物編集

  • 少林寺拳法5段[5]
  • 政治信条として、「人の話をしっかり聞くということです。人の困っていることを吸い上げて、政治の中どこまで対応できるかと考えています。」と述べている[5]
  • 2013年資産公開によると、神山の資産は衆議院議員中で、鳩山邦夫に次いで多く、麻生太郎の4億3623万円をしのぐ9億7445万円だった[19]
  • 2018年の資産公開によると、9億3071万円であり、衆議院議員では最多となった[20]

所属団体・議員連盟編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 自民党:石破派「水月会」20人で正式結成 総裁選に意欲 毎日新聞 2015年9月28日
  2. ^ 【プロフィール】 ようこそ!!神山佐市ウェブサイトへ!!
  3. ^ a b 氏 名:神山 佐市(かみやま さいち) 生年月日:昭和29年8月17日(56才)
  4. ^ “自民、埼玉7区に新人擁立 現職・神山氏は比例単独”. 産経新聞. (2020年12月24日). https://www.sankei.com/politics/news/201224/plt2012240016-n1.html 2020年12月24日閲覧。 
  5. ^ a b c d e 神山佐市衆院議員に聞く 頑張った人が報われる社会の実現を”. 東上沿線新聞. 2020年3月12日閲覧。
  6. ^ a b c “2012衆院選 埼玉7区 神山 佐市”. 毎日新聞 (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A11007002002 2020年11月30日閲覧。 
  7. ^ a b c d 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2017衆院選:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年11月12日閲覧。
  8. ^ a b 公式ページ[リンク切れ]
  9. ^ “2014衆院選”. 朝日新聞 (朝日新聞社). http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo47/carta/BZZZZZ27I.htm 2020年11月30日閲覧。 
  10. ^ “第48回衆院選 自民 埼玉7区 神山 佐市”. 毎日新聞 (毎日新聞社). https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=A11007003003 2020年11月30日閲覧。 
  11. ^ 賛同者一覧 国民を守るための「真水100兆円」令和2年度第2次補正予算に向けた提言” (日本語). 【議員連盟】日本の未来を考える勉強会. 2020年9月23日閲覧。
  12. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  13. ^ 2017年衆院選、候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)
  14. ^ 【全文】夫婦別姓反対を求める丸川大臣ら自民議員の文書、議員50人の一覧” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web (2021年2月25日). 2021年2月25日閲覧。
  15. ^ “全国40議長に別姓反対文書 自民・丸川氏、高市氏ら閣僚経験者も連名”. 東京新聞. (2021年2月25日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/88139 2021年3月2日閲覧。 
  16. ^ 飯田樹与 (2021年2月25日). “夫婦別姓反対を求める丸川担当相らの文書 「地方の意思決定を無視、失礼だ」埼玉県議長が不快感”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/88152 2021年3月2日閲覧。 
  17. ^ “丸川大臣「残念すぎる」選択的夫婦別姓、反対議員50人へ質問状 市民団体”. 東京新聞. (2021年2月27日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/88547 2021年3月2日閲覧。 
  18. ^ 2017年2月15日の受動喫煙対策法の厚生労働部会の各議員の発言に突っ込んでみた”. 2018年4月22日閲覧。
  19. ^ J-Castニュース 2013年5月27日
  20. ^ 衆院議員の平均資産額、最低に 鳩山邦夫氏の死去影響か:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年11月12日閲覧。
  21. ^ “2019年12月号_2面”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2019年11月25日). http://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2020/07/2019%E5%B9%B412%E6%9C%88_%EF%BC%92%E9%9D%A2.pdf 2020年7月21日閲覧。 
  22. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク編集