メインメニューを開く

嵐山高雄パークウェイ(あらしやまたかおパークウェイ)は、阪急阪神ホールディングスグループの西山ドライブウエイ株式会社が経営する一般自動車道1965年供用開始。

西山ドライブウエイ株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
615-0063
京都府京都市右京区西院北井御料町10番地
本店所在地 616-8285
京都府京都市右京区梅ケ畑檜社町11番地
設立 1965年11月
業種 サービス業
法人番号 1130001001561
事業内容 観光有料道路の経営、阪急電鉄各駅の駐輪・駐車場の運営
代表者 代表取締役社長 蔭山一哉
資本金 4億円
外部リンク http://www.parkway-hankyu.com/
テンプレートを表示

目次

概要編集

 
高雄料金所

京都市右京区嵐山清滝道)と高雄国道162号)を結ぶ全長10.7キロメートル (km) [1]有料道路。 出入口は、高雄側が「高雄口ゲート」、嵐山側が「嵐山・清滝口ゲート」の2か所あり、両ゲート共に料金所が設けられている。土日祝日及び1月1日 - 3日、7月21日 - 8月31日10月21日 - 11月30日の各日は二輪車通行禁止となる。なお、本道路は道路交通法による一部車両通行規制として、125cc以下の二輪車と自転車は通行できない[2]

沿道には菖蒲谷池遊園地、観空台遊園地、展望台、ドッグ・ラン ワン遊ランド、ハーブ園、 釣り池など西山ドライブウェイが営業するレジャー施設がある。

通行料金編集

2015年7月現在の通行料金は下記の通り[2]

  • 二輪車:830円
  • 軽・普通自動車:1180円(17:00以降は、590円)
  • マイクロバス:2940円
  • 大型バス:4790円

道路施設編集

  • 高尾大駐車場
    高雄口に近い無料の駐車場。高山寺神護寺へ徒歩で向かう散策路で結ばれる。

地理編集

桜や紅葉の名所としても知られる自然豊かな観光道路で、道路の途中に4か所の展望台が設けられている[1]。保津峡展望台からは、山に囲まれた保津川を見下ろしトロッコ列車や保津川下りの船を見ることができる[1]。菖蒲ヶ丘展望台では京都盆地を望むことができる[1]

通過する自治体編集

交差する道路編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 須藤英一 2013, pp. 122-123.
  2. ^ a b 嵐山-高雄パークウエイ 高雄事務所. “通行料金/営業時間”. 嵐山-高雄パークウェイ オフィシャルページ. 西山ドライブウエイ株式会社. 2015年7月5日閲覧。

参考文献編集

  • 須藤英一『新・日本百名道』大泉書店、2013年。ISBN 978-4-278-04113-2

関連項目編集

外部リンク編集