川久保玲

日本のファッションデザイナー、実業家 (1942-)

川久保 玲(かわくぼ れい、1942年10月11日[1] - )は、日本ファッションデザイナー実業家ファッションブランドコム・デ・ギャルソン」創始者[2]で、株式会社コムデギャルソン設立から現在まで代表取締役社長を務めるオーナーデザイナー。

かわくぼ れい
川久保 玲
生誕 (1942-10-11) 1942年10月11日(79歳)
日本の旗 日本 東京
出身校慶應義塾大学文学部哲学科卒業
職業ファッションデザイナー
団体株式会社コムデギャルソン
┗代表取締役社長
著名な実績コム・デ・ギャルソン」の運営
受賞日・毎日ファッション大賞(1983年)
仏・芸術文化勲章シュバリエ(1992年)
日・芸術選奨(2001年)
日・朝日賞(2003年)
仏・国家功労勲章(2004年)
米・CFDA賞(2012年)
米・イサム・ノグチ賞(2019年)

経歴編集

 
川久保玲

東京にて出生。幼稚舎から慶應義塾で学ぶ[3][4]慶應義塾大学文学部哲学科美学美術史学専攻を卒業後[5]株式会社旭化成宣伝部に入社[6]。3年で退職し、フリーランススタイリストとなる。

1969年にファッションブランド「コムデギャルソン」(Comme des Garçons、:少年のように)を立ち上げ、高級既製服(プレタポルテ、婦人服)の製造・販売を開始。1973年には株式会社コムデギャルソンを設立し、現在も同社社長を務める。1975年、東京コレクション初参加。1981年、パリコレクション初参加。体の線を意識し女性性を謳歌するような西洋のデザインとは全く異なる、川久保の直線的でノンセクシャルな初パリ・コレクションは、ボロ布のようだ、ヒロシマ・シックなどと揶揄されたが、そのアバンギャルドな服作りは、パリのファッション界に大きな衝撃を与えた。[7]

1982年、パリコレで伝説の黒服を発表。パリ・オートクチュールを頂点とする世界のモード界を震撼させた川久保の「黒服、穴あきニット(Hole Sweater)」は「黒の衝撃」と呼称された。世界中のファッション・ジャーナリストが賛否両論書きたて、「西洋の服への冒涜!」とする否定派と「新しい女性の生き方」「新しい美しさの提案」とする賛成派で、国際世論は真っ二つに割れた。黒い穴あきセーターを「スイスチーズ(穴あき)のセーター(Swiss cheese sweaters)」と命名したファッションジャーナリスト(Suzy Menkes氏、I・H・T紙)もいた。川久保の黒い穴あきセーターは、日本でも「カラス族」「ぼろルック」として流行した。

1997年のパリコレクションでは、体に不自然なコブを付けたライン(テーマ:ボディ ミーツ ドレス、ドレス ミーツ ボディ)を打ち出し[8]、体と服の相互の束縛を解き放つという新しいコンセプトで、尖鋭的なデザイナーとしての地位を確立した[9]

2001年、芸術選奨受賞。2006年から英スピード社と提携しており、同社製高速水着「レーザー・レーサー」の五輪公式デザインも手掛けた。2012年、ファッション界のオスカー賞と称される、米「CFDA(Council of Fashion Designers of America)ファッション アワード(国際賞)」を受賞(69歳)。2017年、ニューヨークのメトロポリタン美術館で「Rei Kawakubo/Comme des Garcons  Art of the In-Between」展を開催。展覧会のレポートや独占インタビュー、作品アーカイブなど、同美術館キュレーターのアンドリュー・ボルトン英語版よって同年5月から9月までの開催期間にコム デ ギャルソンが多角的に展示紹介された。2019年の「イサム・ノグチ賞」を受賞することが判明。ファションの分野からの受賞は初めて。

人物編集

夫は南アフリカ出身であり、コムデギャルソン・インターナショナルのCEOを務める。もともとは日本語チベット語専攻のため来日。ファッションデザイナーになった実妹の東京でのビジネスを手伝ったのがきっかけで、ファッション業界に関わり、1987年にパリのコムデギャルソンで働いた。1991年に退職して地中海クラブに移ったが、川久保の要請で翌年コムデギャルソンに戻り、川久保と結婚した。インタビューで夫は「皆誤解しているが、彼女は古い木や犬や猫、大粒のダイヤモンドが好きな優しい女性だ」と述べている[10]

賞歴など編集

年譜編集

  • 1942年、10月11日、東京に生まれる。
  • 1960年、17歳〜18歳。慶應義塾大学文学部哲学科入学。
  • 1964年、21歳〜22歳。同校卒業後、旭化成入社。宣伝部に配属。
  • 1967年、24歳〜25歳。同社を退職し、フリーランススタイリストとなる。
  • 1968年、25歳〜26歳。広告写真撮影の仕事で必要な洋服(スタイリストとして川久保がイメージした)がどうしても見つからなかったため、仕方なく自分自身の手で洋服を作る。以来ケースバイケースで服作りを始め、スタイリストからデザイナーパタンナー縫製・仕上げまで自分自身で手掛けるようになる。
  • 1969年、26歳。コムデギャルソンのブランド名で、婦人服の製造・販売を始める。コムデギャルソン(仏語“Comme des Garçons”)は、一般的には「少年のように」と直訳・短訳されるが、実質的な意味は「少年の持つ冒険心」(Avoir un sens de l'aventure comme des garçons,) である。
  • 1973年、30歳、株式会社コムデギャルソンを設立。
  • 1975年、32歳。コム デ ギャルソン初のショーを東京で開催。コム デ ギャルソン青山店オープン(表参道フロムファースト)。
  • 1978年、メンズライン「コム デ ギャルソン オム」(COMME des GARÇONS HOMME)立ち上げ。
  • 1981年、38歳〜39歳。フランス・パリでコム デ ギャルソン初のミニショーを開催。「ローブ ド シャンブル コム デ ギャルソン」(robe de chambre Comme des Garçons)立ち上げ。パリ・コレクション初参加。「トリコ コム デ ギャルソン」(tricot COMME des GARÇONS)立ち上げ。
  • 1982年、39歳。仏パリに「Comme des Garçons S.A.S」社設立。パリにコムデギャルソンのショップを開店。パリ・コレで穴あき黒服(Hole Sweater)発表。40歳不惑を迎える。
  • 1983年、41歳。「コムデギャルソンファニチャー」(家具)を立ち上げ。米ニューヨークにコムデギャルソンのショップを開店。第1回毎日新聞ファッション大賞受賞する。
  • 1984年、「コムデギャルソン オム プリュス」(COMME des GARÇONS HOMME PLUS)を立ち上げ。仏パリで本格的な最初のショーを開催。
  • 1986年、米ニューヨークに「Comme des Garçons S.A.S」社設立。仏パリでコムデギャルソン写真展「MODE et PHOTO」開催。
  • 1987年、45歳。「コムデギャルソン オム ドゥ」(COMME des GARÇONS HOMME DEUX)立ち上げ。「コムデギャルソン ノアール」(COMME des GARÇONS noir)立ち上げ。
  • 1988年、コムデギャルソンのブランド誌『Six sense』立ち上げ。「コムデギャルソン シャツ」(COMME des GARÇONS SHIRT)立ち上げ(仏「Comme des Garçons S.A.S」)。
  • 1991年、ヨウジヤマモトと合同でメンズコレクション展「6.1 THE MEN」開催(明治神宮水泳場)。
  • 1992年、49歳〜50歳。フランス芸術文化勲章シュバリエ)。イギリス人Adrian Joffe氏と結婚。「ジュンヤワタナベ・コムデギャルソン」(COMME des GARÇONS JUNYA WATANABE)立ち上げ。
  • 1993年、「コム デ ギャルソン コム デ ギャルソン」(Comme des Garçons Comme des Garçons)立ち上げ(Comme des Garçons S.A.S)。仏パリに「コムデギャルソン パルファム」(COMME des GARÇONS PARFUMS)(香水)を立ち上げ。
  • 1997年、54歳〜55歳。パリコレでコブドレス発表。英国王立芸術大学名誉博士号授与される。
  • 1999年、コムデギャルソン丸の内店をオープン。
  • 2001年、58歳。「コムデギャルソン ジュンヤ ワタナベ マン」(COMME des GARÇONS JUNYA WATANABE MAN)立ち上げ。芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。
  • 2002年、59歳、1月12日(土)NHKドキュメンタリー「世界は彼女の何を評価したのか〜ファッションデザイナー川久保玲の挑戦〜」放映。[15]
  • 2002年、59歳〜60歳。「プレイ コムデギャルソン」(PLAY COMME des GARÇONS)立ち上げ。
  • 2003年、60歳、朝日賞受賞(朝日新聞社)。
  • 2004年、61歳、フランス国家功労勲章受章。
  • 2004年、61歳〜62歳。英ロンドンドーバーストリートマーケット(DOVER STREET MARKET COMME des GARÇONS)オープン。[16]
  • 2005年、「タオ コムデギャルソン」(tao COMME des GARÇONS)を立ち上げ。「スピード コムデギャルソン」立ち上げ。「アイ コムデギャルソン ジュンヤ ワタナベ マン」(eYe COMME des GARÇONS JUNYA WATANABE MAN)立ち上げ。
  • 2006年、「コムデギャルソン パール」(ジュエリー)を立ち上げ。また当年から英国スピード社と業務提携し、高速水着「レーザー・レーサー」の五輪公式デザインを手掛ける。
  • 2007年、65歳。「ポケット コムデギャルソン」立ち上げ。「ガンリュウ」(GANRYU)立ち上げ。
  • 2008年、「ブラック コムデギャルソン」(BLACK COMME des GARÇONS)立ち上げ。
  • 2009年、「ザ ビートルズ コムデギャルソン」(The Beatles COMME des GARCONS)立ち上げ。[17]
  • 2012年、69歳、ファッション界のオスカー賞と称される、米「CFDA(Council of Fashion Designers of America)ファッション アワード(国際賞)」を受賞。[13]
  • 2012年、69歳、東京銀座に「ドーバーストリートマーケット ギンザ コムデギャルソン」(DOVER STREET MARKET GINZA COMME des GARÇONS)オープン。[16]
  • 2013年、70歳、2月、エルメスとコムデギャルソンのコラボレーションで、「Comme des Carrés」(コム デ カレ)コレクション発表。[18]
  • 2016年、73歳〜74歳(10月)。Avoir un sens de l'aventure comme des garçons, 少年の持つ冒険心 forever and ever!
  • 2017年、74歳、5月、NYメトロポリタン美術館で、「Rei Kawakubo/Comme des Garcons  Art of the In-Between」展開催。展覧会のレポートや独占インタビュー、作品アーカイブなど、コム デ ギャルソンを多角的に展示紹介。

パリコレクション編集

川久保玲・コム デ ギャルソンのパリ・コレクションでのコレクション発表履歴(タイトル)は以下のとおり。

1981-82AW Pirates
1982SS Indigo Dye and Twist
1982-83AW Holes
1983SS Patchworks and X
1983-84AW Gloves,Skirts,Quilted Big Coats
1984SS Round Rubber
1984-85AW Twist,Silk+Jersey,Knits(Patchworks)
1985SS Mud-Dyed
1985-86AW Dots,Polyester Pleats
1986SS Bias Cutting
1986-87AW Bonding
1987SS Young Chic,No Shoulder
1987-88AW White Shirt+Pants,Khaki,Lili Marleen
1988SS Frontless,Lame Sequins
1988-89AW Red is Black
1989SS Movement
1989-90AW Liberation from Tailonng(Next New One)
1990SS Refresh the Spirits
1990-91AW Modern Sweetness
1991SS Ink Dye,Stained Glass
1991-92AW Chic Punk
1992SS Unfinished
1992-93AW Lilith
1993SS Ultrasimple
1993-94AW Synergy
1994SS Eccentric
1994-95AW Metamorphosis
1995SS Transcending Gender
1995-96AW Sweeter Than Sweet
1996SS Kaleidoscope
1996-97AW Flowering Clothes
1997SS Body Meets Dress-Dress Meets Body
1997-98AW Adult Punk
1998SS Clustering Beauty
1998-99AW Fusion
1999SS New Essencial
1999-00AW Transformed Glamour
2000SS Coercion
2000-01AW Hard and Forceful(Energy)
2001SS Optical Shock(Volume)
2001-02AW Beyond Taboo
2002SS Ethnic Couture(White)
2002-03AW Free Kniting(Freedom of Knits)
2003SS Extreme Embellishment(Adornment)
2003-04AW Square
2004SS Abstract Excellence
2004-05AW Dark Romance,Which
2005SS Ballerina Motorbike
2005-06AW Broken Bride
2006SS Lost Empire
2006-07AW Persona
2007SS Cubisme
2007-08AW Curiosity
2008SS Cacophony
2008-09AW Bad Taste
2009SS Tomorrow's Black
2009-10AW Wonderland
2010SS Adult Delinquent
2010-11AW Inside Decoration
2011SS No Theme(Multiple Personalities,Psychological Fear)
2011-12AW Hybrid Fashion
2012SS White Drama
2012-13AW 2 Dimensions
2013SS Crush
2013-14AW The Infinity of Tailoring
2014SS Not Making Clothing
2014-15AW MONSTER
2015SS Blood and Roses
2015-16AW Ceremony of Separation
2016SS Blue Witch
2016-17AW 18th-Century Punk
2017SS Invisible Clothes
2017-18AW The Future of Silhouette

参考文献編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 10月11日は川久保玲の誕生日です』 2013年10月11日 FASHION HEADLINE
  2. ^ ブリタニカブリタニカ国際大百科事典』(2014年)・講談社『デジタル版 日本人名大辞典+Plus』(2009年). “川久保玲”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年4月2日閲覧。
  3. ^ 川久保玲”. 2022年2月8日閲覧。
  4. ^ [ブランド名]コム・デ・ギャルソン(COMME des GARCONS)”. www.fashionbible.net. 2021年10月14日閲覧。
  5. ^ ワールドクラス・ジャパン"セカイに誇るニッポンのモノ" 〜〈コム デ ギャルソン〉黒の自由 篇〜【vol.01】 | knowbrand magazine” (日本語). www.2ndstreet.jp (2020年12月28日). 2022年2月8日閲覧。
  6. ^ デザイナー:川久保玲(かわくぼれい)Rei Kawakubo”. 2022年2月8日閲覧。
  7. ^ KCIデジタルアーカイブス 1980'S秋冬コレクション Rei KawakuboIデジタルアーカイブス公式サイト 2013年3月30日閲覧
  8. ^ 1997年春夏コレクション KCI
  9. ^ Japanese Fashion Designers: The Work and Influence of Issey Miyake, Yohji Yamamoto and Rei Kawakubo by Bonnie English
  10. ^ Adrian Joffe Interview by The Star Online
  11. ^ 過年度受賞者(第1回~第10回)|毎日ファッション大賞 MAINICHI FASHION GRANDPRIX. 2022年4月3日閲覧
  12. ^ モードと歩むシャンパン. 朝日新聞. 2022年4月2日閲覧
  13. ^ a b Fashionsnap.com News - 川久保玲CFDA Fashionsnap.com 2013年03月29日閲覧
  14. ^ コムデギャルソン・川久保玲さんに「ノグチ賞」. 産経新聞. 2022年4月2日閲覧
  15. ^ NHKスペシャル - 川久保玲 NHK SPECIAL公式サイト 2013年03月29日閲覧
  16. ^ a b DOVER STREET MARKET DSM公式サイト 2013年03月29日閲覧
  17. ^ ザ ビートルズ コム デ ギャルソン”. 2013年3月29日閲覧。
  18. ^ Fashionsnap.com News - コム デ ギャルソン Fashionsnap.com 2013年03月29日閲覧

外部リンク編集