メインメニューを開く

地理編集

八ッ場ダム建設でダム湖に沈んでしまうため、2011年から北側の高台に移転を行っている。

移転前も大字川原湯と同字は吾妻川を挟んで北側に位置している。また、「関東耶馬渓」の異名を持つ吾妻渓谷の西端である。

河川編集

歴史編集

川原畑村は往古より吾妻郡に属し、三原庄に属していた。また、分村等のことはなかった。天平18年当時は沼田城真田信幸の領地と伝えられている。江戸時代は、はじめ沼田藩領、元和元年からは幕府領であった。1889年の町村制施行で近隣9ヶ村と合併し、長野原町ができる。その後の1917年大字の名前が変更され現在の名前となる。

1986年「八ッ場ダムの建設に関する基本計画」が策定された。この八ッ場ダム建設により旧川原畑地域はダム湖に沈んでしまうこととなった。そのため予定湖面より高い地点に移転を始めた。2011年には国道145号八ッ場バイパスが代替地で開通した。

年表編集

  • 1889年 町村制施行により川原畑村など10町村が合併し、長野原町が誕生した。そのため吾妻郡長野原町大字川原畑村となった。
  • 1917年 大字下の町村を削除したため、大字○○村は大字○○になったことで同字は吾妻郡長野原町大字川原畑となった。
  • 2011年12月20日 同字を通る国道145号八ッ場バイパスが代替地で開通。これにより代替地への移転が始まる。[4]
  • 2014年4月 川原畑地区地域振興施設として長野原町はクラインガルテンを建設する[5]
  • 2014年10月1日 八ッ場大橋が開通する。

地名の由来編集

吾妻川の水深が浅く、やや広いため川原となるところがある。そのため、この川原の畑地であると考えられている。

小字編集

代替地に移行しても小字が残っている。そのため、現在でも地名として残っているものがある。

代替地での小字

  • 石畑[4]
  • 二社平
  • 三平
  • 上ノ平

旧地域での小字

  • 西宮
  • 上ノ平
  • 宇知山
  • 祖登山

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)8月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
八橋大畑一丁目 23世帯 58人

小・中学校の学区編集

町立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

番地 小学校 中学校
全域 長野原町立第一小学校 長野原町立東中学校

交通編集

鉄道編集

同字に鉄道駅はない。最寄駅はJR東日本吾妻線川原湯温泉駅である。

バス編集

道路編集

 
茂四郎トンネル

国道国道145号八ッ場バイパスが通っている。県道群馬県道377号川原畑大戸線が通っている。

国道145号八ッ場バイパスが開通するまでは旧同字に旧国道145号が通っていた。

トンネル

  • 茂四郎トンネル(1760m)- 国道145号八ッ場バイパス[4]

施設編集

出典編集

  1. ^ a b 人口集計表”. 長野原町 (2017年8月31日). 2017年9月20日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年9月18日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ a b c 「八ッ場ダム関連設備事業」パンフレットより
  5. ^ 川原畑地区地域振興施設『クラインガルテンやんば』”. 長野原町. 2017年1月6日閲覧。
  6. ^ 長野原町立学校の通学区域に関する規則”. 長野原町. 2017年1月6日閲覧。

参考文献編集

  • 『長野原町誌 上巻』長野原町誌編纂委員会、長野原町、1976年3月31日(日本語)。
  • 『長野原町誌 下巻』長野原町誌編纂委員会、長野原町、1976年3月31日(日本語)。
  • 角川日本地名大辞典 10 群馬県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1988年7月8日(日本語)。ISBN 4-04-001100-7