川島 裕二(かわしま ゆうじ、1960年5月16日 - )は、日本キーボーディストアレンジャー

川島 裕二
別名 BANANA
BaNaNa
川島バナナ
川島 BaNaNa 裕二
BaNaNa-UG
生誕 (1960-05-16) 1960年5月16日(61歳)
出身地 日本の旗 日本長崎県長崎市端島
ジャンル J-POP
ニュー・ウェイヴ
職業 キーボーディスト
アレンジャー
担当楽器 キーボード
活動期間 1979年 -
共同作業者 EP-4
井上陽水
安全地帯
ウズマキマズウ

川島バナナBaNaNa川島 BaNaNa 裕二BaNaNa-UG(バナナユージー)などの別名も使用している。

略歴編集

1960年(昭和35年)に長崎県長崎市端島軍艦島[注釈 1]で生まれ、3歳まで居住していた[1]

小学校時代には町田に移転し、高校時代まで町田で過ごした。中学時代にはロックに興味をもち、同級生とバンドを組み、卒業式の謝恩会で演奏する(当時はキーボーダーが別にいたので、ドラムを叩いた)。中学時代に作曲コンクールに応募するため中学校の応援歌を作曲。優勝し、町田市立薬師中学校の応援歌として採用された。その時の賞品であったステレオシステムは中学に寄付された。

東京都立狛江高校に入学。同期にチェリストの溝口肇、アナウンサーの石川みゆき、作家の駒沢敏器、ベーシストの山内薫などがいた。

高校卒業後、1979年つのだ☆ひろが結成したファンクバンドジャップス・ギャップス」でデビュー。

1980年佐藤薫が結成した京都ファンクユニットEP-4」に在籍[2]

同時期には原マスミシングルや、1982年のアルバム『イマジネイション通信』、1984年のアルバム『夢の四倍』に全面的に参加。また井上陽水らの楽曲で編曲キーボード演奏を担当した[3]

1988年安全地帯のライブツアーにサポートメンバーとして参加。同じくサポートメンバーだった松田真人は、川島を「刺激的で才能に満ち溢れたアーティスト」と評した[4]

2001年12月6日東京都内で交通事故(物損事故)を起こした際に、運転していた自動車の下で発見されたウエストポーチの中から覚醒剤大麻が発見され、覚醒剤取締法違反の疑いで警視庁成城警察署に逮捕された[5]。用便を求めた際に下着の中からも覚醒剤が見つかった[5]

2011年現在、「EP-4」とその別ユニット「EP-4 (Unit3)[6]小川美潮が主催する音楽ユニット「ウズマキマズウ」の一員として活動している[7]

レコーディングに参加したミュージシャン編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 1974年(昭和49年)の炭鉱閉山に伴い、島民が島を離れてからは無人島となっている。

出典編集

  1. ^ BANANA U・G Twitterプロフィール、2021年4月12日閲覧。
  2. ^ 「EP-4-dark」 EP-4
  3. ^ 後藤次利後藤次利 DISCOGRAPHY」 Tsugutoshi Goto Official Site、2006年。(閲覧:2007年8月18日)
  4. ^ 松田真人2002年11月05日(火)」 MASATO MATSUDA Official Website、2002年11月5日。(閲覧:2007年8月18日)(2007年9月29日時点のアーカイブ)
  5. ^ a b 芸能界覚せい剤汚染!“バナナ”初公判”. ZAKZAK (2002年3月8日). 2005年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月11日閲覧。
  6. ^ 「EP-4の別ユニット登場!伝説的インディー・レーベルのテレグラフ関連イヴェント開催」 TOWER RECORDS ONLINE、2011年10月9日閲覧
  7. ^ 仙台〜浪江(福島)ツアー! ウズマキマズウ公式BLOG、2007年7月30日、2007年8月18日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集