メインメニューを開く

小林泉美 (歌手)

日本のシンガーソングライター

小林 泉美(こばやし いずみ、1957年3月25日 - )は、日本シンガーソングライター鍵盤奏者音楽プロデューサー実業家[1][2]千葉県船橋市出身、東京音楽大学ピアノ科卒[1]MIMI名義でも活動している[3]

小林 泉美
別名 MIMI、小林"mimi"泉美
生誕 (1957-03-25) 1957年3月25日(62歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県船橋市
学歴 東京音楽大学ピアノ科卒
ジャンル ポップス
フュージョン
アニメソング
職業 キーボーディスト歌手作詞家作曲家編曲家音楽プロデューサー
担当楽器 ボーカル
鍵盤楽器
活動期間 1980年代 -
レーベル CBS・ソニー
フィリップス・レコード
Kitty Records
共同作業者 高中正義

目次

人物編集

10代の頃からプロ活動を開始。大学在学中に中村雅俊ツアーバンド舘ひろしレコーディングに参加していたところ矢沢永吉の事務所にいた真下幸孝にスカウトされ、20歳だった1977年にレコード・デビュー[2]。当時の女性アーティストとしては珍しく、最初の作品からアレンジプロデュースまで自分の手で行っている[2]

自身のソロ作品はもちろん、キーボード・プレイヤーとして高中正義バンドやパラシュート、THE SQUARE(現・T-SQUARE)といったテクニカルなフュージョン・バンドや中島みゆき松任谷由実来生たかおなどのソロアーティストのライブや作品のレコーディングに参加し、他のアーティストへの楽曲提供やアレンジプロデュース、果てはオーケストラスコア[注 1]まで手掛けるマルチ・ミュージシャン[2]映画テレビドラマ劇伴やテレビのCM音楽、テレビアニメなどへの楽曲提供も行う[1]。特にアニメ「うる星やつら」の主題歌「ラムのラブソング」は有名で[注 2]、1990年代以降、多くのシンガーにカバーされ、アニソンの域を超えて支持を増やし続けている[2]

1980年代前半、テレビ東京の深夜番組「ロック・イン・ジャパン」の司会やキーボードマガジンサウンド&レコーディング・マガジンなどの雑誌でのコラム連載などの執筆活動といった音楽以外での活動が増えてくる[2]

1980年代半ばから「海外で活動したい」「自分自身の作品をゆっくり作りたい」と思うようになり、来日した音楽関係者たちに自分のストリングスカルテットの音源[注 3]を渡していたところ、ホルガー・ヒラードイツ語版にヨーロッパに来てこういうものをもっと伸ばした方がいいと言われ、渡欧する[2]。ヨーロッパではスタジオ・ミュージシャンとしてデペッシュ・モード『Viorator』(1990年)、初期のデュラン・デュランにも参加していたスティーヴン・ティン・ティン・ダフィのアルバム、スウィング・アウト・シスターのシングル「Blue Mood」(1985年)と「Breakout」(1986年)、ホルガー・ヒラーのアルバムなどに参加[2]。またオランダのマチルダ・サンティンのアルバム『Breast And Brow』(1989年)のプロデュースやドイツ映画の音楽などを担当している[2]

1990年代、エイフェックスツインのリチャード・D・ジェイムスが運営するリフレックス・レコーズから作品がリリースされる話があったが、実現しなかった。またKEN=GO→佐藤大らが運営したフロッグマンレコーズのイギリスでのマネージメントを担当するなど、テクノカルチャーへの接近を見せた。

また実業家としての顔も持ち、CISCO RECORDS(経営母体は株式会社シスコ・インターナショナル)のロンドン社長に就任したほか、音楽制作会社を経営[注 4]し、レコードレーベルNinja Tune、Mo'Wax、Compost Records、Warp Recordsなど)やアーティスト(ケン・イシイBOOM BOOM SATELLITESDJ KRUSH石野卓球など)のビジネスコーディネーションも手掛けた[2]

略歴編集

  • 10歳からピアノを習い始める[2]
  • 高校入学後、社交ダンスの演奏バンドに参加。地元のダンスホールで初めて演奏して報酬を得る。同じ頃に始めたエレクトーンでもレストランクラブなどでの演奏の仕事が入るようになり、プロの演奏家として活動を始める[2]。その頃、仕事で行った米軍キャンプジャズブラック・ミュージックなどに影響を受け、ハモンド・オルガンを習い始める。その後、米軍キャンプのファンクバンドに参加する[2]
  • 1976年、米軍キャンプのバンド仲間だった渡嘉敷祐一に誘われ、バンド・ASOCA(アソカ)を結成[2]ヤマハ音楽振興会主催のコンテスト「EastWest'76」に出場してグランプリを獲得[注 5][1][5]。個人としてもベストキーボード賞を受賞した[注 6][5]
  • 1977年、Mimie-Chan Super Band名義でCBSソニーからメジャー・デビュー[1]
  • 1978年、バンド名を小林泉美&Flying Mimi Bandに改める[1]
  • 1979年、EastWest'76の審査員だった高中正義バックバンドに参加。これをきっかけにキティレコードに移籍し、関連会社キティ・フィルム制作の映画やアニメの音楽を手掛けるようになる[1][2]。同時期にパラシュートとTHE SQUARE(現・T-SQUARE)に誘われ、パラシュートに加入する[注 7]。THE SQUAREからも正式にメンバーになるよう求められるがパラシュートと高中との仕事の兼ね合いで断る[1][2]
  • 1980年、映画「翔んだカップル」の音楽を担当。
  • 1981年、TVアニメ「うる星やつら」に主題歌「ラムのラブソング」とエンディングテーマを提供。以後、同シリーズのテレビや映画の楽曲を手掛けるようになる。同年、ソロ1stアルバム『Coconuts High』をリリース。
  • 1982年、2ndアルバム『Nuts,Nuts,Nuts』発売。同年、TVアニメ「さすがの猿飛」に主題歌とエンディングテーマを提供。
  • 1983年、3rdアルバム『TROPICANA』発売。
  • 1984年、テレビ番組の司会や雑誌でのコラム連載など、音楽以外の仕事が増える[2]
  • 1985年4月、ホルガー・ヒラーの招きで渡英。ロンドンにてプロデュース業を展開する[1]
  • 1988年、長男が誕生[2]
  • 1989年、ホルガー・ヒラーのプロデュースでアルバム『i.Ki』(日本フォノグラム)発売[2]。同年、音楽制作会社を設立。子育ての間、ミュージシャンとしての活動が十分にできないため、ビジネスの方に力を入れるようになる[2]
  • 1992年、TVドラマ「悪女(わる)」の音楽を担当。
  • 1994年、Moves In Motionをプロデュース。
  • 1997年、シスコ・インターナショナルの株式を取得し、シスコレコードのロンドン社長に就任(2008年倒産)[2][6]
  • 1999年、TVドラマ「女医」の音楽を担当。
  • 2012年、息子が大学を卒業して独立したこともあり、この年から自身のソロ活動のためのスタジオのリサーチやミュージシャンとの交流のために毎年キューバに渡航し、4ヶ月ずつ滞在するようになる[2]
  • 2016年から長らく拠点にしていたロンドンをベースに本格的に音楽活動を再開[2]

ディスコグラフィー編集

バンド名義編集

シングル編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 レーベル 備考
Mimie-Chan Super Band
1st 1977年8月 My Beach Samba 7インチシングル盤 06SH 199 CBSソニー
小林泉美&Flying Mimi Band
2nd 1978年4月25日 My Beach Samba '78 7インチシングル盤 FS-2088 日本フォノグラムPhilips
小林泉美&F.M.B
3rd 1978年 スプーンダンス (タイフーン'79) 7インチシングル盤 FS-2092 日本フォノグラム(Philips)
2014年9月10日 MEG-CD MSCL-12516

アルバム編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 レーベル 備考
小林泉美&Flying Mimi Band
1st 1978年3月5日 ORANGE SKY-Endless Summer- LPレコード S-7039 日本フォノグラム(Philips)
2013年3月13日 CD PROT-1055
2nd 1978年10月15日 SEA FLIGHT(シーフライト) LPレコード S-7050 日本フォノグラム(Philips)
2013年3月13日 CD PROT-1054

ソロ編集

シングル編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 レーベル 備考
1st 1982年12月1日 I,I,You&愛 7インチシングル盤 7DS0027 Kitty Records
2nd 1983年7月10日 Dancing Star 7インチシングル盤 7DS0054 Kitty Records
  • 表題曲はフジテレビ系アニメ『うる星やつら』2代目OP。
  • カップリング曲はフジテレビ系アニメ『うる星やつら』5代目ED。

アルバム編集

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 レーベル 備考
1st 1981年12月1日 Coconuts High LPレコード 28MK 0023 Kitty Records
CD PROT-1043
2nd 1982年6月25日 夏・Nuts・夏 (Nuts,Nuts,Nuts) LPレコード 28MS 0010 Kitty Records ギターで布袋寅泰が参加。
CD PROT-1075
3rd 1983年7月25日 TROPICANA LPレコード 28MS 0039 Kitty Records
CD PROT-1076
4th 1989年6月25日 iK.i LPレコード MD 7885 MEGADISC/MME
CD MDC 7885/PHCR 3

提供楽曲編集

アーティスト名 曲名 収録作品 発表年 クレジット 備考
作詞 作曲 編曲
中原理恵 「とぎれ とぎれて」 『TOUCH ME』 1978年 中原理恵 小林泉美 小林泉美 吉田美奈子竜真知子筒美京平山下達郎鈴木茂坂本龍一などが参加した中原理恵のデビュー・アルバム。
中原理恵 「By Myself(私…)」 『KILLING ME』 1978年 中原理恵 小林泉美 小林泉美 吉田美奈子、松本隆、山下達郎、筒美京平、鈴木茂、坂本龍一などが参加した中原理恵のセカンド・アルバム。
松谷祐子 「ラムのラブソング」 ラムのラブソング 1981年 伊藤アキラ 小林泉美 小林泉美 フジテレビ系アニメ『うる星やつら』初代OPテーマ。
「宇宙は大ヘンだ!」 伊藤アキラ 小林泉美 小林泉美 フジテレビ系アニメ『うる星やつら』初代EDテーマ。
ヘレン笹野 「心細いな」 心細いな 1982年 地恵子・シュレイダー、實川翔 小林泉美 星勝 フジテレビ系アニメ『うる星やつら』2代目EDテーマ。
「マルガリータ」 安藤芳彦 小林泉美 星勝
伊藤さやか 「恋の呪文はスキトキメキトキス」 恋の呪文はスキトキメキトキス 1982年 康珍化 小林泉美 小林泉美 フジテレビ系アニメ『さすがの猿飛』OPテーマ。
「恋のB級アクション」 康珍化 小林泉美 小林泉美 フジテレビ系アニメ『さすがの猿飛』EDテーマ。
原田知世 「恋のヒント教えて」 悲しいくらいほんとの話 1982年 来生えつこ 小林泉美 星勝 原田知世のデビュー・シングルのB面。
雪野ゆき 「ストップ!! ひばりくん!」 ストップ!!ひばりくん!/コンガラ コネクション 1983年 伊藤アキラ 小林泉美 小林泉美 フジテレビ系アニメ『ストップ!! ひばりくん!』OPテーマ。
星野アイ 「コンガラ・コネクション」 伊藤アキラ 小林泉美 小林泉美 フジテレビ系アニメ『ストップ!! ひばりくん!』EDテーマ。
潘恵子 「SKY WAY」 『SKY WAY』 1983年 伊藤アキラ 小林泉美 安西史孝 西共同製作アニメ『アニメ80日間世界一周』の日本版OPテーマ。
「ふたりの時計」 伊藤アキラ 小林泉美 安西史孝 日西共同製作アニメ『アニメ80日間世界一周』の日本版EDテーマ。
森尾由美 「約束」 『You & Me』 1983年 鈴木隆子 小泉泉美 大村雅朗 森尾由美の1stアルバム。
「メルヘン・キャラバン」 『Yumic World』 鈴木隆子 小泉泉美 萩田光雄 森尾由美の2ndアルバム。
TARAKO 「夢みるワンダーランド」 『夢みるワンダーランド』 1983年 島エリナ 小林泉美 小林泉美 共同製作アニメ『ふしぎの国のアリス』の日本版OPテーマ。
「ナゾナゾ 夢の国」 島エリナ 小林泉美 小林泉美 日独共同製作アニメ『ふしぎの国のアリス 』の日本版EDテーマ。
小林泉美 「ラメ色ドリーム」 うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー オリジナル・サウンドトラック 1984年 宮原芽映 小林泉美 小林泉美 映画『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』挿入歌。
うる星やつらオールスターズ 「ア・リ・ガ・ト!」 うる星やつらFinal Song 1986年 伊藤アキラ 小林泉美 小林泉美
「星のメモリー」 伊藤アキラ 小林泉美 安西史孝

劇伴編集

バンドでの活動編集

小林泉美&Flying Mimi Band

Mimie-Chan Super Bandから改名。命名は小泉をCBSソニーに引っ張ってきた矢沢永吉事務所(当時)の真下幸孝[2]。前身はアマチュア時代のバンド・ASOCA。

  • 小林以外のメンバー
    • 渡嘉敷祐一 (Dr)→マーティン・ブレーシー (Dr)
    • 渡辺モリオ (B)
    • 清水靖晃 (Sax、Flute)
    • 土方隆行 (G)
パラシュート

1stアルバムのみで脱退。

レゲエ・フィルハーモニック・オーケストラ

3年間活動[2]

スコーピオス

アフリカのバンド[2]

関連事項編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 音大ではピアノ科だったが、副科として作曲を取っていたので、オーケストラの譜面も書ける。
  2. ^ 作曲とアレンジは担当したものの歌っているのは松谷祐子だが、小林の代表曲として記憶されている。
  3. ^ ダンスカンパニーや演劇用に弦楽四重奏の楽譜を書き下ろしていた。
  4. ^ 顧客は主に電通ソニーミュージックNHK
  5. ^ 同じ年にカシオペアも出場しており、野呂一生がベストギタリスト賞を受賞している[4]
  6. ^ メンバーも渡辺もりおがベストベーシスト賞、渡嘉敷祐一がベストドラマー賞を受賞している。
  7. ^ THE SQUAREではレコーディングは行わず、松任谷由実の「OLIVEツアー」に参加したのみ。
  8. ^ 歌詞違いで『Crescent Pierce』という曲が存在する。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i 小林泉美プロフィール”. 音楽出版社. TOWER RECORDS ONLINE (2016年4月22日). 2018年10月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 『うる星やつら』からオーケストラまで、日本屈指のマルチ・ミュージシャンのキャリアを紐解く”. BARKS (2018年4月16日). 2018年10月24日閲覧。
  3. ^ 【インタビュー】eliは渋谷系をどう見ていたのか。本当は何をやりたかったのか?”. BARKS (2013年9月17日). 2018年10月24日閲覧。
  4. ^ 野呂一生さんインタビュー Vol.2”. ヤフオク!. Yahoo! JAPAN (2008年4月25日). 2018年10月24日閲覧。
  5. ^ a b イベントヒストリー EastWest'76”. ヤマハ. 2011年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月24日閲覧。
  6. ^ 国内アナログレコード小売り大手のCISCO RECORDSが倒産か。”. bmr. スペースシャワーネットワーク (2008年11月2日). 2018年10月24日閲覧。