EP-4

日本のバンド

EP-4(イーピー・フォー)は、日本ニュー・ウェイヴバンドである。

EP-4
出身地 日本の旗 日本 京都府
ジャンル ニュー・ウェイヴファンク
活動期間 1980年 -
レーベル 日本コロムビア
メンバー 佐藤薫
川島裕二
佐久間コウ
ユン・ツボタジ
旧メンバー 鈴木創士
好機タツオ
三条通

結成当時は京都府に本拠を構え、多くのカセットレコードを発表。エキセントリックかつゲリラ的な戦略で、常に自主制作音楽業界の話題の中心に存在した[1]

歴史編集

1980年、京都府ニュー・ウェイヴ系ディスコ「クラブ・モダーン」に集まっていた佐藤薫を中心とするメンバーたちによって結成[2]

活動と並行して山崎春美の前衛的なロックバンドTACO」にも参加[1]。ちなみにTACOの2ndアルバムメンバーは佐藤薫を含めて山崎春美大里俊晴野々村文宏らの4名のみで、EP-4の別ユニットとしての側面も強い[1]

1983年、アルバム『リンガ・フランカ-1 昭和大赦』をリリース[2]

1990年代、リーダーの佐藤薫が表舞台から退いていたため、バンドの活動は停止していたが[3]、2012年、バンド編成での活動を再開した[3]

音楽スタイルと影響編集

毛利嘉孝は、EP-4の音楽を「ファンクとはいえあくまで都会的で無機質な冷たさを保ったもの」と評している[4]。また、「実験的なインダストリアル・ノイズ系バンドの影響が、ダンスミュージック以上に色濃い」と指摘している[4]

音楽以上に「その独自のメディア戦略」に注目する毛利は、EP-4を有名にした事柄として1983年5月21日のプロジェクトを挙げている[4]。その日はEP-4のアルバムの発売が予定されており、題名などは伏せられたまま、ゲリラ的な宣伝活動として「EP-4 5・21」とだけ書かれた6万枚のステッカーを街中の至る場所に貼り、テロの予告や政治集会かと誤解され、注目を集めた[4]。5月21日、EP-4は京都、名古屋、東京渋谷の3か所でライヴをおこなったが、結局アルバムの発売は延期された[4]。『昭和崩御』という題名がレコード倫理委員会の規定に抵触したためだと言われている[4]

その後、同作は、カヴァーを軍鶏の写真から予備校生金属バット両親殺人事件が起きた家の写真へと差し替えた上で、『昭和大赦』という題名で発売された[4][注 1]。このプロジェクトについて、毛利は「日本における数少ないシチュアシオニスト(状況主義者)的実践と呼べるかもしれない」と述べている[4]

メンバー編集

  • 佐藤薫 - ヴォーカル
  • 川島裕二 - キーボード
  • 佐久間コウ - ベース
  • ユン・ツボタジ - パーカッション

旧メンバー編集

  • 鈴木創士 - キーボード
  • 好機タツオ - ギター
  • 三条通 - ドラム

ディスコグラフィー編集

カセット・ブック編集

  • 制服・肉体・複製(1983年)

スタジオ・アルバム編集

  • Lingua Franca-1 昭和大赦(1983年)
  • Found Tapes(2010年)
  • リ・ン・ガ・フ・ラ・ン・カ DELUXE(2011年)[注 2]
  • A Artaud(2013年)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 1993年、同作はペヨトル工房から書籍の形式で復刻されており、それには軍鶏の写真が用いられている[4]
  2. ^ 「リンガ・フランカ-1 昭和大赦」(1983年/日本コロムビア)と「リンガ・フランカ-X 昭和崩御」(同年/ペヨトル工房)+ボーナス・トラックのデラックス・エディション。

出典編集

  1. ^ a b c 山崎春美松本亀吉『QJ』編集部「山崎春美という伝説──“自殺未遂ギグ”の本音」『Quick Japan』11号、 102頁。
  2. ^ a b EP-4 - これがいまのモード、時代の音(ファンク)”. ele-king (2013年9月6日). 2016年6月12日閲覧。
  3. ^ a b 伝説のバンドEP-4が30年ぶりに復活、「5・21」ライブ決定”. 音楽ナタリー. ナタリー (2012年3月8日). 2016年6月12日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 毛利嘉孝『ストリートの思想 転換期としての1990年代』NHKブックス、2009年、67-74頁。ISBN 9784140911396

外部リンク編集