メインメニューを開く

川畑 和人(かわばた かずと、1948年4月12日 - )は、鹿児島県薩摩川内市出身の元プロ野球選手投手)。

川畑 和人
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県川内市(現:薩摩川内市
生年月日 (1948-04-12) 1948年4月12日(71歳)
身長
体重
178 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1966年 第1次ドラフト2位
初出場 1968年
最終出場 1977年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪急ブレーブス (1979)

プロレスラー雷陣明は実子。

来歴・人物編集

鹿児島実業高校ではエース、四番打者として1966年春季九州大会決勝に進出。大分商河原明と投げ合うが惜敗。同年夏の甲子園に出場。1回戦で三重高水谷孝に抑えられ1-6で敗退[1]

1966年第1次ドラフト会議東京オリオンズから2位指名を受け入団、本格派右腕として期待される。1969年には主に中継ぎとして起用され、3勝をあげた。

1970年シーズン途中に江藤愼一との交換トレードで中日ドラゴンズへ移籍。シーズン終盤には先発投手陣の一角に入り、初完投勝利も記録する。

投球時に腕に力が入りすぎる欠点があったため、1971年の秋季キャンプ時にサイドスローにフォームを変更した。かって小川健太郎柿本実らを育て上げた実績を持つ近藤貞雄コーチの発案で下手の技巧派投手として再生しようとしたが、川畑本人の「どうも投げにくい」という理由で翌1972年には元のオーバーハンドに戻した。しかしサイドスロー投法の練習をした経験によって打者の手元で小さく変化する球が身につき、棒球を投げるクセが修正され一応の効果を生んだ。ストレート、カーブ、スライダー、シュート、フォークを武器とした。

1972年オフに井上弘昭とのトレードで広島東洋カープへ移籍。しかし一軍での活躍の場はあまりなく、1976年オフに正垣宏倫とのトレードで永本裕章と共に阪急ブレーブスへ移籍。1977年には6年ぶりの勝星を記録するが、1978年限りで現役引退。引退後は1979年に阪急のコーチを務めた。

1995年兵庫県西宮市議会議員選挙に公明党から出馬し初当選。1999年、2003年、2007年と当選。同市議を4期務めた。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1968 東京
ロッテ
8 1 0 0 0 1 1 -- -- .500 91 23.0 18 3 4 0 0 13 0 0 8 7 2.74 0.96
1969 22 4 0 0 0 3 0 -- -- 1.000 208 48.2 41 8 24 1 1 27 0 0 20 17 3.12 1.34
1970 7 0 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 50 10.0 16 4 5 1 1 8 0 0 11 11 9.90 2.10
中日 16 6 1 0 0 2 4 -- -- .333 216 51.0 43 8 22 1 0 41 1 0 24 21 3.71 1.27
'70計 23 6 1 0 0 3 4 -- -- .429 266 61.0 59 12 27 2 1 49 1 0 35 32 4.72 1.41
1971 16 3 1 0 0 1 3 -- -- .250 168 40.1 41 5 11 1 3 24 0 0 23 22 4.95 1.29
1974 広島 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 28 6.0 6 0 3 0 2 3 0 0 3 3 4.50 1.50
1975 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 27 6.2 5 1 3 0 0 8 0 0 1 1 1.29 1.20
1976 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 9 2.0 2 1 1 0 0 1 0 0 1 1 4.50 1.50
1977 阪急 12 2 0 0 0 1 2 0 -- .333 163 34.0 34 2 27 1 2 11 1 0 23 13 3.44 1.79
通算:8年 89 16 2 0 0 9 10 0 -- .474 960 221.2 206 32 100 5 9 136 2 0 114 96 3.89 1.38
  • 東京(東京オリオンズ)は、1969年にロッテ(ロッテオリオンズ)に球団名を変更

背番号編集

  • 48 (1967年 - 1969年)
  • 19 (1970年 - 同年途中)
  • 8 (1970年途中 - 同年終了)
    • 漫画『巨人の星』では、実際は川畑が着けているはずの8番を伴宙太が着けているが、これは企画当初、江藤が一旦引退を決め空き番扱いとなっていた名残である。
  • 11 (1971年)
  • 29 (1972年)
  • 15 (1973年 - 1976年)
  • 56 (1977年)
  • 36 (1978年)
  • 85 (1979年)

脚注編集

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目編集