メインメニューを開く

席田用水(むしろだようすい)は、岐阜県の主に本巣市を流れる農業用水ゲンジボタルの繁殖地として知られ、疏水百選にも選定されている。

席田用水
延長 -- km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 -- km²
水源 岐阜県本巣市
水源の標高 -- m
河口・合流先 伊自良川
流域 岐阜県
テンプレートを表示
本巣市上保の分水口。ここで「席田用水から糸貫川を」分流する。手前と左が席田用水、右が糸貫川である
本巣市上保、席田用水。道の駅富有柿の里いとぬき隣。上の写真のすぐ下流である。

目次

地理編集

岐阜県本巣市山口の山口取水口で根尾川から分流。本巣市長屋で真桑用水を、本巣市上保で糸貫川を分ける。北方町を流れ、島大橋の下流の岐阜市一日市場で伊自良川合流する。伊自良川はその下流約2kmで長良川に合流する。

戦国時代までは、根尾川の本流であったが、洪水により西寄りの流路に変わり支流となる。その後、用水路として改修され現在に至る。

名称の由来編集

席田の名は、かつて存在したこの地域の郡名、席田郡(現:本巣郡北方町加茂、芝原、本巣市の旧糸貫町地域)に由来する。

上流域を真桑用水と共有している関係から本巣市長屋までの区間は、真桑用水とも言う場合がある。また、「岐阜県河川調書」によると、席田用水の下流にあたり、岐阜市西改田を水源とし、岐阜市一日市場の伊自良川(長良川支流)との合流点までの川を根尾川(または古根尾川)と呼ぶ。この川は、かつて1530年享禄3年)の洪水以前の根尾川本流である。この根尾川は、揖斐川の支流で席田用水の源流である根尾川とは異なる。

沿革編集

  • 1530年享禄3年):大洪水により、根尾川の本流は藪川(現在の根尾川)に移る。旧根尾川を改修し、席田用水が完成。
  • 1641年寛永18年):席田用水と真桑用水とで水量を巡る争いが発生する。幕府裁定により、席田用水が6割、真桑用水が4割に決まる。
  • 1972年昭和47年):本巣郡本巣町(現本巣市)がホタル保護条例を制定。本巣町山口字高河原264~本巣町曽井中島1847の席田用水を保護することにする。
  • 1986年(昭和61年):「岐阜県の名水50選」に選定。
  • 2006年平成18年):「疏水百選」に選定。

流域の自治体編集

環境編集

本巣市曽井中島付近の席田用水は、ゲンジボタルの繁殖地として有名であり、毎年6月~7月には多くのゲンジボタルを見ることが出来る。付近は本巣市のホタル保護条例で保護されており、ほたる公園として整備されている。

外部リンク編集