株式会社常口アトム(じょうぐちアトム)は、北海道札幌市に本社を置く不動産会社。

株式会社 常口アトム
Joguchi Atom Co.,Ltd
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
060-0002
北海道札幌市中央区北2条西3丁目1番地12
敷島ビル3F
設立 1992年2月
業種 不動産業
法人番号 4430001007848 ウィキデータを編集
代表者 三戸篤人
資本金 5000万円
従業員数 727名(2019年5月1日現在)
主要子会社 株式会社常口アトム青森
株式会社常口アトム盛岡
株式会社常口アトム仙台
株式会社ミッド北海道
外部リンク http://www.jogatom.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

前身は1992年に「常口」と「南海道ホーム」を統合して設立され、その後「常口釧路」を統合し現在に至る。

北海道を中心としたアパート・マンション・一戸建・テナントの賃貸仲介と不動産運用・管理、不動産売買、および住まいに関する付加サービスを提供する不動産総合企業である。

賃貸仲介件数は、北海道で1位、全国でも8位にランキングされている。管理戸数、店舗ネットワーク数も北海道で1位

  • ※1 居住系賃貸仲介件数35,000件超(2019年1月7日全国賃貸住宅新聞社「賃貸仲介件数ランキング」調べ)
  • ※2 賃貸管理戸数56,000戸超(2018年7月30全国賃貸住宅新聞社「管理戸数ランキング」調べ)
  • ※3 北海道内店舗数70店舗(FC3店舗含)(2019年5月1日現在 当社調べ)

企業理念編集

経営理念編集

『暮らしと住まいを通して地域社会に貢献し、顧客に愛される会社を目指します』

グループ会社編集

  • 常口アトム青森
  • 常口アトム盛岡
  • 常口アトム仙台
    • サブリース株式会社(仙台)を完全子会社化して社名変更。なお、サブリースは札幌にも現地法人を展開しており、これも常口アトムが買収した
  • ミッド北海道

沿革編集

  • 平成4年2月 「株式会社常口アトム」を設立、「株式会社常口」及び「株式会社南海道ホーム」の業務の一部を引き継ぎ21店舗体制にて営業を開始
  • 平成5年4月 手稲店開設
  • 平成6年4月 釧路店開設(現:釧路駅前店)、株式会社常口釧路の業務の一部を引き継ぎ営業を開始
  • 平成6年5月 栄町店開設
  • 平成6年12月 福住営業所開設(現:福住店)
  • 平成7年3月 月寒中央店開設
  • 平成9年6月 琴似中央店開設
  • 平成9年8月 新さっぽろ店開設
  • 平成10年9月 麻生駅前店開設
  • 平成12年4月 南郷店開設
  • 平成12年9月 北24条店開設
  • 平成13年5月 円山駅前店開設
  • 平成14年5月 千歳店開設
  • 平成14年6月 ひばりが丘店開設
  • 平成14年7月 不動産管理部を札幌市内5地区に開設(現:不動産管理札幌営業部)(札幌北東営業所・札幌西営業所・札幌白石営業所・札幌豊平営業所・札幌中央営業所)
  • 平成14年10月 函館富岡店開設
  • 平成14年11月 恵庭店開設
  • 平成14年12月 小樽店開設
  • 平成15年1月 旭川永山店開設
  • 平成15年4月 株式会社常口ハウザーと合併し51店舗体制にて営業開始
  • 平成15年11月 苫小牧店開設(現:苫小牧駅前店)
  • 平成15年12月 旭川東光店開設、釧路新橋店開設、商業施設北営業所開設(現:札幌北店)、不動産管理営業部・北営業所開設
  • 平成16年1月 苫小牧不動産管理営業所開設(現:苫小牧管理センター)
  • 平成16年2月 商業施設札幌白石営業所開設(現:札幌東店)
  • 平成16年4月 商業施設札幌豊平営業所開設(現:札幌南店)
  • 平成16年7月 苫小牧東店開設
  • 平成16年8月 江別店、帯広店開設(現:帯広駅前店)
  • 平成16年9月 新札幌駅前店開設
  • 平成16年10月 FC事業推進部開設、流通東店開設(現:住宅センター麻生中央店)
  • 平成16年12月 FC東室蘭店開設、商業施設札幌西営業所開設(現:札幌西店)
  • 平成17年1月 北見店開設(現:北見駅前店)、清田店開設、発寒南店開設、札幌駅前店開設、法人営業部札幌駅前店開設
  • 平成17年5月 流通西店開設(現:住宅センター西店)
  • 平成17年7月 北大前店開設
  • 平成17年8月 FC登別室蘭店開設、新道東店、岩見沢店開設
  • 平成17年10月 FC日専連網走店開設
  • 平成17年12月 中島公園店開設
  • 平成18年1月 宮の沢店開設、函館柏木店開設
  • 平成18年4月 釧路公立大学前店開設
  • 平成18年6月 西帯広店開設、帯広西5条店開設
  • 平成18年7月 東区役所前店開設、函館美原店開設、北見夕陽ヶ丘店開設
  • 平成18年8月 行啓通店開設
  • 平成18年11月 大通駅前店開設(現:西11丁目店)
  • 平成19年5月 南1条店開設(現:大通店)、イオン桑園店開設、学園前店開設、苫小牧西店開設、菊水駅前店開設
  • 平成19年7月 千歳駅前店開設
  • 平成19年9月 旭川末広店開設、帯広白樺店開設
  • 平成19年11月 川沿店開設
  • 平成20年6月 青森駅前店開設
  • 平成20年8月 JOGステーション賃貸札幌店開設
  • 平成21年9月 盛岡駅前店開設、函館本通店開設
  • 平成22年1月 株式会社常口住宅販売の不動産売買仲介事業を継承
  • 平成23年6月 本社移転
  • 平成23年11月 北3条オフィス開設
  • 平成24年5月 常口アトム旭川支店開設
  • 平成27年12月 常口アトム函館五稜郭2号店開設
  • 平成28年9月 株式会社常口アトム東京および株式会社ヒズコーポレーション並びに株式会社常口コミュニケーションズを吸収合併
  • 平成28年10月 苫小牧支店開設
  • 平成28年11月 札幌白石支店開設、帯広支店開設、函館支店開設
  • 平成29年3月 札幌北店開設
  • 平成29年6月 札幌元町支店開設、札幌南平岸支店開設
  • 平成29年7月 札幌琴似支店開設
  • 平成29年8月 札幌大通支店開設
  • 平成29年12月 北見支店開設
  • 平成30年12月 千歳支店開設

イメージキャラクター編集

過去のキャラクター

CMソング編集

2007年
DEEN「虹の彼方へ」
2008年
moumoonlooking for myself
2009年
TRIPLANE「ALWAYS」
2009年12月〜
SHANADOO「real intention」
2011年1月〜
theDrownerz「勇気のハンマー」[2][3]
2012年12月〜
√5「ボク時々、勇者」
2013年9月〜
月光グリーン「はじまりの光」

不祥事編集

1度目の婦女暴行事件編集

2009年10月5日に同社社員が女性入居者の居室にオートロック暗証番号を入力して職務上取り扱いできる合鍵で侵入し女性に乱暴を働いた。また2010年4月にも別の女性の居室に合鍵で侵入して乱暴を働いた。この社員は2010年4月26日に4月の事件に対するわいせつ住居侵入罪容疑で逮捕され、翌日懲戒解雇となった。その後、同年5月20日に前年10月の事件について強姦罪と住居侵入で再逮捕された。常口アトムは、「入居者の信頼を裏切り、大変申し訳ない。鍵の管理体制を強化し、再発防止に努めたい」と謝罪した。

同年7月30日に、札幌地方裁判所で、初公判と論告求刑が行われ、被告人は起訴事実を認め、検察側より懲役6年の求刑がなされ、同年8月19日に求刑通り、懲役6年の判決が下された[4][5]。園原敏彦裁判長は、判決理由で、「仕事上教えられていたオートロックの暗証番号を使い解錠したりとか、合鍵を作ったりするなど、仕事上の立場を悪用した犯罪である。被害者の恐怖や心の傷は容易に消えない」と断罪している。2010年9月13日でこの事件と下記の暴行事件に対する同社社長の謝罪文が掲載された[6][7]

また、この社員の逮捕から1ヵ月後の5月27日からコンプライアンス委員会鍵分科会が発足し、鍵管理を強化した[8]

上記の婦女暴行がらみの詐欺未遂事件編集

北海道警察白石署の巡査が、常口アトムの社長に、この強姦事件を材料として、探偵を騙り300万円を脅し取ろうとしたとして、2010年7月6日に逮捕された[9]。その後同年9月20日、同巡査に対して懲役1年6ヶ月の判決が札幌地方裁判所より言い渡された[10][11][12]

2度目の婦女暴行事件編集

2010年8月23日に、常口アトムの別の社員が、女性への性的暴行目的で襲ったとして逮捕した。この社員は同日午前4時半頃に札幌市中央区の路上にて、帰宅途中だった女性をワゴン車ではね、脳機能不全に陥らせた後に、その数分後には別の女性を殴るなどの暴行を加え、顔や足などに軽傷を負わせた。最初の女性はその後、2010年9月4日に死亡した。[7][13][14]

またこの社員は犯行前にアルコールを摂取し、その後から犯行に及んでおり、殺意はなかったと主張している[14][13]

また札幌地検はこの事件に対し刑事責任能力を確認する為、鑑定留置を札幌簡裁に請求した、10月30日に認められ、期間は10月1日から12月20日までに判断した結果。[15][16]

12月22日に札幌地検はこの元社員を殺人と強姦致死の罪で起訴し、事件前に酒を飲んでおり、地検は責任能力の有無を判断する為の精神鑑定を実施して、刑事責任を問えると判断した。[17][18]

この社員は2010年8月24日に懲戒解雇され、その翌日の同社はHP上で24時間テレビのチャリティーイベントの中止を発表し[6][19][20]、それと併せて、8月29日に札幌元町店にて山本梓と共にチャリティーイベントも予定していたが、併せて中止となり、29日は、札幌元町店は休業状態となった。

また、この事件で江別の別の不動産業者がこの社員の同姓の名前だったことで風評被害を被り、業者ホームページ上で事実無根とアナウンスされ、[21][22]、2011年1月13日江別署は虚偽中傷した静岡県富士市に住む男を信用毀損の疑いで書類送検した。同署によると、ネット上の書き込みに対して信用毀損容疑で摘発するのは道内初の事である。[23][24]

備考編集

  • 禁煙パイポのテレビCMを元ネタにしたパロディCMを制作したことがある[25]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 札幌の賃貸探しならjogjog.com内「CM紹介」
  2. ^ CM紹介、閲覧:2011年1月12日
  3. ^ theDrownerz公式サイト、閲覧:2011年1月12日
  4. ^ “性暴行の「常口」元社員、求刑通り懲役6年、札幌地裁判決”. どうしんウェブ (北海道新聞社). (2010年8月19日). オリジナルの2010年8月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100821080239/http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/246989.html 
  5. ^ “入居者強姦、懲役6年、札幌地裁判決”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年8月20日). オリジナルの2010年8月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100823070017/http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000001008200001 
  6. ^ a b お詫び”. 常口アトム (2010年9月13日). 2010年10月12日閲覧。
  7. ^ a b 財界さっぽろ 10月号 P42
  8. ^ 鍵分科会発足と活動内容”. 常口アトム (2010年10月28日). 2010年10月31日閲覧。
  9. ^ “恐喝未遂容疑で巡査逮捕 道警、探偵装い役員脅す”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年7月6日). オリジナルの2010年9月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100902222211/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100706/crm1007061312017-n1.htm 2010年10月12日閲覧。 
  10. ^ “元巡査に実刑 強姦口止め料名目の恐喝未遂事件 懲役1年6カ月 札幌地裁”. どうしんウェブ (北海道新聞社). (2010年9月21日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/252104.html 2010年10月12日閲覧。 [リンク切れ]
  11. ^ “道警元巡査、実刑判決「信頼失墜」1年6月 常口アトム恐喝未遂 札幌地裁”. 毎日jp (毎日新聞社). (2010年9月22日). http://mainichi.jp/hokkaido/shakai/news/20100922hog00m040003000c.html 2010年10月12日閲覧。 [リンク切れ]
  12. ^ “強姦事件の口止め料名目で恐喝未遂の元巡査に実刑判決 札幌地裁”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年9月22日). オリジナルの2010年9月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100924151736/http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100921/trl1009211035003-n1.htm 2010年11月8日閲覧。 
  13. ^ a b 朝日新聞 2010年8月25日 23面
  14. ^ a b “札幌女性連れ去り、殺人と強姦致死容疑で再逮捕”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年9月13日). オリジナルの2010年9月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100914125515/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100913-OYT1T00335.htm 2010年12月3日閲覧。 
  15. ^ “女性連れ去り容疑者鑑定留置”. どうしんウェブ (北海道新聞社). (2010年10月1日). オリジナルの2010年10月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101003103708/http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/253638.html 2010年10月20日閲覧。 
  16. ^ “容疑者の鑑定留置請求へ”. 毎日jp (毎日新聞社). (2010年10月1日). http://mainichi.jp/hokkaido/shakai/news/20101001ddlk01040257000c.html 2010年11月14日閲覧。 [リンク切れ]
  17. ^ “女性連れ去り殺人:外山容疑者を起訴…札幌地検”. 毎日jp (毎日新聞社). (2010年12月22日). オリジナルの2010年12月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101223200022/http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101223k0000m040086000c.html 2010年12月25日閲覧。 
  18. ^ “女性襲撃事件…殺人、強姦致死罪などで男を起訴”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2010年12月22日). オリジナルの2010年12月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101224021329/http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20101222121.html 2011年1月12日閲覧。 
  19. ^ 「24時間テレビ」チャリティー募金への参加中止と「24時間テレビ」チャリティーイベント中止のお知らせ”. 常口アトム (2010年8月25日). 2010年10月12日閲覧。
  20. ^ “札幌の連続女性襲撃事件 連れ去り被害の女性が死亡”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年9月4日). オリジナルの2010年9月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100905210928/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100904/crm1009042130026-n1.htm 2010年10月12日閲覧。 
  21. ^ “札幌連れ去り事件 容疑者と「同姓」会社にネット中傷 江別署が捜査”. どうしんウェブ (北海道新聞社). (2010年9月21日). オリジナルの2010年9月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100924073759/http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/252140.html 2010年10月20日閲覧。 
  22. ^ “「容疑者の実家」とデマ…同名の不動産会社とばっちり 札幌の女性暴行 (1/2ページ)”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年9月10日). オリジナルの2010年9月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100913050036/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100910/crm1009102107029-n1.htm 2010年10月20日閲覧。 
  23. ^ “江別の不動産業者を「容疑者の親」とネット中傷 静岡の講師を書類送検”. どうしんウェブ (北海道新聞社). (2011年1月15日). オリジナルの2011年1月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110119091811/http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/268419.html 2011年1月20日閲覧。 
  24. ^ “虚偽中傷被害の「外山不動産」社長 決着にも癒えぬ傷痕”. どうしんウェブ (北海道新聞社). (2011年1月15日). オリジナルの2011年1月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110120004232/http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/268646.html 2011年1月20日閲覧。 
  25. ^ なお、元ネタで『会社を辞めました』と言っている部分は、夫婦喧嘩が原因で家を追い出された男性が『家を出されました』と嘆く設定になっている。

外部リンク編集