飯泉嘉門

日本の政治家

飯泉 嘉門(いいずみ かもん、1960年7月29日 - )は、日本自治官僚政治家徳島県知事(公選第16・17・18・19・20代)、全国知事会会長。

飯泉 嘉門
いいずみ かもん
生年月日 (1960-07-29) 1960年7月29日(60歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府 池田市
出身校 東京大学法学部卒業
前職 国家公務員自治省
徳島県商工労働部長
現職 徳島県知事
所属政党 無所属(自民党公明党推薦)
称号 法学士(東京大学・1984年
公式サイト 徳島県知事 いいずみ かもん

徳島県の旗 第16・17・18・19・20代
徳島県知事(公選)
当選回数 5回
在任期間 2003年5月18日 - 現職
テンプレートを表示

略歴編集

大阪府池田市出身。帝塚山学院中等部から私立灘高等学校に進学。東京大学法学部卒業。

1984年(昭和59年)4月に旧自治省に入省。その間に新潟県山梨県埼玉県、旧郵政省、徳島県に出向。徳島県商工労働部長、同県民環境部長を経て、2003年平成15年)5月に同知事就任。2015年(平成27年)4月、知事に再選。2019年(令和元年)9月、全国知事会の会長に就任[1]

徳島県知事編集

徳島県は元々自由民主党の圧倒的な地盤、いわゆる「保守王国」で、これまでの知事は、1947年(昭和22年)に社会党の阿部五郎が一期つとめたほかは、保守系の候補が当選してきた。だが、吉野川可動堰問題の是非を問う住民投票が徳島市で行われてから、保守系は失点を重ねる。2001年には圓藤寿穂が3選を果たすが、無名の社民党県議だった大田正に3万票差まで詰め寄られている。その半年後、圓藤の汚職による辞任に伴う2002年(平成14年)の県知事選では、住民運動を母体とする勝手連県民ネットワークが擁立し、野党の推薦・支援を受けて立候補した大田が圓藤の批判票を集める形で当選。非保守系の大田が知事になったことで圧倒的に保守系の議員が多い県議会との対立は決定的となった。

翌2003年(平成15年)、大田の知事不信任案は可決・成立され、直後の知事選では非保守系の大田、与党の推薦・支援を受けた飯泉が、徳島県・県民環境部長を辞職した上で立候補した。田中康夫の不信任に伴う長野県知事選で田中が大差で当選して間もないこともあって注目されたが、徳島では飯泉が当選し、革新系の徳島県政はわずか1年で幕を閉じることとなった。

2007年4月8日投開票の、徳島県知事選挙も引き続き立候補し、自民公明推薦(公明は、前回の県本部推薦から党本部推薦に切り替えた)を受け、再選を果たした。前回大田を推薦した民主社民は候補を擁立できず、共産は公認候補者を擁立したが、他党は自主投票に回った。但し、既に民主党は飯泉の提案する議案にはすべて賛成しており、事実上自民公明と連立状態だった。

新型コロナウイルス流行を受けての発言編集

2020年4月18日、2019新型コロナウイルスの感染拡大に対して、県民に県境をまたぐ移動を自粛するよう要請。県外客に対しても県施設の「利用をお断りさせていただく」と発言[2]。さらに、同月21日には新型コロナウイルスの感染者が県外から徳島に帰県していたため、県外ナンバー車がどれだけ県内に流入しているか、実態調査することを表明した[3]

しかし、この「調査発言」が引き金となり、県外ナンバーの車を運転していたドライバーに対して暴言、投石や煽り運転など差別的行為を受けたという事例が報告されたことから、同月24日、内藤佐和子徳島市長と共同で県庁で会見し、知事の「調査発言」については「強いメッセージになりすぎたかも知れない」と釈明し、「県外ナンバーだからといって誹謗(ひぼう)中傷していいわけではない」と県民に冷静な対応を求めた[4][5]

エピソード編集

  • 現在は「いいずみかもん」という読み方になっている名前であるが、元々は「嘉門」の部分は「よしかど」という読み方であった。大田正との対決となった2003年の知事選でも、出馬検討中と報道された際には旧来の「いいずみよしかど」という名前で徳島新聞などに掲載されていた。しかし新聞やテレビにおいて、読み方の困難を生じる可能性のある漢字に積極的に読み仮名を振る習慣のなかった当時においても、「よしかど」という読み方には読み仮名が振られるなど、読みにくい名前であるとの印象を与える可能性があった。これを機に、選挙戦では呼び方を「かもん」とし、住民票上の読みも「かもん」に変更した。現在では、自身の名前「かもん」と英語の「Come on」をかけていると思われる名称の政策などが多く存在する。例えば「いい徳島 カモン!」政策などはその典型例である。
  • 趣味はピアノ演奏、弓道柔道。弓道、柔道は有段者(ともに2段)である。
  • 徳島県庁の知事室には、地元アピールとして、徳島ヴォルティスJリーグ)と徳島インディコソックス四国アイランドリーグplus)の応援旗を貼っている。

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集

公職
先代:
大田正
  徳島県知事
第61~65代:2003年 -
次代:
(現職)