メインメニューを開く
 
藤原仲平
時代 平安時代前期 - 中期
生誕 貞観17年(875年
死没 天慶8年9月5日(945年10月13日
改名 仲平→静寛(法名)
別名 枇杷左大臣
官位 正二位左大臣
主君 光孝天皇宇多天皇醍醐天皇朱雀天皇村上天皇
氏族 藤原北家
父母 父:藤原基経、母:人康親王の娘
兄弟 佳珠子、時平温子仲平兼平忠平、良平、穏子、頼子、佳美子、貞元親王妃、源能有
藤原善子
遍勃、暁子、明子
テンプレートを表示

藤原 仲平(ふじわら の なかひら)は、平安時代前期から中期にかけての公卿歌人藤原北家摂政関白藤原基経の二男。官位正二位左大臣。左京一条にある枇杷第を伝領した事から、枇杷左大臣と呼ばれる。

経歴編集

兄・時平と同じく人康親王女を母として生まれる。兄同様に殿上童を勤め、正五位下に叙された後、寛平2年(890年宇多天皇加冠により殿上元服し、同年右衛門佐に任ぜられる。

のち、近衛少将・中将と武官を務める一方で、中宮大夫を兼ねて皇太夫人藤原温子にも仕え、寛平6年(894年)には従四位下に昇叙されている。昌泰3年(900年)従四位下に昇進したばかりの5歳下の弟・藤原忠平が弱冠21歳で参議に抜擢されて、公卿昇進に際してその後塵を拝した。ところが、1ヶ月ほどで宇多上皇の命令により忠平は参議を辞退すると、仲平は昌泰4年(901年従四位上蔵人頭、延喜7年(907年正四位下と昇進して、官位面で再び忠平を追い越したに見えた。延喜8年(908年)正月に忠平が参議に還任すると、2月には仲平も参議に任官して揃って公卿に列す。しかし、翌延喜9年(909年)長兄の左大臣藤原時平が没すると、忠平が藤氏長者を継ぐとともに、上位の参議6名を越えて従三位権中納言に叙任される。ここで、仲平は大きく差をつけられてしまい、以降官位面で追いつくことはできなかった。

その後、藤原氏傍流の後任参議である藤原道明藤原定方藤原清貫に昇進を越されながらも、延喜17年(917年従三位中納言延長4年(926年正三位、延長5年(927年大納言と累進し、朱雀朝承平3年(933年右大臣に任ぜられ、忠平に遅れること20年にしてようやく大臣の官職に就任した。またこの間の延喜19年(919年醍醐天皇の勅命を奉じて大宰府に下り、奉行として当所の天満宮の社殿を造営した。

承平7年(937年左大臣に任ぜられ、天慶3年(940年)には呉越王にに書を送っている。天慶6年(943年)正二位に至る。天慶8年(945年)9月1日に出家(最終官位は左大臣正二位兼行左近衛大将皇太子傅)し、同月5日に薨御。享年71。

人物編集

官位面で弟・藤原忠平の後塵を拝したが、温和敦厚な人柄と伝わる仲平も、こればかりは心苦く思っていたという。また、この不満により、仲平は時々公事をないがしろにすることがあり、忠平をもって「人臣の節あにかくのごときか」と嘆かせている[1]

歌人として優れ、『古今和歌集』には若年でありながら1首入集、勅撰和歌集に11首入集[2]。姉藤原温子の女官伊勢との恋愛でも知られる。また、名邸宅として知られた枇杷第は、仲平の死後に女系を伝って、後に藤原道長に伝領された。

延喜11年(911年)に宇多上皇の主催で亭子院で開かれた酒合戦に酒豪として招聘され参加。大量に飲んで殿上に嘔吐した[3]

官歴編集

注記のないものは『公卿補任』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 『貞信公記抄』天慶2年12月2日,天慶3年正月14日条
  2. ^ 『勅撰作者部類』
  3. ^ 藤原明衡撰『本朝文粋』中の紀長谷雄「亭子院賜飲記」
  4. ^ a b c 『日本紀略』
公職
先代:
藤原忠平
左大臣
937 - 945
次代:
藤原実頼
先代:
藤原定方
右大臣
933 - 937
次代:
藤原恒佐
先代:
藤原定方
陸奥出羽按察使
924 - 933
次代:
藤原保忠
軍職
先代:
藤原定方
左近衛大将
932 - 945
次代:
藤原実頼
先代:
藤原定方
右近衛大将
931 - 932
次代:
藤原保忠
先代:
藤原清貫
左衛門督
921 - 927
次代:
藤原保忠
先代:
藤原忠平
左兵衛督
910 - 921
次代:
藤原兼茂