メインメニューを開く

平岡 英郎(ひらおか ひでお、1971年4月30日 - )は、栃木県宇都宮市出身のD1ドライバー[1]

経歴編集

1992年 筑波サーキットにて開催された、CARBOYドリコンGP第3戦 チームRapidとして平岡・米津ペアにて出場。グループ交際クラスにて優勝を果たす。

1996年にも同じく筑波サーキットにて開催された、CARBOYドリコンGP チームRapidとして平岡・米津ペアにて出場。グループ交際クラスにて優勝を果たす。

かつてサンプロス主催の「いかす走り屋チーム天国(いか天)」にて、熊久保信重古口美範と共に K-Style with Rapidを結成し参戦。団体戦優勝を果たしている。

福島県二本松市の熊久保信重が経営していたcar shop K-STYLEの店長として数年間従事。その頃から始まったD1グランプリに初戦より参戦。

2001年 D1GP Rd.4 エビス南戦にて、上野高広と壮絶な追走を決勝戦で行い、準優勝を果たす。

2002年 ドリフトの大会でのメーカーのスポンサーが付くというのが珍しいこの時期にブリッツ野村謙に続き、メーカーのドライバーとなる。チームトラスト チェイサー(JZX100)にてD1参戦。 しかし、戦績は伴わず、2003年にシルビア(S15)に変更するも入賞すらままならなかった。

2004年 チームDRoo-Pに移籍し、トレノ(AE86)にてD1参戦。

2005年 チームDRoo-P Z33にてD1参戦。他チームのフェアレディZがターボエンジンで参戦する中、NAエンジンで奮闘した。

2006年 チーム ワイズスクエア S15シルビアにてD1参戦。D1史上初の鈴鹿サーキット開催の時、初優勝を果たす。

2008年はかつての盟友・熊久保が率いるチームオレンジに移籍。熊久保のチャンピオンマシン、GDBインプレッサでシーズンを戦った。

D1グランプリを脱退した土屋圭市と稲田大二郎が立ち上げた The Drift Muscle に立ち上げ初戦より参戦。好成績を残している。

脚注編集