AE86(エーイーハチロク)とは、1983年昭和58年)にトヨタ自動車が発売したカローラスプリンターのスポーツモデル(スポーツクーペ)である4代目[注釈 2]カローラレビン/スプリンタートレノの共通車両型式番号。設計と生産は関東自動車工業がおこなった。

トヨタ・カローラレビン(4代目)
トヨタ・スプリンタートレノ(4代目)
AE85 / AE86型
Toyota Corolla Levin 1983.jpg
AE86型カローラレビン2ドア
(1983年5月登場型)
Toyota SPRINTER TRUENO GT-APEX (E-AE86-FCMVF) ver.INITIAL D.jpg
AE86型スプリンタートレノ3ドア
(1983年5月登場型)「頭文字D」仕様車
概要
販売期間 1983年5月-1987年5月
※北米市場は1988年1月まで販売
設計統括 揚妻文夫
ボディ
乗車定員 5人
ボディタイプ 2ドアノッチバッククーペ
2ドアコンバーチブル
3ドアハッチバッククーペ
駆動方式 FR
パワートレイン
エンジン 4A-GEU型:1.587 L 直4
4A-GEC型:1.587 L 直4※北米仕様
4A-C型:1.587 L 直4
※北米仕様
3A-U型:1.452 L 直4
※北米市場除く
最高出力 4A-GEU:
130 PS(グロス)/6,600 rpm
4A-C:
90 PS(グロス)/4,800 rpm
3A-U:
83 PS(グロス)/5,600 rpm(前期型)
85 PS(グロス)/5,600 rpm(後期型)
変速機 5速MT
4速AT
(AE86は後期型のみ)
サスペンション
前:ストラット
後:5リンクリジット
車両寸法
ホイールベース 2,400 mm
全長 4,180 mm (トレノ4,215 mm)
全幅 1,625 mm
全高 1,335 mm
車両重量 900 - 925 kg(2ドア)
935 - 940 kg(3ドア)
その他
総生産台数 トレノ 3万5949台[1]
レビン 約6万6000台
別名 北米:カローラスポーツ[注釈 1]
欧州:カローラクーペGT
系譜
先代 カローラレビン/スプリンタートレノ(TE71型)
後継 カローラレビン/スプリンタートレノ(前期AE91型、後期AE92型)
テンプレートを表示

この型式番号のカローラレビンとスプリンタートレノに対し、俗に“ハチロク”という呼称が付けられている。

なお、当項目では同系列の1.5 LのSOHCシングルキャブレター仕様のエンジン(3A-U型エンジン)を搭載した車種(型式名AE85:通称“ハチゴー”)についても便宜上記述する。

2009年平成21年)の第41回東京モーターショーに先立って、AE86を最後にトヨタのラインナップから途絶えていたライトウェイトFRスポーツクーペとして、トヨタ・FT-86というコンセプトカーが発表され、2012年(平成24年)2月にトヨタ・86の名前で市販化された。

AE86のリアコンビネーションランプが流用されたロータス・エスプリ

評価編集

発売当時は、過給機ターボチャージャースーパーチャージャー)等による高出力化[注釈 3]や、軽自動車 - リッターカー程度の小型車で一般的だった前輪駆動(FF)の普通乗用車への適用[注釈 4]による居住性等の向上といった指向が日本車のトレンドであり、基幹車種のカローラ/スプリンターも、1983年発売のE80系でセダン・リフトバックが前輪駆動に移行した[注釈 5]

そのような中で、レビン/トレノは従来と同じ自然吸気(NA)の1.6 Lエンジンと後輪駆動(FR)の組み合わせ、足回りも先代のTE71型から流用した旧態的なフロントストラット、リヤラテラルロッド付きの5リンクリジッドアクスルサスペンションを採用しており、当時のレベルからしても単純な構造であったことから、同時期に発売された他の国産スポーツカーと比較して見劣りした。しかし、TE71型から流用されたサスペンションは改造が容易であったほか、新規開発の4A-GEUエンジンはチューニング志向の強い層から絶大な支持を受け、その後も人気が長続きする理由となった。発売から1週間後にはジムカーナ仕様車やラリー仕様車が完成したとも言われている。

1987年(昭和62年)5月、レビン/トレノが次代のAE92型へとモデルチェンジして前輪駆動に移行したことで、AE86は日本車では希少となった軽量な後輪駆動車としてその存在が再認識され、新車販売当時以上にモータースポーツ関係者やドリフト走行愛好者の間で注目されるようになった。

またプロレーサーの土屋圭市が、当時から現在に至るまで所有し取り上げ続けたことで注目を集めるようになる。土屋は「ドリフトを極められたのはAE86のおかげ」と語っており、その理由にボディ剛性の高さと応答性の良さを挙げている。土屋の『ドリフトキング』という異名は、雨の富士フレッシュマンレースにおいて100RをAE86でドリフト走行していた様子からつけられたという[2]

1990年代後半以降、しげの秀一の漫画『頭文字D』の主人公藤原拓海[注釈 6]の搭乗車種であるという理由で、漫画に影響された若者の間でトレノの3ドアモデルが人気となった。それまで新車/中古車問わず人気の中心はレビンであり、AE86といえばレビンのことを指すのが一般的であった。一方のトレノは新車時の販売台数も中古車としての流通も少なかったため、漫画での紹介以降、旧式のメカニズムを持つ中古車としては異常なまでのプレミアム価格で取引され、カルト的な人気を博すことになった。

FR車ではあるが、現在の安価な軽自動車やコンパクトカーの4WD車と同様のリジッドアクスル式リアサスペンションのため、重量配分がリア寄りであることから他のFR車と比較して雪道に強いという特徴を持つ。

長きにわたる人気のため、多くの中古車販売店や整備工場でレストア技術が確立されており、その様子がインターネット上に動画で公開されるといったことも人気が続く理由のひとつと考えられている。

生産終了から30年以上経過した現在も、他の国産スポーツカーと同様に日本国内のみならず海外でも需要があるため、中古車価格は高騰し続けている。車齢が高いこと、スポーツ走行で使われることが多いため疲弊や事故などによって損傷した個体が非常に多いこと、上記の人気ゆえに絶版後も需要が相当数あったことで状態の良い個体は軒並み数を減らしたこと、車両の性格やその人気と年式ゆえにワンオーナーの個体が少ないことなどが重なり、極めて状態の良い個体には新車並み、場合(フルレストア車や、実走行で修復歴無し等)によっては500万円といった超プレミアム価格がつけられることもある。また、この車の性格上、他社の類似車種と同様にメーカー側の想定外の事態として若者の無謀運転による死亡事故が全国各地で相次いだ。そのため、2022年現在でも国産車としては極めて任意保険料率の高い車種でもある。

この中古車人気を受け、北アメリカ等から北米仕様のCorolla Sport(カローラスポーツ、AE86L)を逆輸入して販売する業者も現れた。北米仕様は当時の法規に則り、SAE規格シールドビームヘッドランプを装着することが義務づけられていたため、前面はリトラクタブル・ヘッドライトを採用したトレノに似たフロントマスク[注釈 7]のみであった。北米仕様左ハンドル車の注意点は、カローラ/スプリンターが実用車であるという性格上、足車として使われていたため走行距離が多い個体が多いこと、エアフロ方式[注釈 8]を採用しているので、インテークパイプに加工が必要であること、排気側もEGR(排ガス還流装置)があり、日本仕様や欧州仕様の物を無加工流用できないこと、等である。

 
AE86レビン(3ドア)
 
土屋圭市所有のAE86トレノ

それでも長年培った様々なノウハウや社外パーツでのチューニングに加え、後に登場したレビン/トレノに採用されたスーパーチャージャー、4連スロットルボディー、20バルブ4A-GEエンジン等を流用する純正品でのチューニングメニューも多い。さらには、他メーカーのエンジン(SR20DETRB26DETTF20C)、ロータリーエンジン等を搭載した例もある。

なお、当時トヨタと提携関係のあった英国ロータス社の「エスプリ」には、AE86前期型レビンのリアコンビネーションランプが使用されていた。

AE85(1.5L車)編集

4代目カローラレビン/スプリンタートレノのうち、3A-U型 1.5L 直列4気筒SOHCエンジンを搭載する車両はAE85という型式が与えられ、通称「ハチゴー」と呼ばれる。

最高出力が83 PS(グロス値。後期モデルは85 PS)と非力で、スポーツ走行に不向きであることからAE86ほどの人気はないが、その分車両価格が安価であることや、AE86より軽量であること、加えて3ドアSRに関してはAE86と共通のスタビライザー付リアサスペンションを持つ(SR以外のAE85にはリアスタビライザー装着車の設定が無い)ことなどから、改造や「ハコ替え」[注釈 9]用のベース車両として重宝される。ボルトオンターボやボルトオンスーパーチャージャーによって3A-Uの軽さを維持したまま強化するものや、4A-Gを搭載して「85改86」なるエンジンスワップ車を制作する改造が主流である。前述の『頭文字D』では、主人公の友人がAE86を購入しようとして誤ってAE85を購入してしまうエピソードが描かれた[注釈 10]

なお、AE85にも当時流行した「女性仕様」なるものが存在し、タコメーター非装着・ピンク等明るい色のシート・AT仕様を選びやすくした「ライム」「リセ」(それぞれレビン/トレノ)と呼ばれるグレードもあった。これらのグレードは同時期に販売されていたトヨタの小型乗用車(カローラセダンスターレット等)にも設定されており、仕様もほぼ共通していた。

AE85とAE86の差異編集

同一車種のグレード違いであるため外観上はほとんど差異がなく、グレードのステッカー程度でしか見分けがつかない。補修・リペイント等で失われていたり色が変わったりしている場合、外観のみで見分けるのは極めて困難となる。

もっとも、型式名に関しては車検証や、モノコックに打刻された車体番号やコーションプレートといったもので簡単に区別がつく。

一方で、機構面では一般に知られるエンジンの差異以外にもかなり異なっている。AE85をベースにAE86と同等の車両を製作する場合は、前述の理由からエンジン、駆動系、足回りを総移植し、改造車としての公認を取得しなければならない。

  • 外装
    リアトランクのステッカー
    グレード名を表記するもので、AE86の場合はAPEX、GT-V、GTであるのに対し、AE85ではSR、SE、XL、GLとなる。
    コーナリングランプ(後期トレノのみ)
    AE86では標準装備だが、AE85には装備されていない。
  • エンジン・補機類
    エンジン
    AE86は1.6 L DOHCの4A-GEU型、1.6 L SOHCの4A-C型(北米仕様のAE86Lの廉価グレードのみ)を搭載し、AE85は1.5 L SOHCの3A-Uを搭載する。
    4A-GEU型はインジェクションであるが、4A-C型及び3A-U型は共にキャブレターである。
    エキゾースト
    AE86とAE85で左右位置が逆になる(出口位置は同じ)。
  • 駆動系
    プロペラシャフト
    AE86のプロペラシャフトは2分割式だが、AE85及び北米仕様のAE86LのSOHCエンジン搭載車は1本物。
    デフ
    AE86のサイズが6.7インチであるのに対して、AE85は6インチ。
    トランスミッション
    AE86はT50型であるが、AE85及び北米仕様のAE86LのSOHCエンジン搭載車はKP61型スターレット等と同一のK50型。
    クラッチ
    AE86は油圧式だが、AE85および北米仕様のAE86LのSOHCエンジン搭載車はワイヤー式。
  • 足回り
    スタビライザー
    北米仕様のSOHCエンジン(4A-C)搭載車を含むAE86のリアサスペンションにはスタビライザーが装着されるが、AE85(3ドアSRを除く)には未装着。
    フロントブレーキ
    AE86はベンチレーテッドディスクであるのに対し、AE85および北米仕様のAE86LのSOHCエンジン搭載車は共にソリッドディスク。
    リアブレーキ
    AE86(2ドア競技ベースの「GT」を除く)はディスクブレーキであるのに対し、AE85および北米仕様のAE86LのSOHCエンジン搭載車はリーディング・トレーリング式のドラムブレーキ。
  • 内装
    タコメーターのレッドゾーン
    AE86は7,600 rpmからだが、AE85及び北米仕様のAE86LのSOHCエンジン仕様車は共に6,000 rpmからとなる。
    油圧計の有無
    AE86のアナログメーターにはタコメーター下に油圧計が備わるが、AE85にはなく油圧警告灯のみ備わる。
    ステアリング
    AE86(2ドア競技ベースの「GT」を除く)は3本スポークのスポーツステアリングが装着されるが、AE85および北米仕様のAE86LのSOHCエンジン仕様車は共に2本スポークのベースのカローラ・スプリンターと同じステアリングが装着される。
    シート
    AE86はサイドサポート部分が茶色の革製シートであるが、AE85は一般的な灰色のモケット地である。
  • トレノ・2ドアSE

モータースポーツ編集

 
イギリスラリー選手権
 
ドリフト走行を行うトレノ

1985年から始まったグループA規定のJTC(全日本ツーリングカー選手権)に参戦し、2.0 L以上の排気量を持つライバルの三菱・スタリオン日産・スカイラインらを相手に善戦、1985年1986年スポーツランドSUGOで総合優勝を飾った。

1986年1987年BTCC(イギリスツーリングカー選手権)ではフォード・シエラBMW・635CSiらを破り、クリス・ホジェッツがドライバーズチャンピオンを獲得している。またETC(ヨーロッパツーリングカー選手権)でもほぼ唯一の日本車勢として複数のエントラントから人気を集め、1983年スパ・フランコルシャン24時間レースグループA・Div.1でクラス優勝を果たすなど、海外でも大きな戦果を挙げている。

サーキットのみならずラリージムカーナでも人気を集め、現在でも様々な競技で活躍が見られる。国内ラリーにおいては、扱いやすく丈夫で安価な車体やバリエーションに富んだ安価なパーツが大量に供給されていた等の理由により、全日本ラリー選手権からローカルイベントまでプライベーターを中心に大量のAE86がエントリーしていた。そのためシェアは圧倒的であったが、トップカテゴリーである全日本ラリー選手権においては一部の有力チームが使用していた1.8 Lターボ車の三菱・ランサーターボ(タスカ・エンジニアリング=ADVANラリーチーム)や、3.0 Lターボ車の日産・フェアレディZ(NISMO)の後塵を拝すことも多く、タイトル獲得には至らなかった。

また1984年と1985年に、市販車無改造の二輪駆動車でパリ・ダカール・ラリーへの挑戦を続けていた横田紀一郎が3代目カリーナの後継車として2ドアレビンを選択するも、結果はリタイアに終わっている。

その他、全日本GT選手権(JGTC)のGT300クラスにおいてKRAFTが改造したAE86(3ドアトレノ)が参戦していた。エンジンはGT500クラス用の3S-GTE型をデチューンしたユニットが搭載され、足回りは規定上ノーマルのサスペンションを型式名の上では踏襲していたが、原形を留めないほどの改造が施されていた。最高5位で表彰台には手が届かなかったが、折からの『頭文字D』による人気もあって大きな注目を集めた。しかし、2001年にスポーツランドSUGOで行われた引退レースで炎上し、リタイアという形で終わった。

ホモロゲーションが切れた現在においてもJAF公式戦として岡山国際サーキットで行われているチャレンジカップレース等、AE86を使用したレースが行われている。生産終了から30年以上経過した車両が公式レースでのベース車として使用されることは稀なケースである。なお、ベース車は車体の構造上レビンが圧倒的[注釈 11]だったが、2000年代以降は『頭文字D』による人気もあり、トレノベースの車両も増えつつある。

全日本プロドリフト選手権(D1GP)では車重の軽さを活かした走りを見せている。多くのD1選手が使用する日産・シルビア日産・180SXとの大きな馬力差を埋めるため、エンジンのターボ化やナイトラス・オキサイド・システム(NOS)の搭載、AE101型やAE111型のエンジン、もしくは日産・SRエンジンへの換装など、様々なチューニングを施したAE86が参戦している。2002年には植尾勝浩のAE86がシリーズチャンピオンを獲得。2004年には日比野哲也が2位入賞を果たし、2005年には吉岡稔記が優勝を果たしている。D1グランプリ2009シリーズでは、日比野哲也が5バルブエンジンには珍しい排気量アップ版5A-GにNOSを搭載したMAX370 PSのトレノ(2ドア)を駆り参戦、シリーズ5位に入賞した。しかし昨今では馬力差の拡大や、NOSの搭載がレギュレーションで禁止された[3]こともあり、AE86で参戦する選手は少なくなっている。

しかしAE86の功績はレースの結果以上に、土屋圭市谷口信輝織戸学勝田範彦飯田章ヤリ=マティ・ラトバラ、ケン・グシ(具志健士郎、en:Ken Gushi)といった古今東西の多数のドライバーの初期のモータースポーツキャリアを支えたり、四輪レースを始めるきっかけを作ったところが大きい。特に1984年富士フレッシュマンレースでは、土屋はトレノで6連勝(全勝)を果たしてシリーズチャンピオンを獲得し、翌年のグループAへのステップアップに繋がっている。またこの時、AE86で日産・スカイラインを追い回すドリフト走法を見せたことが、現在に至るまでの土屋の異名である「ドリフトキング(ドリキン)」の由来となっている[4]

アメリカでの人気編集

アメリカでは、前述したようにトレノに似たフロントマスクを持ったハチロクしか正規輸入されなかったが、頭文字Dの影響でハチロクの人気が再燃した。現地名はCOROLLA SPORT(カローラスポーツ)、グレードはSR5とGT-Sの2種類であった。またアメリカにおけるパワーアップの常套手段ともいえるV8エンジンの換装が行われている車両もある。シボレー・コルベットに搭載されるLS1型エンジンや、セルシオレクサス・LS)に搭載される4.0L V8の1UZエンジンが主に用いられる。

 
北米仕様 カローラスポーツ GT-Sグレード 2ドア

関連イベント編集

東京都江東区臨海副都心にあるトヨタ自動車のショールームスペースMEGAWEBでは2005年10月18日から2006年2月19日まで、ヒストリーガレージにて「レビン&トレノ展」を開催し、頭文字D仕様のレプリカ等が展示していた。

また、2007年11月14日から2008年2月17日まで、同じくMEGAWEBのヒストリーガレージで「劇中車展」が開催されており、カーランドの頭文字D仕様のスプリンタートレノが展示されていた。

グレード編集

本稿では日本仕様車を基準に記述する。

AE86編集

  • GT-APEX
1.6リッターモデルの最上級グレードで、リアワイパーやパワーステアリング(前期型3ドアのみパワーステアリング無しが選択できた)、デジタルメーターが標準装備(2ドア、後期型はオプション)され、2ドア3ドアのレビン・トレノに存在する。また前期型では2トーンカラーはこのモデルのみとなる。トランスミッションは前期型は5速MTのみだったが、後期型では5速MTのほか、電子制御(ECT-S)4速ATが設定されるようになった。
  • GTV
1.6リッターモデルの競技ベース車両で、パワーステアリングとリアワイパーは非装備、メーターもアナログのみとなる。ステアリングギアのロックトゥロックが3.0回転となっており、ノンアシストであることも含め、他のグレードに比してダイレクトでクイックな操舵が可能。3ドアのレビン・トレノに存在する。トランスミッションは5速MTのみ。
  • GT
1.6リッターの競技ベースモデルでGT-Vよりさらに装備が簡略化され、リアブレーキが自己サーボ機能で拘束力に優れるリーディング・トレーリング式ドラムとなり、ステアリングホイール、およびシート表皮などが後述するAE85の2ドアレビン・トレノの各SE系グレードにほぼ準拠したものとなる。2ドアレビン・トレノに存在する。トランスミッションは先述のGT-APEX同様、前期型は5速MTのみだったが、こちらも後期型では5速MTのほか、電子制御4速ATが設定されるようになった。

AE85編集

1.5リッターモデルに存在したスポーツバージョンで、ストラットの構造やボディが1.6リッターモデルと共通である。3ドアレビン・トレノに存在する。トランスミッションは5速MTのみ。
  • SE
1.5リッターモデルに存在したグレードで、カローラ / スプリンターのラグジュアリー系グレード用ステアリングホイールと、スポーツシート、そしてタコメーターなどが装着される。2ドアレビン・トレノに存在する。トランスミッションは5速MTのほか、油圧式4速ATが設定される(後述する下位グレードも同様)。
  • XL-LIsse
XLをベースに装備を豪華にし、パワーステアリングを標準装備した女性バージョンで、1.5リッターの2ドアトレノに存在する。またこのグレード、および下記のLime以下の下位グレードは全てタコメーターは非装備となる。
  • GL-Lime
上記のLIsse同様、下級グレードのGLの装備を豪華にした女性バージョンで、1.5リッターの2ドアレビンに存在する。
  • XL
1.6リッターモデルを含む80系トレノの最下級、かつ最も質素なグレードである。1.5リッターの2ドアトレノに存在する。
  • GL
上記と同様、80系レビンの最下級グレード。1.5リッターの2ドアレビンに存在する。

特別仕様車編集

1986年1月、後期型トレノ3ドアの最上級グレード「GT APEX」をベースとしてモノトーンのブラック外装色にゴールドのエンブレムステッカー、及びドアサイドに張られた「BLACK LIMITED」のステッカーとピンストライプ、リアガーニッシュにプリントされた「BLACK LIMITED」の文字やゴールドに塗装された専用の14インチアルミホイール(GX70系マークIIと共通部品)が外観上の特徴となる。内装はメーターの照明や目盛りがオレンジ色に変更された専用品となり、フロントシート表皮の材質が一部変更され、オレンジ色で「APEX」の刺繍が入れられる。また、シートバック部分にはオプションでも設定のないネット状のポケットが装備されるなど、形状こそ「GT APEX」のものと共通となっているが、細かな部分で標準車と差別化を図っている。ステアリングのホーンパッドにはゴールドで「TWINCAM 16」の文字が入り、シフトノブのシフトパターンの文字もオレンジ色で統一、さらにワインレッドの専用フロアマットを装備するなど、内装・外装ともに隅々まで特別感を演出した。また、通常グレードではオプション設定だったパワーウインドウが唯一標準装備されている。
トヨタオート多摩がディーラーオリジナル商品として企画・販売したもので、後期型トレノ2ドアをベースにルーフをカットしてソフトトップを装着した改造車である。

ポピュラー・カルチャー編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第3号9ページより。
  2. ^ 大衆車ではないカローラ オレがAE86に乗り続けるワケ
  3. ^ D1車両規定”. D1 JAPAN ORGANIZAITON(D1JO). 2021年5月28日閲覧。
  4. ^ 大衆車ではないカローラ オレがAE86に乗り続けるワケトヨタ自動車公式サイト 50th Corolla 2016年11月8日

注釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 2018年から日欧で発売されているZWE211H/NRE21型カローラスポーツとはまったくの無関係である。
  2. ^ ただし、カローラ/スプリンターシリーズ全般としては通算5代目。
  3. ^ レビン/トレノでも後のAE92型・AE101型にはスーパーチャージャー仕様が設定されている。
  4. ^ 当時のトヨタは前輪駆動化に際して慎重な姿勢を取っており、当時カローラとともに主力車種であったコロナも同時期に前輪駆動(T150/160型)にモデルチェンジしたが、前世代の後輪駆動車(T140型)も1987年のT170型へのモデルチェンジまで並行販売されていた。
  5. ^ 1984年には、FFハッチバックモデルとしてカローラFXが追加投入されている。
  6. ^ 当初は父・藤原文太の愛車で、後に拓海が譲り受ける。
  7. ^ 実際にはグリルやバンパーの形状が異なり、日本向けとは意匠が大きく異なる。
  8. ^ 欧州仕様等はハンドルの位置に関係なくDジェトロを採用していた。
  9. ^ 老朽化・損傷したモノコックの交換を目的として、同型車を用意し各種パーツを移植すること。
  10. ^ 単行本3巻においては「軽自動車にも劣るとも優らない超スーパーカメ車」等と書かれており、運転した拓海も「死ぬほど遅い」と酷評する描写があるが、後にターボチャージャーを取り付けて馬力を大幅に向上させている。なお、AE85=遅いというイメージは同時期の同クラス車が軒並みFFに移行した為、FRの本形式はプロペラシャフトのトルク損失の為にスロットルレスポンスが相対的に悪く感じられたことによる。
  11. ^ トレノに装備されているリトラクタブル・ヘッドライトは開閉機構を装備している分車重が重くなるため、軽量化が必須のモータースポーツでは不利となる。
  12. ^ 20系カローラや30系パブリカでは、SRは「スポーツ&ラリー」の意とされている。
  13. ^ トヨタ自動車のスポーツモデルに設定されている特別仕様車の総称