仁科時成

仁科 時成(にしな ときなり、1951年6月2日 - )は、岡山県浅口郡寄島町(現:浅口市)出身の元プロ野球選手投手)・コーチ

仁科 時成
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県浅口郡寄島町(現:浅口市
生年月日 (1951-06-02) 1951年6月2日(66歳)
身長
体重
176 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1976年 ドラフト3位
初出場 1977年4月7日
最終出場 1988年10月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ロッテオリオンズ
    千葉ロッテマリーンズ (1989 - 1995, 2001 - 2002)

目次

経歴編集

山陽高校から大倉工業に入社すると、1975年都市対抗電電四国の補強選手として出場。1976年のドラフト3位でロッテオリオンズに入団。アンダースローからの強気の投球で、村田兆治らとともに、1970年代後半から1980年代におけるロッテの先発ローテーションを支えた。とりわけ、村田がヒジ痛でリタイアしていた時期はエースとしても奮投。1980年には17勝をマーク。1983年8月20日の対近鉄戦で、9回2死までノーヒットに抑えながら、次打者の仲根政裕に阻止される。翌1984年5月29日の対近鉄戦で、またもあと1人の場面で平野光泰によってノーヒットノーランを阻まれた[1]。同ケースは過去に19例あるが、2回逃したのは仁科と西口文也だけである。1986年に通算100勝を達成し、1988年に引退。

投手としての活躍だけでなく、ほぼ同時期に正捕手だった袴田英利のリードに影響を与えた[2]

引退後は、ロッテの二軍投手コーチ(1989年 - 1990年, 1994年 - 1995年, 2002年)・一軍投手コーチ(1991年 - 1993年, 2001年)・合宿所寮長などを務めた。

詳細情報編集

年度別投手成績編集






















































W
H
I
P
1977 ロッテ 26 8 0 0 0 5 2 1 -- .714 386 91.0 100 11 18 2 6 49 0 0 45 43 4.25 1.30
1978 32 16 5 0 0 9 6 0 -- .600 535 126.2 123 23 33 2 10 67 1 0 70 60 4.26 1.23
1979 30 25 10 1 1 9 11 0 -- .450 763 179.2 170 18 57 2 19 87 0 0 89 80 4.01 1.26
1980 29 27 17 5 1 17 8 0 -- .680 853 208.2 193 35 49 1 18 94 0 0 85 74 3.19 1.16
1981 29 29 8 2 1 13 10 0 -- .565 793 186.1 183 25 47 1 18 80 1 0 90 84 4.06 1.23
1982 27 27 12 1 2 9 14 0 -- .391 765 178.1 194 25 46 3 11 102 0 0 97 87 4.39 1.35
1983 28 23 8 1 0 5 13 0 -- .278 631 144.0 162 25 41 4 13 57 0 0 89 81 5.06 1.41
1984 29 29 13 2 3 13 11 0 -- .542 886 213.2 202 31 61 2 13 113 1 2 98 88 3.71 1.23
1985 30 30 9 1 1 12 13 0 -- .480 852 198.0 218 35 44 3 12 103 0 1 116 95 4.32 1.32
1986 25 24 5 1 0 10 12 0 -- .455 615 142.2 162 20 29 2 13 68 0 0 86 79 4.98 1.34
1987 18 18 4 1 0 7 7 0 -- .500 459 109.2 112 11 23 2 5 52 0 1 43 39 3.20 1.23
1988 31 3 0 0 0 1 1 0 -- .500 157 37.2 40 3 9 4 4 18 0 1 19 17 4.06 1.30
通算:12年 334 259 91 15 9 110 108 1 -- .505 7695 1816.1 1859 262 457 28 142 890 3 5 927 827 4.10 1.28
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録編集

初記録
節目の記録
  • 1000投球回数:1983年5月4日、対阪急ブレーブス4回戦(川崎球場)、4回表3死目に達成
  • 1500投球回数:1985年10月1日、対日本ハムファイターズ19回戦(後楽園球場)、6回裏1死目に達成
  • 100勝:1986年9月18日、対近鉄バファローズ23回戦(川崎球場)、先発登板で7回2/3を2失点
その他の記録

背番号編集

  • 20 (1977年 - 1988年)
  • 74 (1989年 - 1991年)
  • 82 (1992年 - 1993年)
  • 73 (1994年 - 1995年)
  • 84 (2001年 - 2002年)

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ ああ、またあと1人…仁科時成、2度目も逃す
  2. ^ 『野球小僧 8月号 2011』白夜書房、p.155

関連項目編集