弾正村

日本の岐阜県本巣郡にあった村

弾正村(だんじょうむら)はかつて岐阜県本巣郡に存在したである。現在の本巣市の南西部(真正町の西部)にあたり、現在の地名は、政田、国領、浅木、温井、海老、下福島である。

弾正村
廃止日 1955年4月1日
廃止理由 合併
本巣郡真桑村弾正村真正村
現在の自治体 本巣市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
本巣郡
面積 3.92km2.
総人口 1,913
(1955年)
隣接自治体 本巣郡真桑村土貴野村巣南村
揖斐郡大野町川合村
弾正村役場
所在地 岐阜県本巣郡弾正村政田字竹後655
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

地名の弾正は、この地域の荘園の名称「弾正荘」に由来する。弾正とは弾正台の役人の名称であり、平安時代末期、この地が弾正の荘園となり、弾正荘と呼ばれていたという。

歴史編集

大字編集

『岐阜県本巣郡弾正村土地宝典』による、村内に設置されていた大字は以下のとおり。弾正村廃止後、真正村、真正町を経て現在は本巣市の大字として存続している。

  • 浅木(あさぎ)
  • 海老(かいろう)
  • 国領(こくりょう)
  • 下福島(しもふくじま)
  • 政田(まさだ)
  • 温井(ぬくい)

小・中学校編集

交通編集

参考文献編集

関連項目編集