メインメニューを開く

彦坂 忠義(ひこさか ただよし、1902年12月25日 - 1989年3月27日)は、日本の原子力物理学者新潟大学名誉教授。愛知県渥美郡老津村(現・豊橋市)出身。理学博士(1950年、東北大学にて取得)。

彦坂忠義
人物情報
生誕 1902年12月25日
日本の旗 日本愛知県渥美郡老津村(現・豊橋市
死没 (1989-03-27) 1989年3月27日(86歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東北帝国大学理学部物理学科
子供 彦坂諦(息子)
学問
研究分野 物理学
原子力物理学
研究機関 東北帝国大学
山口高等学校
第二高等学校
旅順工科大学
岩手大学
新潟大学
東北学院大学
博士課程
指導教員
高橋胖
学位 理学博士
称号 新潟大学名誉教授[1]
主な業績 原子核の内部構造の研究
テンプレートを表示

経歴・人物編集

愛知県出身。第二高等学校卒業後、1923年東北帝国大学理学部物理学科に入学した。1926年に同大学を卒業し、当時の同大学教授高橋胖のもとで助手を務めた。1934年原子核の内部構造を提唱し、当時広く考えられていたニールス・ボーア液滴模型とは異なった今日殻模型と呼ばれるものに近い模型を発表したが、広く受け入れられることはなかった。息子に彦坂諦がいる。

1939年旧制山口高等学校教授、1943年に第二高等学校に移った後[2]1945年旅順工科大学教授。終戦後に大連市で抑留され、その地で4年間教育に従事した後に帰国[2]1950年「原子核エネルギー利用の一方法について」で東北大学にて理学博士。同年岩手大学学芸学部教授、1951年新潟大学理学部教授を歴任。定年退職後に新潟大学名誉教授。1968年東北学院大学工学部教授に就任し、1977年まで務めた[3]

著書編集

  • 『中性子の磁気能率について』(科学、1934年)[4]

論文編集

  • 彦坂忠義
  • 「2p-TD-7 夜間大気光に時として現れるλ391mμBandの問題」(東北学院大学、1970年)
  • 「温排水利用による省エネルギ-について 」(第27回選鉱・青化現場担当者会議講演集、1977年)
  • 「大谷地選鉱場における製錬中間産物の処理について 」 (選鉱・青化(第26回)選鉱・青化現場担当者会議講演集、1976年)
  • 「亜鉛製錬残渣の硫酸鉛優先浮選による操業改善」 (日本鉱業協会・日本鉱業会共催、1985年)[5]

追悼文集編集

  • 『木蓮の花 彦坂忠義追悼文集』彦坂忠義追悼文集編集委員会 1991

脚注編集