メインメニューを開く

彼杵駅

日本の長崎県長崎県東彼杵郡東彼杵町にある九州旅客鉄道の駅

彼杵駅(そのぎえき)は、長崎県東彼杵郡東彼杵町蔵本郷にある、九州旅客鉄道(JR九州)大村線である。

彼杵駅
新駅舎(2008年1月)
新駅舎(2008年1月)
そのぎ
Sonogi
川棚 (6.0km)
(4.4km) 千綿
所在地 長崎県東彼杵郡東彼杵町蔵本郷
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 大村線
キロ程 19.6km(早岐起点)
電報略号 ソノ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
328人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1898年明治31年)1月20日
備考 業務委託駅
テンプレートを表示
解体された旧駅舎(2005年3月)

東彼杵町の中心駅で快速シーサイドライナー」も停車する。

目次

歴史編集

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を有する地上駅跨線橋は無く2本のホーム間は駅の構内千綿方の構内踏切で結ばれる。早岐方面ホームに接して古くからの木造駅舎が残っていたが、駅舎建て替えの為、解体された。現在は新駅舎での営業となっている。

JR九州鉄道営業が駅業務を行う業務委託駅で、マルスは無いがPOS端末が設置されている。

のりば編集

のりば 路線 方向 行先
1 大村線 上り 佐世保方面
2 下り 長崎方面

利用状況編集

  • 2017年度の1日平均乗車人員は328人である。[1]
乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 404
2001 397
2002 400
2003 383
2004 359
2005 360
2006 356
2007
2008
2009
2010 334
2017 328

駅周辺編集

東彼杵町の中心部。駅前にタクシーが客を待っていることがある。

駅前南側を大村線に並行する形で国道205号が通っている。また、駅の南東約1kmの場所に国道205号の終点となる江頭交差点があり、国道34号と接続している。その東側には長崎自動車道東そのぎインターチェンジがある。

バス路線編集

隣の駅編集

九州旅客鉄道
大村線
快速「シーサイドライナー
川棚駅 - 彼杵駅 - 竹松駅
区間快速「シーサイドライナー」・普通
川棚駅 - 彼杵駅 - 千綿駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 駅別乗車人員上位300駅(2017年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道. 2018年12月16日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

  • 彼杵駅(駅情報) - 九州旅客鉄道