アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン

彼氏になりたいから転送)
ローリング・ストーンズ > 作品リスト > アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン
ビートルズ > 曲名リスト > アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン

アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン」(I Wanna Be Your Man)または「彼氏になりたい」(かれしになりたい)は、ローリング・ストーンズの楽曲である。作詞・作曲はジョン・レノンおよびポール・マッカートニー(クレジットはレノン=マッカートニー名義)。1963年にローリング・ストーンズの2作目のシングルとして発売され、全英シングルチャートで最高位12位を記録[1]。同年にビートルズによってセルフカバーされた。

彼氏になりたい
ローリング・ストーンズシングル
A面 アメリカ合衆国の旗 ノット・フェイド・アウェイ(第2版)
B面 イギリスの旗アメリカ合衆国の旗 ストーンド
リリース
規格 7インチシングル
録音 1963年10月7日
ジャンル
時間
レーベル
作詞・作曲 レノン=マッカートニー
プロデュース アンドリュー・ルーグ・オールダム
チャート最高順位
後述を参照
ローリング・ストーンズ シングル U.K. 年表
  • カム・オン
  • (1963年)
  • 彼氏になりたい
  • (1963年)
ローリング・ストーンズ シングル U.S. 年表
マイルストーンズ 収録曲
イエスタデイズ・ペイパー
(A-5)
彼氏になりたい
(A-6)
タイム・イズ・オン・マイ・サイド
(B-1)
テンプレートを表示

背景・リリース編集

ローリング・ストーンズによる「彼氏になりたい」は、1963年11月1日に2作目のシングルとして発売され、全英シングルチャートで最高位12位を記録し[1]、バンドの活動初期のヒット作の一つとなった[2]。イギリス盤およびアメリカ盤(第1版)のB面には「ストーンド」が収録された。その後、1964年3月6日にシングル盤『ノット・フェイド・アウェイ』のB面曲として再発売された。

1963年9月にローリング・ストーンズのマネージャーであるアンドリュー・オールダムは、偶然レノンとマッカートニーと遭遇し[3]、2人をローリング・ストーンズのリハーサルに招いた[4]。当時オールダムは、『カム・オン』に続くシングルを発売するために必死になっていた時期で、オールダムはレノンとマッカートニーに「ストーンズにふさわしい曲はないか?」と尋ねた[5]。そこでレノンとマッカートニーは「まだ完成してないけど、ピッタリの曲がある」と返し、ローリング・ストーンズのメンバーの前で本作を演奏した[4]。ストーンズのメンバーは「これは俺たちのスタイルだ」と気に入り、2人はその場で本作の仕上げにかかった[5]

それから3週間後の10月7日に「彼氏になりたい」のレコーディングが行われた[6]。ジョーンズはグレッチ・アニバーサリーでソロを弾いたほか、スライド・リフを弾いている[6]。なお、ジョーンズはバッキング・ボーカルも担当[6]しており、ローリング・ストーンズの楽曲でジョーンズだけがバッキング・ボーカルを担当した数少ない楽曲の1つとなっている[7]

本作はオリジナル・アルバムには未収録となっており、イギリスでは1972年リリースのコンピレーション・アルバム『マイルストーンズ』でアルバム初収録となった。アメリカでは1989年発売の『シングル・コレクション (ザ・ロンドン・イヤーズ)』でアルバム初収録となった。

シングルのB面に収録された「ストーンド」は、メンバー全員による共作(名義はナンカー・フェルジ)となっており、ストーンズのオリジナル曲が初めてレコード化された例となった。

演奏披露編集

1964年1月1日にBBCの『トップ・オブ・ザ・ポップス』に初出演し、本作を演奏した[8]

2022年6月9日にアンフィールド・スタジアムで行われたストーンズ51年ぶりのリヴァプール公演において、リヴァプールとビートルズに捧げる曲としてこの曲が演奏された[9]

クレジット(ローリング・ストーンズ版)編集

※出典[6]

チャート成績編集

チャート (1963年 - 1964年) 最高位
ベルギー (Ultratop Wallonia)[10] 22
UK Singles (Official Charts Company)[1] 12

ビートルズによるセルフカバー編集

アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン
ビートルズ楽曲
収録アルバムウィズ・ザ・ビートルズ
英語名I Wanna Be Your Man
リリース1963年11月22日
録音
ジャンル
時間1分58秒
レーベルパーロフォン
作詞者レノン=マッカートニー
作曲者レノン=マッカートニー
プロデュースジョージ・マーティン
ウィズ・ザ・ビートルズ 収録曲
ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー
(B-3)
アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン
(B-4)
デヴィル・イン・ハー・ハート
(B-5)

ビートルズによるカバー・バージョンは、イギリスでは1963年11月22日に発売された2作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』のB面4曲目、アメリカでは1964年1月20日に発売されたキャピトル編集盤『ミート・ザ・ビートルズ』のB面5曲目に収録された。リード・ボーカルリンゴ・スターが務めた。ビートルズ解散後の1976年に発売されたコンピレーション・アルバム『ロックン・ロール・ミュージック』にも収録された。

邦題は、『ウィズ・ザ・ビートルズ』では原題をカタカナに直した「アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン[12]となっているが、一部コンピレーション・アルバムではローリング・ストーンズによる演奏バージョンと同じ「彼氏になりたい[13][14]という邦題が使用されている。

ビートルズによるカバー・バージョンは、EMIレコーディング・スタジオで行なわれた1963年9月11日と12日、10月3日と23日の4回のセッションでレコーディングされ[3]、スターのボーカルはダブルトラックとなっている[3]

レノンは、本作を否定的に見ており、1980年の『プレイボーイ』誌のインタビューで「通行人に配るチラシみたいなものだったのさ。ビートルズではリンゴが歌って、ストーンズは自分たちの曲を演った(やった)んだ。ぼくらが連中をどう見ていたかが、これでわかる。良いものを連中にやる気はなかったさ」[15][16]と発言している。

BBCセッションでは2回レコーディングが行なわれており、1964年1月7日に『Saturday Club』(2月15日放送)用[17]、同年2月28日に『From Us to You』(3月30日放送)[18]用にレコーディングされた。このうち、3月30日に放送された音源が1994年に発売された『ザ・ビートルズ・ライヴ!! アット・ザ・BBC』に収録された。また、1964年4月19日にはテレビ番組用に演奏が撮影されており[19]、この時の音源が1995年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー1』に収録された[3]

ライブではスターのボーカル曲として演奏され、1966年に行なわれた日本公演でも演奏された[20]。スターはビートルズ解散後も、リンゴ・スター&ヒズ・オールスター・バンド英語版のコンサートで度々演奏している。

クレジット(ビートルズ版)編集

※出典[21]

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2020年12月14日閲覧。
  2. ^ Gilliland 1969, show 30, track 2.
  3. ^ a b c d Womack 2016, p. 87.
  4. ^ a b Gould 2014, p. 164.
  5. ^ a b Thompson 2014, p. 164.
  6. ^ a b c d Guesdon & Margotin 2016, p. 21.
  7. ^ John Van der Kiste (2017). A Beatles Miscellany: Everything You Always Wanted to Know About the Beatles but Were Afraid to Ask. Fonthill Media. p. 37. ISBN 1-7815-5582-6 
  8. ^ “BBC - Press Office - BBC says fond farewell to Top of the Pops”. BBC. (2006年6月20日). http://www.bbc.co.uk/pressoffice/pressreleases/stories/2006/06_june/20/totp.shtml 2020年12月14日閲覧。 
  9. ^ ローリング・ストーンズ、51年ぶりのリヴァプール公演でビートルズの「I Wanna Be Your Man」をカヴァー”. MUSIC LIFE CLUB. シンコーミュージック・エンタテイメント (2022年6月13日). 2022年6月14日閲覧。
  10. ^ ULTRATOP BELGIAN CHARTS”. ultratop.be (1964年5月1日). 2020年12月14日閲覧。
  11. ^ Erlewine, Stephen Thomas. “With the Beatles - The Beatles | Songs, Reviews, Credits”. AllMusic. All Media Group. 2020年12月14日閲覧。
  12. ^ With The Beatles [CD EXTRA][CD] - ザ・ビートルズ”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2020年12月14日閲覧。
  13. ^ ザ・ビートルズ アンソロジー1 - ザ・ビートルズ”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2020年12月14日閲覧。
  14. ^ ザ・ビートルズ・ライヴ!! アット・ザ・BBC / LIVE AT THE BBC - ザ・ビートルズ”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2020年12月14日閲覧。
  15. ^ 『ジョン・レノン PLAYBOY インタビュー』集英社、1981年、98頁。ASIN B000J80BKM 
  16. ^ Sheff 2000, p. 201.
  17. ^ Winn 2008, p. 112.
  18. ^ Winn 2008, p. 158.
  19. ^ MacFarlane 2008, p. 182.
  20. ^ Everett 1999, p. 68.
  21. ^ MacDonald 2005, p. 95.

参考文献編集

外部リンク編集