メインメニューを開く

ウィズ・ザ・ビートルズ

ビートルズのアルバム

解説編集

1963年11月22日(金)にイギリスで発売。このアルバムからモノラル盤とステレオ盤が同じ日に発売されるようになった。

ジョージ・ハリスン初の作詞作曲「ドント・バザー・ミー」を含む8曲が自作曲で6曲がカヴァー。ほとんどがモータウンR&B。先行シングル曲を収録せず、すべてアルバム用に曲を用意している[注釈 2]。前作『プリーズ・プリーズ・ミー』と比較し演奏やアレンジなどで大きな進歩がみられる。

モノラル盤は1987年2月26日にCD発売され、ステレオ盤は2009年9月9日にCD発売された。

日本では来日記念盤として『ステレオ! これがビートルズ Vol.2』と題して曲順替えされたものがリリースされ、イギリスと同内容では1976年にリリースされた。アメリカでは1987年のCD発売までリリースされなかった。本作収録曲は『ミート・ザ・ビートルズ』『ザ・ビートルズ・セカンド・アルバム』に分解してリリースされ、含まれる曲も異なった[注釈 3]

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・ベストアルバム500において第420位にランクされている[6]ほか、2003年にはRobert Dimeryの音楽批評書『死ぬ前に聴くべき1001枚のアルバム』の1枚に含まれた[7]

レコーディング編集

前作『プリーズ・プリーズ・ミー』では、収録曲の大部分(全14曲のうちシングルとして既に発表されていた4曲を除く計10曲)が1日でレコーディングされたが[8]、『ウィズ・ザ・ビートルズ』の収録曲のレコーディングは、1963年7月18日から10月23日までの3ヶ月間に行なわれた7回のセッションに渡って録音された。本作のレコーディング・セッションが行なわれた時期、バンドはラジオ、テレビ、さらにライブ活動と多忙な時期だったが、イギリスで発売された本作には、シングル・カットされた楽曲は収録されていない。

セッションは以下のように行なわれた。

アルバム・ジャケット編集

前作『プリーズ・プリーズ・ミー』のアルバム・ジャケットはカラー写真で、アイドル・グループのアルバム風だったが、この作品は白黒写真で、彼らの顔に片側からライトを当てて、光の当たらない側半分を影にして撮影するという当時としては画期的な手法(通称:ハーフ・シャドウ)が用いられた。

このジャケット写真を撮影したのはロバート・フリーマン英語版[15]。マネージャーのブライアン・エプスタインは、ロバートが撮影したジョン・コルトレーンの白黒写真に感銘を受けて依頼した[16]。メンバーはハンブルク巡業時代に知り合った友人のアストリッド・キルヒヘル英語版が撮影していた写真をフリーマンに見せて[17]、同様のものにしてほしいと要請した[18]。このアルバムジャケット以降、レコード・ジャケットがアート作品として注目されるきっかけになり、『アビイ・ロード』のジャケット同様、多くの模倣やパロディを生んだ。ヴァン・ヘイレンのアルバム『OU812』も同じ手法で撮影されたジャケットを用いている。

オーストラリアで発売された本作のジャケットは、まったく異なるものになっている。なお、このジャケットの変更についてメンバーは満足していなかったというエピソードが残っている[19]

収録曲編集

特記を除き、作詞作曲はレノン=マッカートニーによるもの。

アナログA面
#タイトル作詞・作曲リード・ボーカル時間
1.イット・ウォント・ビー・ロング(It Won't Be Long) ジョン・レノン
2.オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ(All I've Got To Do) ジョン・レノン
3.オール・マイ・ラヴィング(All My Loving) ポール・マッカートニー
4.ドント・バザー・ミー(Don't Bother Me)ジョージ・ハリスンジョージ・ハリスン
5.リトル・チャイルド(Little Child) ジョン・レノン
ポール・マッカートニー
6.ティル・ゼア・ウォズ・ユー(Till There Was You)メレディス・ウィルソンポール・マッカートニー
7.プリーズ・ミスター・ポストマン(Please Mister Postman)ジョージア・ドビンズ
ウィリアム・ガレット
フレディ・ゴーマン
ブライアン・オランダ
ロバート・ベイトマン
ジョン・レノン
合計時間:
アナログB面
#タイトル作詞・作曲リード・ボーカル時間
1.ロール・オーバー・ベートーヴェン(Roll Over Beethoven)チャック・ベリージョージ・ハリスン
2.ホールド・ミー・タイト(Hold Me Tight) ポール・マッカートニー
3.ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー(You Really Got A Hold On Me)スモーキー・ロビンソンジョン・レノン
ジョージ・ハリスン
4.アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン(I Wanna Be Your Man) リンゴ・スター
5.デヴィル・イン・ハー・ハート(Devil in Her Heart)リチャード・ドラプキンジョージ・ハリスン
6.ナット・ア・セカンド・タイム(Not a Second Time) ジョン・レノン
7.マネー(Money (That's What I Want))ジェイニー・ブラッドフォード
ベリー・ゴーディ
ジョン・レノン
合計時間:

パーソネル編集

※出典[20]

ビートルズ

外部ミュージシャン・スタッフ

各国での販売形態編集

発売日 レーベル 販売形態 カタログ番号
イギリス 1963年11月22日 Parlophone Monaural LP PMC 1206
Stereo LP PCS 3045
1987年2月16日 Monaural CD CDP 7 46436 2
アメリカ 1987年2月26日 Parlophone CD CDP 7 46436 2
1987年7月21日 Capitol Monaural LP MAS 2653
日本 1967年6月5日 ODEON Stereo LP EAS-80551
1982年1月21日 Monaural LP EAS-70131
1987年6月1日 Monaural CD CP32-5328
2004年1月21日 Parlophone Remastered LP TOJP-60138
Worldwide reissue 2009年9月9日 Apple Remastered stereo CD 0946 3 82420 2 4
Remastered monaural CD
2012年11月13日 Remastered stereo LP 0094638242017


関連文献編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ カナダでは「Beatlemania! With the Beatles」というタイトルで、1963年11月25日に発売された。
  2. ^ ただし、ダイジェスト編として4曲入りのEP盤『All My Loving』を発売。
  3. ^ 2つのアルバムにはビートルズがアルバムに入れないという方針でリリースしていたシングル曲も含まれていた

出典編集

  1. ^ O'Dell, Denis; Neaverson, Bob (2002). At the Apple's core: the Beatles from the inside. Peter Owen Limited. p. 27. ""the first truly convincing British rock and roll album, With The Beatles"" 
  2. ^ Harrington, Richard (2004年2月6日). “It was 40 years ago ...”. The Washington Post. オリジナルの2013年1月5日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6DSCvEsa4?url=http://articles.chicagotribune.com/2004-02-06/features/0402060100_1_beatles-pop-culture-capitol/3 2018年11月17日閲覧。 
  3. ^ Howlett, Kevin; Heatley, Mike (2009). With the Beatles (CD historical notes). p. 12. 
  4. ^ SHINDIG! Issue 35, page 30
  5. ^ ChartArchive - The Beatles - With The Beatles
  6. ^ The 500 Greatest Albums of All Time”. Rolling Stone (2007年). 2018年11月17日閲覧。
  7. ^ ^ Robert Dimery; Michael Lydon (23 March 2010). 1001 Albums You Must Hear Before You Die: Revised and Updated Edition. Universe. 978-0-7893-2074-2.
  8. ^ Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. p. 99. ISBN 0-517-57066-1. 
  9. ^ a b Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. p. 117. ISBN 0-517-57066-1. 
  10. ^ Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. p. 121-122. ISBN 0-517-57066-1. 
  11. ^ Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. p. 122. ISBN 0-517-57066-1. 
  12. ^ Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. p. 123. ISBN 0-517-57066-1. 
  13. ^ Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. p. 125. ISBN 0-517-57066-1. 
  14. ^ Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. p. 125-126. ISBN 0-517-57066-1. 
  15. ^ ビートルズのアルバムカヴァーで知られる写真家ロバート・フリーマンが死去”. amass (2019年11月9日). 2019年11月9日閲覧。
  16. ^ Beatles fans eye rare display of Fabs photos
  17. ^ Carlin, Peter Ames (2009). Paul McCartney: A Life. Touchstone. ISBN 978-1-4165-6209-2. https://books.google.com/books?id=W8R4LS2LYxYC&dq. 
  18. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー(日本語版・リットーミュージック刊: ISBN 4845605228)P107。
  19. ^ Baker, Glenn A.; Dilernia, Roger (1985). The Beatles Down Under :The 1964 Australia & New Zealand Tour. Ann Arbor, Michigan: Pierian Press. ISBN 978-0-87650-186-3. 
  20. ^ Lewisohn, Mark (1988). The Beatles Recording Sessions. New York: Harmony Books. ISBN 0-517-57066-1. 

外部リンク編集