メインメニューを開く

座標: 北緯35度14分9秒 東経138度55分30秒 / 北緯35.23583度 東経138.92500度 / 35.23583; 138.92500

御殿場高原時之栖

御殿場高原時之栖(ごてんばこうげんときのすみか)は静岡県御殿場市神山にあるレジャー施設。御殿場高原ビールの施設があることから、地元ではビール醸造所以外の施設も含め、御殿場高原ビールとも呼ばれる。ほとんどの施設は株式会社時之栖による運営だが、一部は株式会社御殿場高原ビールによって運営されている。

概要編集

広大な敷地内にホテル、レストラン、ビール醸造所、温泉施設、サッカー場、美術館などがある。夏と冬には発光ダイオードを使ったイルミネーションが行なわれる。

歴史編集

元は静岡県の酪農研究施設として開設された。その後、民間に売却されホテルが建てられ、レジャー施設富士牧場公園として開業した。

1990年代に米久創業者に買収され、1995年から御殿場高原ビールの醸造が始まった。地ビールブームに乗って観光客が増加し、施設の拡張が相次ぐようになった。

2000年代には夏と冬に発光ダイオードを使ったイルミネーションが開始され[1]、さらに観光客が増加した。

アクセス編集

編集

東名高速道路御殿場ICから約15分

電車編集

最寄駅はJR東海御殿場線岩波駅である。また、御殿場駅裾野駅三島駅から送迎バスが運行されている。

  • JR御殿場線の岩波駅からタクシーで約5分
  • JR御殿場線の御殿場駅から送迎バスで約30分
  • JR御殿場線の裾野駅から送迎バスで約30分
  • 東海道新幹線東海道線、御殿場線、伊豆箱根鉄道の三島駅から送迎バスで約50分

高速バス編集

東名御殿場バス停まで高速バスが東京駅新宿駅名古屋駅などから運行されている。東名御殿場バス停からは送迎バスで約20分である。

路線バス編集

箱根湯本駅から箱根登山バスが路線バスを運行。

  • 箱根登山バス(箱根湯本駅 - 宮ノ下 - 仙石 - 乙女峠 - 御殿場プレミアム・アウトレット - 時之栖 御殿場高原ビール

時之栖スポーツセンター編集

時之栖スポーツセンター(ときのすみかスポーツセンター)は、株式会社時之栖が運営する、サッカーをメインとしたスポーツ交流施設。御殿場高原時之栖の敷地内をはじめ、以下の場所に計17面のグラウンドと最大2500人を収容できる宿泊施設を備え、サッカー合宿やサッカー大会が行なわれる[2][3]

  • 時之栖グラウンド(御殿場高原時之栖敷地内)- 天然芝1面・人工芝1面・フットサルコート(人工芝)1面。
  • うさぎ島グラウンド(御殿場市市神山字大野原1940)- 人工芝5面
  • 裾野グラウンド(裾野市下和田420-12)- 天然芝4面・人工芝6面。クラブハウス併設。

上記のほか、富士宮市北山(富士宮ホテル時之栖そば)に人工芝1面の「富士宮グラウンド」を有する。

サッカー日本代表を始め、有力サッカークラブが合宿に訪れる。2002 FIFAワールドカップの際にはサッカーウルグアイ代表が合宿を行なった。毎年正月に開催されるサッカー大会『時之栖カップ』(新春高校サッカー強化研修大会)は全国高等学校サッカー選手権大会全国大会に出場できなかった有力校が参加することから、『裏選手権』と呼ばれることがある[4]

福島第一原子力発電所事故に伴いJヴィレッジ福島県楢葉町)での活動が出来なくなったJFAアカデミー福島が、2011年4月から一時避難場所としてここで活動を再開している[5]

その他編集

  • 2007年に沼津市で開催された技能五輪国際大会の際に大会史上初の選手村となり、さらに選手の交流イベントも行なわれた。
  • 御殿場市印野に「時の栖(巣)」(ときのす)という地区があるが無関係。

脚注編集

外部リンク編集