志村 正雄(しむら まさお、1929年9月25日 - 2022年4月24日)は、日本のアメリカ文学者。東京外国語大学名誉教授、鶴見大学名誉教授。

人物・来歴編集

東京府豊多摩郡渋谷町(現在の渋谷区広尾)生まれ。評論家マークス寿子は実妹。

1953年に東京外国語大学外国語学部英米語学科を卒業。1962年ニューヨーク大学大学院英米科修士課程修了。1961年コロンビア大学助手、1962年インディアナ大学専任講師、64年コロンビア大学兼任講師、1967年鶴見女子大学助教授、1970年横浜市立大学助教授、1972年東京外国語大学助教授、1974年教授、1993年定年退官、名誉教授、鶴見大学教授、2000年退職、名誉教授[1]

20世紀アメリカ文学専攻で、トマス・ピンチョンジョン・バースなどを研究、翻訳した。

2022年4月24日、死去[2]。92歳没。

著書編集

共著編集

翻訳編集

ジョン・バース編集

  • 『旅路の果て』(ジョン・バース白水社) 1972、のち白水Uブックス
  • 『金曜日の本 エッセイとその他のノンフィクション』(ジョン・バース、筑摩書房) 1989
  • 『サバティカル あるロマンス』(ジョン・バース、筑摩書房) 1994
  • 『船乗りサムボディ最後の船旅』(ジョン・バース、講談社) 1995
  • 『ストーリーを続けよう』(ジョン・バース、みすず書房) 2003

ジェイムズ・メリル編集

  • 『米国ゴシック作品集』(ジェイムズ・メリル他、国書刊行会) 1982
  • 『イーフレイムの書』(ジェイムズ・メリル、書肆山田) 2000
  • 『ミラベルの数の書』(ジェイムズ・メリル、書肆山田) 2005
  • 『ページェントの台本』(ジェイムズ・メリル、書肆山田) 2008

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ "米文学者・志村正雄氏が死去". 産経ニュース. 産経デジタル. 25 May 2022. 2022年5月27日閲覧