メインメニューを開く

恋のメガラバ

マキシマム ザ ホルモンのシングル

恋のメガラバ」(こいのメガラバ)は、日本ロックバンドマキシマム ザ ホルモンの7枚目のシングル2006年7月5日VAPより発売された。販売価格は¥1172("E!夏(いいなつ)"価格)。

恋のメガラバ
マキシマム ザ ホルモンシングル
初出アルバム『ぶっ生き返す(#1,#2)』
A面 恋のメガラバ
ルイジアナ・ボブ
B面 ロッキン・アグリーモーション
ジョニー陰部LIFE
リリース
ジャンル ミクスチャー・ロック
レーベル VAP/ミミカジル
作詞・作曲 マキシマムザ亮君
チャート最高順位
  • 週間9位(オリコン
  • 登場回数22回(オリコン)
マキシマム ザ ホルモン シングル 年表
ざわ…ざわ…ざ‥ざわ……ざわ
2005年
恋のメガラバ
2006年
爪爪爪/「F」
2008年
テンプレートを表示

概要編集

初回特典にはタトゥーシールが封入されている。 この作品で、初めてオリコンチャートトップ10入りを果たした。 PVの監督はスミス。真ん中で踊る青い女性役はモデルのダイアナチアキ

収録曲編集

  1. 恋のメガラバ
    TBS系『CDTV』2006年7月オープニングテーマ。メガラバは「Mega Lover」とのこと。PV監督はスミスアルバムの『ぶっ生き返す』に収録された。女子プロレスラー大畠美咲ZABUN)の入場曲に使用されているほか、お笑いコンビスーパーマラドーナの出囃子にも使用されている。近年では、テレビ朝日系『トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン』の番組エンディング曲としても使用されている。
    What's up, people?!」に続きドロップCチューニングで演奏されている。
  2. ルイジアナ・ボブ
    マキシマムザ亮君が解説で用いた架空の人物「ボブ・チカティロ」はかつて実在していた殺人者、アンドレイ・チカチーロから取ったものと思われる。『ボブシリーズ』第三作目。『ぶっ生き返す』にも収録された。
  3. ロッキン・アグリーモーション
  4. ジョニー陰部LIFE

全作詞作曲:マキシマムザ亮君

「恋のメガラバ」の調
1A・1Bメロ 1Cメロ 1D・2Bメロ 2Cメロ 2D・3B・3Aメロ
 変ホ長調
(E)
 ハ短調
(Cm)
 変ホ長調
(E)
 ハ短調
(Cm)
 変ホ長調
(E)