メインメニューを開く

夕ぐれ族

1980年代に存在した売春斡旋組織、それを題材とした日本の映画作品
愛人バンク事件から転送)

夕ぐれ族(ゆうぐれぞく)は、1982年に実在した売春斡旋組織の名称。および1984年に公開された日本映画。

目次

愛人バンク編集

1982年(昭和57年)に、東京都出身の短大卒を自称(実際は中卒)する女性が、愛人を持ちたい男性と、お金を得たい女性とを仲介し愛人契約させるため、都内に会員制の愛人バンク「ゆうぐれ族」を設立した。創業者の女性社長が、社名と電話番号を印刷したTシャツ姿でフジテレビ笑っていいとも!』や深夜番組テレビ朝日トゥナイト」など)に出演して一躍マスコミの注目を集め、全国に類似した組織が次々と生まれた。当時、女性社長は「会員は男女合わせて2000人以上」「女性会員の多くが女子大生OL看護婦」と話しており、実際には“女子大生が主戦力である売春クラブ”であったため社会問題になった。

1983年(昭和58年)12月、女性社長は売春斡旋容疑で逮捕され、全国の愛人バンクは事実上廃業する。その後、女性は実刑判決を受けた。2008年2月2日NHK-BS2の「日めくりタイムトラベル・昭和58年」で、女性元社長の顔にぼかしをかけて「愛人バンク事件」が紹介された。

映画編集

夕ぐれ族
監督 曽根中生
脚本 佐伯俊道
音楽 本多俊之
公開 1984年4月20日
言語 日本語
テンプレートを表示

1984年4月20日にっかつロマンポルノ作品として公開された。映画は実話を題材に性風俗産業の人間模様を描いた。主演の春やすこの濡れ場シーンが話題になった。

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

関連項目編集