清水 クーコ(しみず クーコ、1952年9月10日 - 1991年3月27日)は、日本タレント歌手。本名は親谷 邦子[注釈 1]東京都世田谷区出身[1]

経歴編集

4人姉妹の末っ子[1]グループ・サウンズブームの時はザ・タイガースのファンで、特に沢田研二ファンだった[3]

スクールメイツで約3年間活動、スクールメイツではリーダーを務めていたことがあった[4]1970年女性コーラスグループのザ・シュークリームホーン・ユキ北原由紀甲山暁美)を結成。この当時は本名および愛称の「クーコ」で活動し、セールスポイントは「ビーバーみたいな前歯」としていた[4]1974年クーコとエンジェルスを結成する。

1976年9月あのねのね清水国明と結婚[5]。結婚直後は活動を休止していたが、翌1977年より活動を再開した[6]1979年頃から別居状態となり[1]1982年9月24日に正式に離婚[1]。子供はいなかった[7]。2回ほど離婚宣言をして、3度目でようやく合意した[8][9]

国明との離婚報道時、双方ともマスコミに対して離婚理由の説明などはせず、ディスコ結婚披露宴のような「離婚パーティー」を開いた。本人曰く「明るい離婚」だったのことで[8]、その後もあのねのね事務所に籍を置いたままタレント活動を継続し、国明とは良き友人関係を続けたが[8]1988年イギリスへの語学留学を決意したことや、国明の再婚が決まったことなどから、芸能界を引退して渡英した[10]

1990年2月末、ビザの書き換えのため一時帰国した際に、体調が悪いとして検診を受けが発覚、余命半年と宣告された[10]

1991年3月27日子宮頚癌で死去(享年38)。葬儀には梅沢富美男稲川淳二清水アキラせんだみつお大信田礼子ら約200人が参列した。喪主は元夫の国明が務め、最後まで「良きパートナー」を貫いた[10]

人物編集

肌が年中小麦色だったのが特徴。手足を広げて全身を徹底的に焼いていたという[11]

自ら「ミーハー」という巨人ファン[12]。巨人選手にも友達がいたということで[13]、一時ウォーレン・クロマティとの関係が話題になったことがある[7]

出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

テレビ番組編集

ラジオ編集

音楽編集

シングル編集

発売日 規格品番 タイトル 作詞 作曲 編曲
ザ・シュークリーム名義
日本コロムビア
1971年8月24日 P-130 A 恋の五ヶ条 阿久悠 鈴木邦彦
B ホットパンツのお嬢さん
1972年1月 P-152 A つらい時代の娘たち 橋本淳 中村泰士 高田弘
B 二人だけの場所
1972年8月 P-158 A 甘い罠 千家和也 加瀬邦彦 田辺信一
B イエス・オア・ノウ
クーコとエンジェルス名義
フィリップス・レコード
1973年8月 FS-1762 A 愛のときめき[注釈 2] チャーリー石黒

藤はじめ

Lynsey de Paul 渡辺直人
B 真夏の奇跡 藤はじめ 彩木雅夫 馬飼野康二
1974年 FS-1789 A 男と女 千家和也 馬飼野俊一
B 東京赤坂3-14-9 藤はじめ チャーリー石黒 馬飼野俊一
シンガースリー(今陽子とクーコ&エンジェルス)名義
キングレコード
非売品 NCS-575[注釈 3] A ピンキーの花束かぞえ唄 山川啓介 いずみたく
清水クーコ名義
ワーナー・パイオニア
1979年 L-276W A ラッキー・レディ 清水クーコ 小坂忠 井上鑑
B ウィンクひとつ 高坂実
オレンジハウスレコード
1981年 ORF-1014 A モガ・モボ・ルンバ 売野雅勇 チト河内 大谷和夫
B ボビーにネック・ハンギング[注釈 4]

出版編集

  • めざめて、女、再び―清水クーコ写真&エッセイ集(マイク岡田・共著、コアラブックス 1985年12月16日初版)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 本名の読みは、「しんたにくにこ」[1]「しんやくにこ」[2]の2通りが掲載されたことがある。
  2. ^ Lynsey de Paul(リンジー・ディ・ポール)「Getting A Drag(恋のためいき)」の日本語カバー。
  3. ^ 片面は、BUZZの「楽園の歌」(作詞・作曲:浜口庫之助)。
  4. ^ テレビ東京「歌えヤンヤン」イメージテーマソング。

出典編集

  1. ^ a b c d e 週刊平凡』1982年11月4日号 本人のインタビュー(50-51頁)
  2. ^ 週刊明星』1991年5月30日号 52頁
  3. ^ 『めざめて、女、再び―清水クーコ写真&エッセイ集』「私の未公開部分」より。
  4. ^ a b c 月刊平凡』1971年11月号 84頁
  5. ^ a b 週刊宝石』1983年7月22日号 180-181頁
  6. ^ a b 週刊大衆』1982年7月26日号「宮尾すすむの美女ニアミス対談」(50頁)
  7. ^ a b 週刊ポスト』1985年11月1日号 214-217頁
  8. ^ a b c 婦人生活』1983年5月号 106-107頁
  9. ^ (4ページ目)マスコミ巻き込み 3度目の正直で離婚した清水国明とクーコ|日刊ゲンダイDIGITAL2022年1月26日閲覧。
  10. ^ a b c 週刊明星』1991年4月18日号 31-32頁
  11. ^ 婦人倶楽部』(講談社)1986年10月特大号 42頁
  12. ^ 週刊読売』1986年9月14日号 138-139頁
  13. ^ 『週刊読売 臨時増刊』1987年10月27日号「やったぞV1!王ジャイアンツ」92頁「各回有名人の見たか聞いたかジャイアンツ」