メインメニューを開く

愛媛県立新居浜西高等学校(えひめけんりつにいはまにしこうとうがっこう)は、愛媛県新居浜市に位置する県立高等学校。略称は、一般的には西高

愛媛県立新居浜西高等学校
過去の名称 新居浜町立新居浜女学校
新居浜町立実科高等女学校
新居浜町立新居浜高等女学校
新居浜市立新居浜高等女学校
愛媛県立新居浜高等女学校
愛媛県立新居浜第二高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 愛媛県の旗愛媛県
校訓 徳・知・体
設立年月日 1917年
創立記念日 5月3日
共学・別学 男女共学
課程 全日制・定時制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 38105F
所在地 792-0024
愛媛県新居浜市宮西町4番46号
北緯33度57分43.38秒 東経133度16分37.23秒 / 北緯33.9620500度 東経133.2770083度 / 33.9620500; 133.2770083座標: 北緯33度57分43.38秒 東経133度16分37.23秒 / 北緯33.9620500度 東経133.2770083度 / 33.9620500; 133.2770083
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
愛媛県立新居浜西高等学校の位置(愛媛県内)
愛媛県立新居浜西高等学校

目次

沿革編集

旧制学校
  • 1917年 - 新居浜国大二種大西立新居浜実科女学校として創立。
  • 1919年 - 新居浜町立実科高等女学校設立。
  • 1927年 - 新居浜町立新居浜高等女学校に改称。
  • 1937年 - 新居浜市立新居浜高等女学校に改称。
  • 1940年 - 愛媛県立新居浜高等女学校に改称。
新制高校
  • 1948年 - 愛媛県立新居浜第二高等学校が発足。
  • 1949年 - 愛媛県立新居浜西高等学校となる。

卒業後の進路編集

国公立大学への進学を目指す者が多く、難関国立大学の合格者増を目指す教育がなされている[1]

必履修科目未履修問題編集

必履修科目である世界史理科基礎が未履修であった。当初、新居浜西高校は未履修はないと発表していた。しかし、2006年11月6日に、当時の校長が未履修について自らの責任を感じ自殺した。当時、未履修問題が大きくクローズアップされていたこともあり、このことはマスメディアでも大きく報じられた[2]。この事件を受け、翌日の2006年11月7日に、未履修の科目があった事実を認めた[3]。その後は、補習授業により履修時間が確保されたが、必修科目未履修は、文系理科、文系社会科や理系社会科などで新居浜西高校が認めている2000年代より以前から長年に渡り公然と行われていた。国公立大学合格者増という目標のための、学習指導要領を無視した指導である。

著名な出身者編集

企業家編集

政治家・官僚編集

文化人編集

マスコミ編集

スポーツ編集

学者編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ http://niihamanishi-h.esnet.ed.jp/sinro/sinro.html (公式HP掲載の合格実績一覧)
  2. ^ NNN Newsリアルタイムが正門前から生中継でレポートするなど、全国ニュースでもとりあげられた
  3. ^ 必修の理科基礎も未履修 校長自殺の新居浜西高」。共同通信社、2006年11月7日。

外部リンク編集