メインメニューを開く

愛知万博の開会式あいちばんぱくのかいかいしき :Expo 2005 Opening Ceremony)とは、2005年日本国際博覧会「愛・地球博」の開会式である。

目次

概要編集

開幕前日の2005年3月24日に、長久手会場のEXPOドームで行われた。開会式の音楽監督は、地元愛知県出身で作曲家・編曲家・音楽プロデューサーの渡辺俊幸

第1部:式典編集

午後1時57分、開会式公式テーマ曲『愛・未来』(作曲 渡辺俊幸)が佐渡裕指揮EXPOスーパーワールドオーケストラによって演奏される中、明仁天皇皇后美智子皇太子徳仁親王名誉総裁(いずれも当時)が臨場。その後、司会者、出演者紹介。

式典開始の合図は、銅鐸の響きで開始。中村利雄協会事務総長が開式の辞の後、陸上自衛隊中央音楽隊によるファンファーレ演奏。国旗・BIE旗・博覧会旗の掲揚の後、X JAPANYOSHIKIの指揮による公式イメージソング「I'll Be Your Love」の演奏で、ボーイスカウト愛知連盟のベンチャースカウトが持つ参加121ヶ国の国旗、4つの国際機関旗が入場した。

演奏終了後、高野山にある2つの鐘と孟暁亮による編鐘の演奏。続けて、豊田章一郎協会会長、神田真秋愛知県知事、小泉純一郎内閣総理大臣が挨拶。その後、BIE呉建民議長が祝辞を述べ、祝典曲を陸上自衛隊中央音楽隊が演奏の後、天皇が「おことば」を述べた[1]。その後、二足歩行ロボットが登場の後、徳仁親王がスイッチオンした。政府出展事業総合監督の渡辺貞夫作曲の「Share the World ~こころつないで~」を演奏・合唱し、第1部は終了した。

第2部:愛・地球シンフォニー編集

第3部:ようこそ、愛・地球博編集

主に、日本舞踊の西川一雅、狂言師の四世野村小三郎が登場した。また、NHKにほんごであそぼKONISHIKI神田山陽も登場。浜崎あゆみも登場し、同時多発テロのチャリティーのために作られた曲「A Song is born」を熱唱した。

フィナーレには2004年のノーベル平和賞を受賞したワンガリ・マータイを捧げる歌「マザーアース」を森山良子が歌い、ダウン症の障害を持つダンスグループLOVE JUNXと踊り、中村事務総長が閉式の辞をし終了した。

脚注編集

関連項目編集