房総ローヴァーズ木更津FC

房総ローヴァーズ木更津FC(ぼうそうローヴァーズきさらづエフシー、: Boso Rovers Kisarazu Football Club)は、千葉県木更津市を本拠とし、内房地域および外房地域を含む房総半島全域をホームタウンとするサッカークラブ。Jリーグ加盟を目指すクラブの1つである。

房総ローヴァーズ木更津FC
クラブカラー  
創設年 2013年
所属リーグ 千葉県社会人サッカーリーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 千葉県木更津市を中心とする内房地域および外房地域を含む房総半島全域
ホームスタジアム ローヴァーズドリームフィールド
運営法人 ローヴァーズ株式会社
代表者 日本の旗 カレン・ロバート
監督 日本の旗 佐藤陽彦[1]
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
ローヴァーズ株式会社
ROVERS LTD
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
292-0835
千葉県木更津市有吉932
木更津スポーツヴィレッジ
設立 2014年3月20日
業種 サービス業
法人番号 2011001099267
事業内容 サッカークラブの運営
代表者 カレン・ロバート
資本金 10,000,000円
従業員数 23名(パート・アルバイト含む)
関係する人物 カレン・ロバート(代表取締役)
倉林啓士郎(取締役)
外部リンク https://rovers.co.jp/corporate/
テンプレートを表示

概要編集

房総地域初のJリーグ参入と日本最高峰の育成型サッカークラブを目指して活動している。クラブ名のローヴァーズは「さすらう人々」の意である。クラブのスローガンは『Life is Challenge』 および『千葉県をサッカー王国に』である[2]

略歴編集

2013年3月、カレン・ロバート船橋市立船橋高等学校サッカー部の同期2名と共同でNPO法人ローヴァーズフットボールアカデミーを設立し、千葉県佐倉市白井市で幼児と小学生を対象としたサッカースクールの運営を開始した。2014年3月、ローヴァーズ株式会社を設立。

2015年2月22日、前年千葉県社会人サッカーリーグ3部4ブロックで優勝し2部に昇格したコラソン千葉トップチームを譲り受け、社会人チーム「ローヴァーズフットボールクラブ」を設立。3月2日にカレン・ロバートがオーナーに就任した[3][4]。千葉県リーグ2部2ブロックで優勝し、1部に昇格する。

2016年、ジュニアユースチームが活動開始。全国社会人サッカー選手権大会千葉県予選で準優勝という成績を収める一方、千葉県社会人サッカーリーグ1部では6位となった。

2017年と2018年シーズンはいずれも千葉県リーグ1部を4位で終えた。

2019年、千葉県木更津市を正式にホームタウンとし、これに伴ってクラブ名をローヴァーズFCからローヴァーズ木更津FCに改称した[5]。3月2日、吉田麻也がアンバサダー(校長)を務めるイングランドのサッカークラブ「ロンドンサムライローヴァーズFC」とクラブ間提携の締結を発表[6]。6月23日に木更津市営江川総合運動場陸上競技場がオープンし[7]、9月8日にローヴァーズ木更津FC初となるホームゲームを開催した[8]。2019年シーズンは全国社会人サッカー選手権大会千葉県予選で優勝し、関東大会に進出した一方で、千葉県リーグ1部では11位に終わった。本来なら2部との入替戦となる順位だが、VONDS市原Vert関東サッカーリーグ昇格により残留を果たす。

2020年、ホームタウンを内房地域および外房地域を含む房総半島全体に広域化し、クラブ名を房総ローヴァーズ木更津FCに改称した[9]。改称の理由についてオーナーのカレンは「木更津市のある東京湾沿岸の内房地域だけでなく、太平洋側の外房地域を含めた房総半島全体の地域活性化の役に立ちたくクラブ名の頭に房総を付け加えました」と説明している[10]。また、Jリーグのクラブでプレーしていた石堂圭太打越大樹JFLでのプレー経験がある鳥山祥之らが加入した。この年の千葉県リーグ1部は新型コロナウイルスの影響により2ブロックに分かれての開催となったが、Bブロック2位で関東社会人サッカー大会代表決定戦に進出するも、Aブロック1位のJSC CHIBAに0-2で敗れ残留となった。

2021年の千葉県リーグ1部は前年に引き続き2ブロックに分かれての開催となった。Bブロックで優勝を果たすと、Aブロック1位の市川SCとの優勝決定戦をPK戦の末に制し関東社会人サッカー大会に出場。しかし2回戦でヴェルフェ矢板に敗れ千葉県リーグ残留となった。

施設編集

2014年10月、千葉県木更津市イオンモール木更津の開業と同時にフットサルコート「ローヴァーズフットサルスタジアム木更津」がオープンした。

2018年7月21日、千葉県印西市BIGHOPガーデンモール印西内にサッカーとフットサルのコートを備えた多目的スポーツ施設「ローヴァーズスポーツパーク印西」をオープン。併せて地域住民と「地域づくりに特化した(サッカーをしない)サッカーチーム」の結成も発表した。地域課題の調査、可視化、課題改善プログラムの実施を目的とするプロジェクトである[11]

中学校跡地の活用編集

木更津市によって公募型プロポーザル方式により募集されていた「木更津市立中郷中学校跡地活用に係る事業者」にローヴァーズ株式会社として応募し、2019年1月24日に優先交渉権者に選定された[12][13]。同年4月16日に木更津市との間で基本協定が締結され[14]、翌2020年2月27日に契約締結式が行われた[15]。ローヴァーズのプロジェクトは「宿泊型総合スポーツ交流施設」及び「サッカーを中心としたスポーツクラブ事業」であり、統廃合によって2019年3月末で閉校した木更津市立中郷中学校の敷地を再利用し、LED照明付き人工芝サッカーグラウンドを整備するものである。2020年10月に『ローヴァーズドリームフィールド』として完成し、ホームグラウンドとして使用するとともに、一般への貸し出しも行っている。また、2021年からは旧校舎を宿泊施設として供用開始する予定である[16]

アカデミー編集

オランダAFCアヤックスをモデルとし、アカデミーからトップチームまで一貫したクラブ哲学を持たせて選手を育成するとしている。

  • 房総ローヴァーズ木更津FC U−18(ユース)
拓殖大学紅陵高等学校との提携により、2018年9月設立[17]
  • 房総ローヴァーズ木更津FC U−15(ジュニアユース)
2016年設立。
系列クラブとしてU-15印西を2019年4月設立。
  • 房総ローヴァーズ木更津FC U−12(ジュニア)
2020年設立。
  • 房総ローヴァーズ木更津FCレディースかずさ(レディースU-12)
2019年4月設立。

スクール編集

ローヴァーズ株式会社の施設がある木更津市印旛郡栄町茂原市でサッカースクールを運営している。

タイトル編集

リーグ戦編集

カップ戦編集

チーム成績編集

リーグ戦編集

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 得失差
2015 千葉県2部2ブロック 優勝 31 11 10 1 0 34 6 8
2016 千葉県1部 6位 19 13 6 6 1 28 37 -9
2017 4位 24 13 7 3 3 28 15 13
2018 4位 27 13 9 4 0 37 21 16
2019 11位 16 13 5 1 7 21 23 -2
2020 千葉県1部Bブロック 2位 12 6 4 0 2 14 7 7
2021 優勝 19 7 6 1 0 24 3 21

所属選手・スタッフ編集

2020年

ユニフォーム編集

ユニフォームスポンサー編集

ユニフォームサプライヤー編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ “2021シーズン TOPチーム新監督就任について” (プレスリリース), 房総ローヴァーズ木更津FC, (2021年1月8日), https://rovers.co.jp/club/2801/ 2021年1月28日閲覧。 
  2. ^ クラブ紹介”. 房総ローヴァーズ木更津FC. 2020年2月19日閲覧。
  3. ^ カレン・ロバートが千葉県2部「ローヴァーズFC」のオーナーに就任”. サッカーキング (2015年3月2日). 2020年2月19日閲覧。
  4. ^ カレン・ロバート (2015年3月2日). “就任”. 公式ブログ. 2020年2月19日閲覧。
  5. ^ a b “ホームタウン決定及びチーム名変更のお知らせ” (プレスリリース), 房総ローヴァーズ木更津FC, (2019年1月3日), http://rovers.co.jp/club/955/ 2020年2月19日閲覧。 
  6. ^ “ロンドンサムライローヴァーズとの提携締結のお知らせ” (プレスリリース), 房総ローヴァーズ木更津FC, (2019年3月2日), http://rovers.co.jp/club/1237/ 2020年2月19日閲覧。 
  7. ^ “木更津市営江川総合運動場陸上競技場オープニングイベント” (プレスリリース), 木更津市, (2019年6月23日), https://www.city.kisarazu.lg.jp/eventcalendar/kenko/sports/1004499.html 2020年2月19日閲覧。 
  8. ^ @roverskisarazu (2019年7月11日). "【初✨木更津市でのホームゲーム開催決定❗】" (ツイート). Twitterより2020年2月19日閲覧
  9. ^ “ローヴァーズ木更津FC・チーム名変更及びホームタウン追加のお知らせ” (プレスリリース), 房総ローヴァーズ木更津FC, (2019年12月18日), http://rovers.co.jp/club/1911/ 2020年2月19日閲覧。 
  10. ^ カレン・ロバート代表のチームが房総ローヴァーズ木更津FCに改名…来年は人工芝フルピッチ完成”. スポーツ報知 (2019年12月17日). 2020年2月19日閲覧。
  11. ^ 日本初!地域住民と「地域づくりに特化したサッカーチーム」を結成。 ローヴァーズスポーツパーク印西を拠点に地域課題の調査等を開始。”. ローヴァーズ株式会社 via バリュープレス (2018年7月17日). 2020年2月19日閲覧。
  12. ^ “「中郷中学校跡地活用に係る事業者」の優先交渉権者選定のお知らせ” (プレスリリース), 房総ローヴァーズ木更津FC, (2019年1月24日), http://rovers.co.jp/club/970/ 2020年2月19日閲覧。 
  13. ^ 優先権者にローヴァーズ/木更津市/中郷中学校の跡地活用/サッカー中心のスポーツクラブ”. 日刊建設タイムズ via 日本工業経済新聞社 (2019年1月24日). 2020年2月19日閲覧。
  14. ^ “木更津市立中郷中学校跡地活用に係る基本協定の締結について” (プレスリリース), 木更津市, (2019年4月16日), https://www.city.kisarazu.lg.jp/shisei/gyoukaku/management/1004405.html 2020年2月19日閲覧。 
  15. ^ “中郷中学校跡地活用事業の契約締結完了のお知らせ” (プレスリリース), 房総ローヴァーズ木更津FC, (2020年2月27日), http://rovers.co.jp/club/1996/ 2020年2月27日閲覧。 
  16. ^ カレン・ロバート代表の房総ローヴァーズ木更津FCに福島の石堂、北九州の打越ら元J戦士加入”. スポーツ報知 (2020年2月18日). 2020年2月19日閲覧。
  17. ^ カレン・ロバートが拓大紅陵サッカー部のTA就任!「日本サッカーの役に立てれば」”. スポーツ報知 (2018年8月22日). 2020年2月19日閲覧。

外部リンク編集