文學界』(ぶんがくかい)は、日本の文芸雑誌文藝春秋が発行する月刊誌で、文學界新人賞を主催する。文藝春秋の純文学部門を担う位置付けとされており、同社の『オール讀物』が大衆小説部門を担っているのと対をなす。 この『文學界』と、『新潮』(新潮社発行)、『群像』(講談社発行)、『すばる』(集英社発行)、『文藝』(河出書房新社発行、季刊誌)は「五大文芸誌」と呼ばれ、これらに掲載された短編中編芥川賞の候補になることが多い。

歴史編集

当初、1933年10月に文化公論社より創刊される。当初編輯同人は、豐島與志雄宇野浩二廣津和郎川端康成林房雄武田麟太郎小林秀雄の8名。のちには、深田久弥らが編輯同人に加わった。同社では1934年2月の第2巻2号まで刊行。この文芸誌の主な出版方針は、芸術至上主義であった。1934年6月に文圃堂書店から復活第1巻1号が刊行され1936年3月の復活第3巻3号まで続く[注釈 1][注釈 2][注釈 3]。続いて1936年4月の復活第3巻4号から同年6月の復活第3巻6号までを文學界社が刊行。ここで経営不振により、小林が菊池寛に相談。菊池の決定で文藝春秋旧社が雑誌に庇を貸すことに決まり、1936年7月の復活第3巻7号から文藝春秋社により刊行された。この時点では同人が編輯権を持ち、月1回編輯会議を開き、3ケ月交代で編輯当番を置いた。やがて、1937年3月から小林と河上徹太郎が常任編輯者となった[1][注釈 4]。しかし、1938年に、石川淳の「マルスの歌」を掲載したところ反戦意識を高めるという理由で発禁にされ、作者と該当号の編輯主任河上徹太郎も罰金を払うことになった。このとき、菊池寛が罰金を肩代わりしたのでその後、この雑誌は発行全体を文藝春秋が担うようになった。1940年4月小林が編輯委員を辞任する。1942年9月号、10月号に「近代の超克」座談会記事を掲載。1943年8月、経営編輯上の一切の責任が同人の手を離れて文藝春秋社に委ねられる[2]1944年4月、雑誌統合を命じられ、廃刊[3]

1947年6月、文學界社から再刊。これは1948年12月まで継続。1949年3月より文藝春秋新社により刊行。名義上はこれが1966年3月まで続き、1966年4月以降は、現在に至るまで「文藝春秋」が発行している[4]

1951年より「同人雑誌評」を継続してきたが、2008年12月号を以て最終回を迎えた[5]慶應義塾大学出版会発行の『三田文学』が「新 同人雑誌評」として引き継いだ[6]

歴代編集長編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 野々上慶一社長、式場俊三編集。河上徹太郎『西欧暮色―文学手帖』河出書房新社、1971年 p.198
  2. ^ 創刊以来担当してきた鍋井克之に代り1935年3月の復刊第2巻第3号より表紙作成に青山二郎を起用。題字の學の一字が文、界の二字より若干高く表示される。
  3. ^ 1936年1月、高齢の旧人、里見弴、宇野浩二、豐島與志雄、廣津和郎を排除して『文學界』同人の改組。断りに行く役は小林が果たした。新たに加入したのは、村山知義島木健作森山啓舟橋聖一阿部知二、河上徹太郎。江藤淳「小林秀雄論(完)」『聲』第10号 丸善、1961年 p.70、74
  4. ^ 1937年6月号に大岡昇平が「チャーチル『世界大戦』の書評」を発表。この頃、小林、河上は『文學界』を総合雑誌に近づけようという編輯方針を持っていた。大岡昇平『わが文学生活』中公文庫、1981年 p.81

出典編集

  1. ^ 河上徹太郎『西欧暮色―文学手帖』河出書房新社、1971年 p.198、江藤淳『小林秀雄』講談社文庫、1973年 p.266
  2. ^ 江藤淳『小林秀雄』講談社文庫、1973年 p.351
  3. ^ 堀内達夫「小林秀雄年譜」『文芸読本 小林秀雄』河出書房新社、1983年 p.265
  4. ^ [1] - 『国立国会図書館』雑誌詳細情報
  5. ^ 小山内伸「岐路に立つ「同人誌」――「文学界」での「評」打ち切りに」『朝日新聞』2008年11月11日付朝刊、第13版、第34面。
  6. ^ 三田文学|同人雑誌評

関連項目編集

外部リンク編集