文珍なぞなぞランド

文珍なぞなぞランド』(ぶんちんなぞなぞランド)は、1986年10月9日から1987年3月26日までテレビ朝日系列局で放送されていた朝日放送製作のクイズ番組である。

文珍なぞなぞランド
ジャンル クイズ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 朝日放送
出演者 桂文珍
マリアン
ほか
文珍・頭の新体操
放送時間 日曜 10:00 - 10:55(55分)
放送期間 1986年4月 - 1986年9月
文珍なぞなぞランド
放送時間 木曜 19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1986年10月9日 - 1987年3月26日
テンプレートを表示

本稿では、1986年4月から同年9月まで同系列局で放送されていた前身番組『文珍・頭の新体操』についても述べる。

目次

概要編集

『文珍・頭の新体操』時代には日曜10時台で放送されていたが、それから半年後に『文珍なぞなぞランド』と題してリニューアル。ゴールデンタイムである木曜19時台へ進出したが、それから半年後に番組は終了した。両番組ともに桂文珍が司会を、マリアンがアシスタントを務めていた。

『文珍・頭の新体操』時代の1986年8月、朝日放送では第68回全国高等学校野球選手権大会中継を優先しなければならなかったため、本番組を定時放送できない日が発生した。その際に朝日放送は、いったん試合当日における放送を休止し、別の同一系列局へ裏送りしてから、本来とは別の日時に振替放送する措置を取った。

放送時間編集

いずれも日本標準時

  • 日曜 10:00 - 10:55 (文珍・頭の新体操)
  • 木曜 19:30 - 20:00 (文珍なぞなぞランド)

問題構成編集

以下は『文珍なぞなぞランド』時代のもの。

番組前半では、小学生などが考案したなぞなぞ問題を中心に出題。正解すると5点を獲得できたが、関連性のある答えであれば部分点(1点 - 4点)が与えられることもあった。解答時には原則としてその理由も述べなければならず、正解の字幕でも理由が掲出されていた。

番組後半では、絵描き歌のコーナーと着ぐるみを使った一発芸のコーナーを実施。一発芸のコーナーが終了した時点で最も得点の多い解答者がトップ賞に輝いた。

  • 絵描き歌のコーナーでは、毎回奈良児童合唱団による「めだかの兄妹」の替え歌を絵描き歌として出題。最初は解答者に絵描き歌の内容に沿った模範解答を見せ、2回目で解答者が歌の内容に沿うイラストを描いた。模範解答通りの絵を描ければ5点を獲得でき、正解と全く違う絵であっても歌詞に沿った内容であれば部分点を獲得できた。
  • 一発芸のコーナーでは「一発逆転ギャグマッチ」と称し、毎回異なる着ぐるみが登場。解答者は思いついた順に挙手をして芸を行う、もしくはダジャレを言う。司会の文珍の判断によって1点から5点を与えられていた。

解答者席編集

『文珍・頭の新体操』『文珍なぞなぞランド』ともに、解答者席にはフルーツをかたどったユニークなテーブルが設置されていた。このテーブルのモチーフはそれぞれ洋なしイチゴメロンみかんスイカ(司会者席に近い順に列挙)で、洋なし・メロン・スイカの席には男性解答者が、イチゴ・みかんの席には女性解答者が座っていた。コント山口君と竹田君が出場した回では、山口が洋なしの席に、竹田がイチゴの席に座り、メロンの席には女性解答者が座っていた。

主な解答者編集

◇印は洋なし、▼印はイチゴ、△印はメロン、●印はミカン、□印はスイカの席に在任していたことを示す。

テレビ朝日系列 日曜10:00枠
前番組 番組名 次番組
生クイズだよ!日本全国 THE ビッグチャンス
(1984年10月21日 - 1986年3月30日)
文珍・頭の新体操
(1986年4月 - 1986年9月)
世界名画の旅
(1986年10月5日 - 1987年9月27日)
※10:00 - 10:30
竹村健一の食卓外交
(1986年10月5日 - 1987年6月28日)
※10:30 - 10:55
テレビ朝日系列 木曜19:30枠
さんまのゴメンねわがままで
(1986年4月 - 1986年9月)
文珍なぞなぞランド
(1986年10月9日 - 1987年3月26日)
ディズニー劇場 ガミー・ベアの冒険
(1987年4月9日 - 1987年9月17日)