松居直美 (タレント)

日本の女性タレント、歌手、女優

松居 直美(まつい なおみ、1968年1月14日 - )は、日本タレント歌手女優ものまねタレントゴールデンミュージックプロモーション所属。

まつい なおみ
松居 直美
本名 松居 直美
別名義 岡山 直美(結婚当時の本名)
生年月日 (1968-01-14) 1968年1月14日(53歳)
出生地 日本の旗 日本茨城県筑波郡(現:つくば市
身長 159cm[1]
血液型 B型
職業 タレント
歌手
女優
ものまねタレント
ジャンル テレビ番組
テレビドラマ
舞台
活動期間 1982年 -
配偶者 独身(離婚歴あり)
テンプレートを表示

来歴編集

1968年1月14日茨城県筑波郡(現:つくば市)に生まれる。「直美」という名前は、歌手佐良直美にあやかりつけられた名前である[注釈 1]。小学校6年生の時に実家がペットショップを経営していたが、隣の家が肉屋であったため、1年で閉店を余儀なくされた。

中学2年生で『歌まね振りまねスターに挑戦!!』(日本テレビ)に出演。そのまま芸能界スカウトされ、谷田部町立高山中学校(現:つくば市立高山中学校)在学中の1982年に『電話のむこうに故郷が』で歌手デビューする。

もともとアイドル演歌歌手だったが、『欽ドン!良い子悪い子普通の子』(フジテレビ)のコーナー「良いOL・悪いOL・普通のOL 」で「普通のOL」役に起用され、素人っぽさの残る動きや茨城訛り、アドリブのやり取りなどがお茶の間に浸透する。コーナーも出演者も瞬く間に人気となり、OL役3人で「よせなべトリオ」を結成してレコードデビューまで至る。

「よせなべトリオ」のデビュー曲『大きな恋の物語』はオリコンで最高位8位・16万枚を越すヒットを記録。歌番組に出演する機会もあったが、松居はデビュー当時中学3年生であったため[注釈 2]、生放送の番組に出演することはなかった。ただし、「よせなべトリオ」の生田悦子小柳みゆきの2人が生出演し、松居がVTRで出演することは幾度かあった。

明治大学付属中野高等学校定時制中退後、東海大学付属望星高等学校へ進学したが中退する。

ものまね王座決定戦』(フジテレビ)では得意のモノマネを生かし、松本明子斉藤ルミ子・しじみとさざえ(篠塚満由美松下桂子)とともに「女四天王」と呼ばれた(定番は坂本冬美石川さゆり都はるみなど)。

1994年6月声帯ポリープ摘出手術のため入院する。当時レギュラー司会を務めていた『おそく起きた朝は…』(フジテレビ)は収録日の都合から休まず出演できた。私生活では1995年にフジテレビのものまね番組などでADを務めていた男性と結婚し、1男(1996年 - )をもうけたが、教育方針の対立により2003年に離婚している[2][3]

2004年、自身をモチーフにした『CR松居直美』なるパチンコ台が藤商事からリリースされる。2014年には自身初となる料理本『可愛い料理』を朝日出版社から出版した。2016年に開設したオフィシャルブログでは自身の更年期障害や息子の不登校の経験などを率直に綴り、多くの読者の共感を得ている[4]

人物編集

  • ドリフ大爆笑』(フジテレビ)に度々ゲストで出演した際はいわゆる三枚目女の子キャラという扱われ方が多く、志村けんがコーチ役に扮した部活コントでは石川秀美と比較されることが多かった。
  • TBS系の人気番組『クイズダービー』に度々ゲスト回答者として出演したが、勝率は1割台(1勝7敗ペース)とあまり成績はよくなかった。
特に3回目のゲスト出演(第698回、1989年7月15日放送分)となった際の最終問題「高校生が自分達で企画したい学校行事第1位は何?」で、松居は北野大と同様「テスト」と解答して不正解[注釈 3]。その後司会の大橋巨泉が、不正解の二人に思わず「バカじゃないの!」とけなした直後、その発言にキレた松居は「面と向かって『馬鹿』とは何ですか!?」と怒り口調で反論。巨泉は思わず苦笑いしながら「第2の(片岡)鶴太郎ですね...」と、松居に対して申し訳なさそうに巨泉は反省していた[注釈 4]
  • 1986年末、温泉旅館で行われた芸能人忘年会の番組収録後、不適切な言動があったとして和田アキ子から出演者一同の前で厳しく叱責された[注釈 5]
  • ピースのボケ担当又吉直樹のファンである[5]
  • 1990年代半ばからイチローと親交がある[6]
  • はやく起きた朝は…』(フジテレビ)で長年共演している磯野貴理子森尾由美とプライベートでも親交がある。とりわけ磯野とは親友同士で、磯野が交際相手の一般人男性と破局危機を迎えた際には「好きなら別れることないよ」とアドバイス。結果、磯野は破局を思い留まり、2012年9月にその男性と再婚した[7][8]2019年5月に『はやく起きた朝は…』で磯野が男性との離婚を報告すると、顔を両手で覆って号泣し、磯野に対して「あたしたちが一生、面倒見ますから」と告げた[9]

ものまねレパートリー編集

出演編集

テレビ番組編集

テレビドラマ編集

映画編集

舞台編集

CM編集

著書編集

  • 可愛い料理(2014年4月8日、朝日出版社、ISBN:978-4255007724)

音楽編集

  • 松居が出演した『まんがどうして物語』(TBS)で本人が歌ったオープニングテーマ『バビブベBOY』は、2013年現在もCD化されていない(A面曲に収録されているエンディングテーマはCD化済み)。

シングル編集

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
フィリップス・レコード
1 1982年
2月25日
A面 電話のむこうに故郷が 武田鉄矢 小林亜星 斉藤恒夫 7PL-68
B面 夕焼け たきのえいじ
2 1983年
3月3日
A面 微妙なとこネ 売野雅勇 井上大輔 7PL-113
B面 涙色のまま
3 1983年
7月25日
A面 あンあン渡り鳥 吉岡治 市川昭介 斉藤恒夫 7PL-127
B面 母子草
4 1983年
11月21日
A面 兄さん 杉紀彦 井上大輔 中村暢之 7PL-140
B面 純潔だ・も・の 篠塚満由美 馬場孝幸
5 1984年
3月1日
A面 ギザギザハートの子守唄[12] 康珍化 芹澤廣明 入江純 7PL-152
B面 (カラオケ) -
6 1984年
4月25日
A面 恋は御知合い! 篠塚満由美 山本次郎 7PL-154
B面 バビブベBOY 古田喜昭 勝山俊一郎
7 1984年
10月25日
A面 ちんぴら 甲斐よしひろ 入江純 7PL-176
B面 おちこぼれ数え唄 篠塚満由美 馬場孝幸
日本コロムビア
8 1985年
9月1日
A面 おとうさん いではく 遠藤実 只野通泰 AH-642
B面 ふるさとはふれあう町 森岡賢一郎
9 1985年
12月1日
A面 Starship Blue〜夢エネルギー〜 吉元由美 芹澤廣明 馬飼野康二 AH-689
B面 心の中の楽園
10 1986年
6月21日
A面 TALK TO ME[13] 内藤綾子 M.Ross
R.Ross
戸塚修 AH-750
B面 BIT BY BIT[14] H.Faltermeyer
F.Golde
11 1988年
2月21日
A面 もう泣かないで 阿久悠 三木たかし 若草恵 AH-907
B面 花一輪 三木たかし
12 1989年
10月21日
A面 からかわないで 杉本真人 若草恵 TD-1249
B面 勝手じゃないの
東芝EMI
13 1992年
2月21日
01 その名は太郎 下地亜記子 水森英夫 前田俊明 TODT-2962
02 燃えてドドンパ
14 1995年
1月18日
01 乳白色のプリズム[15] 島武実 宇崎竜童 藤原いくろう TODT-3410
02 わかって 京えりこ 小笠原寛 矢野立美
その他の名義のシングル
# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
よせなべトリオ 名義[16]
1 1982年
8月5日
A面 大きな恋の物語 島武実 佐久間正英 7K-72 (FL盤)
7PL-94 (PH盤)
B面 よせなべ行進曲
森の磯松 名義[17]
1 1997年
11月19日
01 Happy Line とみたきょうこ 中山加奈子 山川恵津子 PCDA-1016
2 1999年
3月17日
01 おそく起きた朝… 森の磯松 門司肇 PCDA-1144
増位山太志郎&松居直美 名義
1 2012年
7月25日
01 秘そやかに華やかに 建石一 徳久広司 池多孝春 TECA-12363
02 だから今夜は… 初信之介 竜崎孝路
2 2013年
7月17日
01 男と女のオルゴール 建石一 徳久広司 池多孝春 TECA-12459
山本譲二&松居直美 名義
1 2021年
4月21日
01 事実は小説よりも奇なり 綾小路翔 木内健 TECA-21017
02 酔えないお酒もいいじゃない 北爪葵 恩田涼平 周防泰臣

アルバム編集

オリジナル・アルバム編集

タイアップ曲編集

楽曲 タイアップ
1984年 バビブベBOY TBS系テレビアニメ「まんがどうして物語」オープニングテーマ
恋は御知合い! TBS系テレビアニメ「まんがどうして物語」エンディングテーマ
1985年 Starship Blue〜夢エネルギー〜 TBS系テレビアニメ「まんがどうして物語」オープニングテーマ
心の中の楽園 TBS系テレビアニメ「まんがどうして物語」エンディングテーマ
1986年 TALK TO ME TBS系テレビドラマ「天使のアッパーカット」主題歌

NHK みんなのうた編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 1968年から4年間、親が子供につける名前ナンバーワンであった。
  2. ^ 18歳未満の者の21時以降の就業を禁じた労働基準法の従来規定に抵触していたため。
  3. ^ 松居の倍率は18倍。北野は2チームから指名されたものの減点させた。
  4. ^ 正解は「修学旅行」で、井森美幸はらたいら竹下景子の三人が正解。井森のみ指名あり。ちなみに片岡鶴太郎も過去にゲスト出演の時、巨泉に貶され続けて腹立たしい思いをしたという
  5. ^ 次のようなやりとりがあったという。「事務所はどこ?」「……ゴールデンミュー……」「なに声が震えてんだよ!」「……」「その事務所の社長って誰?」「ホリプロさんに以前いました」「ってことは、あたしはあんたの」「大先輩です!」「だろ? だろ? ……だぁろっ?!」「……」「そんな大先輩のあたしが、あんたみたいなのにタメ口叩かれる屈辱がわかるかよっ!!」「……(土下座)」

出典編集

  1. ^ 松居 直美-フジテレビ
  2. ^ “松居直美さんが離婚”. 47NEWS. (2003年4月10日). http://www.47news.jp/CN/200304/CN2003041001000551.html 2012年9月21日閲覧。 
  3. ^ “松居直美、涙、涙の離婚会見… 苦しい決断を吐露”. ZAKZAK. (2003年4月12日). http://www.zakzak.co.jp/geino/n-2003_04/g2003041205.html 2012年9月21日閲覧。 
  4. ^ “[タレント 松居直美さん](上)貧血と思ったら「更年期」 冷えと不安に悩まされ…毎日、筋肉痛になる運動で乗り越える!”. 読売新聞 yomiDr. (ヨミドクター). (2019年5月3日). https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190425-OYTET50005/ 2019年5月31日閲覧。 
  5. ^ 2012年7月22日放送 『ずっと起きていた朝は…』(フジテレビ)より
  6. ^ “イチと20年近く親交…松居直美「友人として感動した」”. スポーツニッポン. (2012年7月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/07/25/kiji/K20120725003753140.html 2012年9月21日閲覧。 
  7. ^ “貴理子が再婚語る 破局危機あった”. 日刊スポーツ. (2012年9月4日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120904-1011470.html 2012年9月21日閲覧。 
  8. ^ “破局危機乗り越え…磯野貴理子 24歳下カレと再婚、生放送で報告”. スポーツニッポン. (2012年9月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/09/04/kiji/K20120904004042070.html 2012年9月21日閲覧。 
  9. ^ “磯野貴理子2度目離婚報告「自分の子供がほしいと」”. 日刊スポーツ. (2019年5月19日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120904-1011470.html 2019年5月31日閲覧。 
  10. ^ 2013年2月1日放送回を以て卒業。
  11. ^ “松居直美、同年代の“座長”福山雅治は「お肌がとてもキレイで驚きました(笑)」”. ザテレビジョン. (2019年5月24日). https://thetv.jp/news/detail/191028/ 2019年5月31日閲覧。 
  12. ^ チェッカーズの同名曲のカバー。
  13. ^ Quarterflashの同名曲の日本語カバー。
  14. ^ Stephanie Millsの同名曲の日本語カバー。
  15. ^ 柏原芳恵の同名曲のカバー。
  16. ^ 松居と、生田悦子小柳みゆきの3人によるユニット。
  17. ^ 松居と、磯野貴理子森尾由美の3人によるユニット。

関連項目編集

外部リンク編集