メインメニューを開く

新東洋企業株式会社しんとうようきぎょう)は1957年東京都品川区旗の台に設立された自動車輸入販売・不動産などを手がける企業。創業者は宋尚桓(ソン・ショウカン)。現在の本社は東京都港区赤坂4丁目9番25号(新東洋赤坂ビル)に所在。なお、かつての旧赤坂表町(現:赤坂4丁目)にもショールームと工場があった。

新東洋企業株式会社
Shintoyo Enterprises
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
107-0052
東京都港区赤坂4丁目9番25号
新東洋赤坂ビル2F
設立 1957年
業種 小売業
法人番号 9010401020166
事業内容 自動車・自動車部品の輸入・販売・整備、不動産賃貸等
従業員数 40名
外部リンク http://shintoyoenterprises.com/
テンプレートを表示

概要編集

1957年に英国BLMC社ジャガーローバートライアンフMGミニ)の輸入総代理権を取得した。 自動車部の当初の取り扱い車種はジャガー・フェラーリプジョーマセラティで、後にデイムラーサーブランボルギーニも扱うようになる。1970年にはBLMC社の輸入販売総代理店として、総合商社・丸紅と合弁で新東洋モータース株式会社を設立、ジャガー・デイムラーの販売をモータースに移管、ローバーの取り扱いも開始した。その後、プジョーとサーブの輸入代理権は西欧自動車及びその後進の西武自動車販売に譲渡、ランボルギーニとマセラティの扱いも中止し、BLMC社(1975年にBL社に改称)の車の販売に専念する。

1977年にはBL社が日本子会社日本レイランドにおいて直接輸入を開始したため、輸入総代理権を返上し、神奈川県横浜市神奈川区に移転、日本レイランド、オースチン・ローバー・ジャパン、ジャガーの分社後はジャガー・ジャパンの神奈川県正規販売店として事業を継続している。

1988年には横浜市神奈川区に「ジャガー横浜」ショールームを開設。また、1997年にも神奈川県藤沢市に「ジャガー湘南」を開設したが、こちらについては現存しない。

2002年に当時、ジャガー同様フォード傘下にあったアストンマーティンの輸入販売権を取得。赤坂の本社ビル(新東洋赤坂ビル)1階をアストンマーティンショールームに改装し、2003年より「アストンマーティン赤坂」として営業を開始する。しかし2017年、日本での販売戦略見直しに伴い、ディーラー権を返上し同年6月30日付で閉店した。

2013年にはランドローバーレンジローバーの取扱いも開始したため、前述の横浜市神奈川区のショールーム「ジャガー横浜」を「ジャガー・ランドローバー横浜」に改称している。さらに2015年、同ショールームが横浜みなとみらい地区MUFG グローバルラーニングセンター」の建物内1階に移転して、リニューアルオープンとなった[1]。なお、神奈川区の旧ショールームは同ブランドのアプルーブドカー(中古車販売)センターとして引き続き運営されている。

かつて、自動車事業部門は新東洋モータース・新東洋・新東洋整備など、不動産事業部門は東邦土地建築に分かれていたが、現在は新東洋企業に集約されている。

運営ショールーム編集

  • ジャガー・ランドローバー横浜(神奈川県・横浜みなとみらい地区「MUFG グローバルラーニングセンター」内1階)

参考情報編集

脚注編集

外部リンク編集