メインメニューを開く

新瀬戸駅

日本の愛知県瀬戸市にある名古屋鉄道の駅

新瀬戸駅(しんせとえき)は、愛知県瀬戸市東横山町にある名古屋鉄道瀬戸線である。駅番号はST18

新瀬戸駅*
南口(2018年6月)
南口(2018年6月)
しんせと
SHIN SETO
ST17 水野 (0.7km)
(0.7km) 瀬戸市役所前 ST19
所在地 愛知県瀬戸市東横山町64
駅番号 ST  18 
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 瀬戸線
キロ程 18.7km(栄町起点)
駅構造 地上駅橋上駅舎
ホーム 相対式 2面2線
乗車人員
-統計年度-
5,428人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1927年(昭和2年)2月1日
乗換 愛知環状鉄道線瀬戸市駅
備考 終日駅員配置
改称経歴
  • 1935年 横山駅 → 尾張横山駅
  • 1971年 尾張横山駅 → 新瀬戸駅
テンプレートを表示
北口

瀬戸市内にある鉄道駅で1日での乗降客が最も多い駅である。

瀬戸市の中心市街地は古くから尾張瀬戸駅周辺であったが、近年は当駅周辺に新たな市街地が形成されつつある。

目次

歴史編集

駅構造編集

相対式2面2線ホームを持つ地上駅で、橋上駅舎を有している。終日有人駅で、自動券売機、自動改札機、LED簡易列車案内、エレベーターなどの設備がある。

番線 路線 方向 行先
1 ST 瀬戸線 下り 尾張瀬戸方面[5]
2 上り 栄町ゆき[5]

愛知環状鉄道愛知環状鉄道線 瀬戸市駅と一体となったバリアフリー対応工事が進められている。2010年平成22年)3月現在、エレベーター2基と多機能トイレの設置、誘導用ブロック、点字などの整備・改善が行われている。また、2009年度以降、愛知県や瀬戸市が、市役所や公立陶生病院などを含む周辺一帯において、道路の段差や傾斜などを解消する工事を行うことになっている。[6]

配線図編集

新瀬戸駅 構内配線略図

尾張瀬戸方面
 
大曽根・
栄町方面
凡例
出典:[7]


利用状況編集

  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は10,438人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中33位、瀬戸線(20駅)中5位であった[8]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は11,092人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中37位、瀬戸線(19駅)中6位であった[9]
  • 瀬戸市統計書によると、当駅の一日平均乗車人員は以下の通り推移している。

駅周辺編集

かつて南口側に名鉄パレ(現パレマルシェ)があったが、現在は取り壊されてマンションが建っている。

路線バス編集

新瀬戸駅 (名鉄バス)

  • 1番のりば
    • 瀬戸北線 陶生病院前・瀬戸駅前経由 しなのバスセンター・上品野行き
    • 東山線 陶生病院前・瀬戸駅前経由 菱野団地行き
  • 2番のりば
    • 水野循環線 水野団地・中水野駅・上水野経由 新瀬戸駅行き循環
      • 午前は上水野先回り、午後は水野団地先回り。
    • みずの坂線 北みずの坂経由 中水野駅行き
  • 3番のりば
    • 降車場
  • 4番のりば(路上)
    • 東山線 新開地・瀬戸駅前経由 菱野団地行き(土曜・休日のみ運行)10月1日に廃止予定

バスターミナル内1〜3番のりばは元はジェイアール東海バスの停留所であり、2009年に瀬戸北線・水野循環線が名鉄バスに路線譲渡された際に移管された。同時に、停留所名が「瀬戸市駅」から名鉄の駅名に合わせて「新瀬戸駅」に改称された。4番のりばは元から名鉄バスの停留所である。

瀬戸市駅(ジェイアール東海バス)

名鉄バスの新瀬戸駅2番のりばに併設されている。

隣の駅編集

名古屋鉄道
ST 瀬戸線
急行・準急・普通
水野駅(ST17) - 新瀬戸駅(ST18) - 瀬戸市役所前駅(ST19)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 鉄道省 編 『鉄道停車場一覧 昭和12年10月1日現在』p.308 川口印刷所出版部 1934年 国立国会図書館デジタルコレクション
  2. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編)『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、1030頁。
  3. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編)『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、1058頁。
  4. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編)『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、1068頁。
  5. ^ a b 駅時刻表:名古屋鉄道・名鉄バス、2018年2月24日閲覧
  6. ^ 名鉄の広報紙「Wind」、中日新聞2009年2月27日付記事
  7. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
  8. ^ 名鉄120年史編纂委員会事務局(編)『名鉄120年:近20年のあゆみ』名古屋鉄道、2014年、160-162頁。
  9. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編)『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、651-653頁。

関連項目編集

外部リンク編集