諏訪野しおり

新田まゆみから転送)

諏訪野 しおり(すわの しおり、1971年8月13日 - )は、神奈川県出身のロリータアイドル。諏訪野詩織若葉しをり新美みのり新田まゆみ白川綾音という名前でも活動していた。

すわの しおり
諏訪野 しおり
プロフィール
別名義 新美茂子(本名)
諏訪野詩織
若葉しをり
新美みのり
新田(あらた)まゆみ
白川綾音
生年月日 1971年8月13日
現年齢 48歳
出身地 神奈川県横浜市
血液型 AB
瞳の色 ダークブラウン
毛髪の色 ブラック
公称サイズ(1989時点)
身長 / 体重 157 cm / kg
スリーサイズ 78 - 60 - 85 cm
活動
ジャンル グラマー(グラビアアイドル)
モデル内容 一般・ヌード
他の活動 女優
事務所 ヒラタオフィス(1989当時)
モデル: テンプレート - カテゴリ

この中で最も名声の高かった時代が「諏訪野しおり」時代で、整った顔立ちと少女体型(まだ完全ではないくびれ、しなやかな肢体)、膨らみ始めた硬いつぼみで男性ファンの心をつかんだ。1984年の最初の写真集『君はキラリ』(略称「君キラ」[1][2])が10万部を超える大ヒットを記録。

経歴編集

生い立ち編集

1971年8月13日[3]、神奈川県[4]横浜市に生まれる(同年6月13日、長野県生まれとする資料もある[5])。本名:新美茂子[6]。妹が一人いる。小学校時代は健康的なスポーツ少女で、男の子に混じっての泥んこだらけ生活を送る[7]

神奈川県立横浜翠嵐高等学校入学[8]1991年の時点で都立高校に在籍とする資料もある[9]

キャリア編集

幼少期より劇団に所属。在籍中にスカウトされたのが芸能界入りのきっかけ。

  • 新美茂子として(1984年9月ころ)

1984年9月、単発ドラマ『女殺油地獄』に出演。

  • 諏訪野しおりとして(1984年10月ころ[10] - 1985年5月ころ[11]

1984年10月、写真集『君はキラリ』、1985年1月、同名のビデオをリリース。これらは

もうロリコンなんで言わせない! 思わずそう叫びたくなるほど、この写真集は出来が良い。モデルの性熟度、フェースの可愛らしさはもちろん、アングルやポーズもキマっている。一部のマニアの独占物にしておくには、あまりにももったいないのだ — [7]
スタンリー・キューブリック監督の)ロリータの美しさに負けないしおりちゃんだけど、素顔の彼女は小学6年生の女の子そのもの。夢中になって遊ぶ姿は,どこにでもある風景だ。ところが、いったん撮影となると、どことなく表情に変化が起こる。少女の中に“オンナ”が見えはじめるのだ。12歳にして、すでに、“オンナ”を意識し、男たちを惹きつける。その方法を、彼女はもう身につけているのだろうか…。その彼女に今度はビデオでお目にかかれる。画面いっぱいに天使のような笑顔がこぼれる — [12]
外気に触れず、固く閉ざされたつぼみはまるで宝石のごとく…(略)澄んだ瞳、はねっ返るような小麦色の肌、かわいい口唇、マシュマロのようなお尻。こんな可愛い娘を一体どこから見つけてくるのだろうか? — [13]

などと絶賛された。

君はキラリ』は、織絵加南子の『心の色』、早見裕香の『不思議の国の少女』と並び、「英知三部作」と称された[1][14]

『君はキラリ』が出版された1984年は、英知三部作を含むロリータ作品が大量にリリースされるブーム絶頂期だったが、彼女の場合実績らしい実績が写真集とビデオ各1点というのは意外とする記事もある[15]。しかし、当時のロリータの中には、1点の作品で注目を集めながらフェードアウトする者も少なくなかった[14]

1985年1月、新美みのり名義で雑誌のグラビアに出る[16]

  • 若葉しをりとして(1985年8月ころ[17] - 1987年7月ころ[18]

1985年8-9月、ドラマ『もしも学校が』にレギュラー出演。悪役として演技は好評を博し、ファンも多かった。

1986年新藤兼人監督の『落葉樹』に出演。自身初の映画出演である。新藤監督は若葉しをりの芸名の名付け親。主人公の回想シーンに登場する少女役を演じ、蒼い果実は自ら皮を剥き、上半身だけとは言え白くて瑞々しい中身を披歴した。彼女の中身を観賞できるのは『君はキラリ』(写真集/ビデオ)および本作だけである。

1987年1月、『セーラー服反逆同盟』の「第14話:フォーカスの罠!<秘>写真の恐怖」に出演。

1987年7-8月、ドラマ『母さんと呼びたい』に出演。離婚した父親と祖母と3人で暮らす女子中学生役で、父親の再婚話をめぐる話。主役(小林千登勢とダブル主演)を務めあげた[15]

若葉しをりとして活動していた当時は、諏訪野しおりと同一人物であることは公表されていない[15]

  • 新田まゆみとして(1988年3月ころ[19] - 1990年1月ころ[6]

高校進学の時期と重なるとして[14]若干の休業期間を経たのち、新田まゆみの名で再デビューする。

1988年12月、諏訪野しおり時代の少女ヌードも含む写真集『1500日のネットワーク』をリリースする。17歳の新田はヌードにならなかったものの、過去の「諏訪野」も「若葉」も自分であったことを告白している(雑誌に手書きのメッセージを寄せている[20])。ビデオ『愛の贈り物』の中で、「昔の写真を見ると恥ずかしいし、嫌だなとも思う。はっきり言って少し後悔はしている。しかしあれがなかったら今の私はいないかもしれない。今は新田として頑張っている」と語る[21]。書籍『アイドルが脱いだわけ』では、1989年に『スワンの涙』でレギュラー脇役を得たときの話として、新田と親しかった越智静香が証言を残している:「新田もね、頑張ってるから。彼女、この作品に賭けてるんですよ」「(ロリータ写真集を)はっきり言って少し後悔しているが、「諏訪野しおり」なしには今の自分もないのだから、これからは新田まゆみで頑張る」。しかし、過去をひっくるめて再出発した姿勢があだになる。同書によれば「ロリータヌード出身という色眼鏡を世間に与えただけだったように思う」。さらにタイミングが悪いことに1989年、東京・埼玉連続幼女誘拐殺人の容疑者が検挙される。同事件によってロリコンのイメージが非常に悪化、「健全であることを建前とする「アイドル」にとって「ロリコン」と結びつけられることはきわめて都合の悪いことになった・・・気がつけば、新田まゆみの姿は消えていた」、「(彼女は)最初から克服しようのないハンディを背負わされていた」と記す[22]

1988年12月、法務省・博報堂制作による教育広報映画『三番線の約束』に主演、共演は松下一夫で、まだ20代の今関あきよし監督作品であった。映画の内容は、少年と少女が人々との出会いの中で更生するという、明るい社会を築くための非行防止教育フィルム。教育センターなどで貸し出している[23]

1989年4-9月、『スワンの涙』に出演する(最後のレギュラー出演作)。当時人気絶頂だった宮沢りえに食われてさほど話題にならなかった。

1989年9月、加藤哲監督の『グッドバイ』に出演。森田童子の暗い歌が流れるなか、70年代学生運動で挫折してゆく青年が愛を探す話。

1989年12月、『勝手にしやがれヘイ!ブラザー』に出演。確認可能な最後のドラマ出演。

  • 白川綾音として(1991年3月ころ[9]

事務所を移籍し白川綾音と名乗る[24]。この時期の詳細不明[14]

  • 新美茂子として(1992年11月ころ[25]

1992年、雑誌『DIME』に本名の新美茂子で登場。確認可能な最後の仕事[24]

人物編集

血液型はAB型[3](A型とする記事もあり)。公表された体形は12歳時で身長143cm、体重31kg、B69-W58-H??[5]、14歳時で身長150cm、体重35kg、B67-W58-H68cm[16]。17歳時で身長157cm、B78-W60-H85cm[4]

趣味は卓球と音楽鑑賞[4]。好きな食べ物はケーキ[3]。尊敬する人物は今井美樹[19]

フィルモグラフィ編集

ビデオ編集

  • 『君はキラリ』(1985年1月、宇宙企画)※諏訪野しおり名義
  • 『ファンレター 新田まゆみ』<美少女Hi-Fi写真館 Vol.6>(1989年6月30日、英知出版。ISBN 4-7542-8706-1)※新田まゆみ/諏訪野しおり名義
  • 『愛の贈りもの』(1994年1月10日、英知出版。ISBN 4-7542-6913-6)※新田まゆみ/諏訪野しおり名義。出演:牧本千幸、藤森真奈、小野由美、青田亜希子、高橋えつ子、小森愛、三崎知寛、河合美果、渡辺由架、小松美幸、前薗小百合、小峰佳世、秋山エミ、白石ひとみ、あいだもも、北原志穂、角松かのり、稀崎優、沢田奈緒美、麻生ひろみ

映画出演編集

  • 新藤兼人監督『落葉樹』(1986年 丸井工文社)※若葉しをり名義[26]
  • 今関あきよし監督『三番線の約束』 (1988年12月12日、ディレクターズ・カンパニー&博報堂)※新田まゆみ名義[27]
  • 加藤哲監督『グッドバイ』(1989年9月9日、シネマ・パラダイス)※新田まゆみ名義[28]

テレビ出演編集

出版編集

写真集編集

  • 前場輝夫『君はキラリ』(1984年10月20日、英知出版)※諏訪野しおり
  • 前場輝夫・藤田圏生『1500日のネットワーク』(大海賊特別編集)(1988年12月25日、英知出版)※新田まゆみ名義
  • 鯨井康雄『METAMORPHOSE』(1989年9月30日、近代映画社)※新田まゆみ名義
  • 『ロリータ・スクランブル』(1985年4月20日、英知出版)※オムニバス

関連書籍編集

  • 宝泉薫 (編集)『アイドルが脱いだ理由(わけ)―あの日、あの時、"彼女たち"はなぜ決心したのか!? 』宝島社<別冊宝島Real>、2001年
第2章に「性器を見せた子供たち。諏訪野しおり、織絵加南子、早見裕香」「過去からの逆襲。宮崎勤に消された新田まゆみ」の節がある
  • 森山真弓 (編集)『よくわかる児童買春・児童ポルノ禁止法』ぎょうせい、1999年
  • 園田寿, 曽我部真裕et.al『改正児童ポルノ禁止法を考える』日本評論社、2014年10月17日
  • 香月真理子 『欲望のゆくえ 子どもを性の対象とする人たち』 朝日新聞出版、2009年。ISBN 978-4-02250501-9
  • 川本耕次『ポルノ雑誌の昭和史』筑摩書房、2011年。ISBN 4-48006631-4
  • 『アリス・クラブ増刊 Milk Club』 (1992年、白夜書房)
1992年時点までのロリコンブームの全貌が一望できる
少女愛についての総合的な考察
  • 一橋文哉『宮﨑勤事件—塗り潰されたシナリオ—』新潮社<新潮文庫>、2003年9月1日。ISBN 978-4-10-142624-2
  • 鈴木伸元『加害者家族』幻冬舎新書、2010年11月27日。ISBN 978-4-344-98194-2

出典編集

  1. ^ a b 斉田石也「少女写真集大図鑑」『カメラボーイ』第7巻第7号、少年出版社、1990年5月10日、 59頁。
  2. ^ 斉田石也「夢の中の少女たち 伝説の少女ブームを誌上再現!!」『セーラーメイトDX』第3巻第3号、東京三世社、1992年3月1日、 78-81頁。
  3. ^ a b c 「少女が「オンナ」に変わる時…」『デラべっぴん』第5巻第1号、英知出版、1989年1月1日、 57-60頁。
  4. ^ a b c 「1500日後の、わたし」『週刊プレイボーイ』第24巻第1号、集英社、1989年1月1日、 23-26頁。
  5. ^ a b 前場輝夫「サイパンの風・12歳の詩」『べっぴん』第1巻第4号、英知出版、1984年11月1日、 96, 117-120。
  6. ^ a b 鯨井康雄「単色的写真館」『すっぴん増刊・NEW IDOL COLLECTION』、英知出版、1990年1月20日、 78-80頁。
  7. ^ a b 「ADAM's eye:12才の君は、いまキラキラに光って…」『週刊宝石』第4巻第46号、光文社、1984年11月30日、 9頁。
  8. ^ 「あれから4年、成熟した17歳の私を見せます」『週刊ポスト』第20巻第48号、小学館、1988年12月9日、 253頁。
  9. ^ a b 「女子高生7人の卒業記念「水着アルバム」」『週刊現代』第33巻第13号、講談社、1991年3月30日、 238-239頁。
  10. ^ 前場輝夫「サザンクロス見つけた。瞳の中に…12歳」『週刊プレイボーイ』第19巻第42号、集英社、1984年10月9日、 23-27頁。
  11. ^ 「性風俗最先端 今、ロリータに熱視線」『アクションカメラ』第4巻第5号、ワニマガジン社、1985年5月1日、 67-69頁。
  12. ^ 「無邪気さの中に、キラット『女』。」『ビデオボーイ』第1巻第9号、英知出版、1985年1月1日、 67-70頁。
  13. ^ 「今月の新作ビデオ なんでもNo.1! 美少女No.1」『ビデオ・エックス』第2巻第13号、笠倉出版社、1985年5月1日、 70頁。
  14. ^ a b c d 斉田石也「夢の中の少女たち 伝説の少女ブームを誌上再現!!」『セーラーメイトDX』第3巻第12号、東京三世社、1992年12月1日、 66-69頁。
  15. ^ a b c 斉田石也「その後の諏訪野しおり大研究」『Alice Club』第3巻第4号、白夜書房、1992年7月1日、 18-22頁。
  16. ^ a b 鶴田義久「化粧の妹」『週刊ヤングジャンプ』第7巻第4号、集英社、1985年1月17日、 275-279頁。
  17. ^ 「「もしも、学校が…!?」シナリオ」『週刊テレビ番組』第12巻第31号、(株)東京ポスト、1985年8月9日、 47-48, 54-61。
  18. ^ 「母さんと呼びたい・帯ドラマ役者列伝」『ザ・テレビジョン』第6巻第29号、角川書店、1987年7月24日、 54頁。
  19. ^ a b 「純情写真館」『大海賊』第3号、英知出版、1988年3月10日、 151-154頁。
  20. ^ 「新しい伝説が始まる…」『大海賊』第7号、英知出版、1988年11月20日、 137-143頁。
  21. ^ 新田まゆみet al(出演) (1994年1月10日) (日本語). 愛の贈りもの (VHS). 英知出版.. ISBN 4-7542-6913-6 
  22. ^ 『アイドルが脱いだ理由(わけ)―あの日、あの時、"彼女たち"はなぜ決心したのか!?』宝泉薫、宝島社〈別冊宝島Real〉、2001年、106-108頁。
  23. ^ 三番線の約束”. ぱるねっと岡山. 岡山県生涯学習センター. 2020年2月3日閲覧。
  24. ^ a b どんちゃん「よみがえる伝説のヒロインたち Vol.1」『Alice Club』第9巻第1号、白夜書房、1998年1月1日、 13-17頁。
  25. ^ 大澤則昭「LADY WATCHING」『DIME』第7巻第21号、小学館、1992年11月5日、 93-95頁。
  26. ^ 新藤兼人(監督) (2001年9月10日) (日本語). 落葉樹 (DVD). 角川映画.. ASIN B00005MIFY 
  27. ^ 三番線の約束”. jmdb.ne.jp. 2020年2月1日閲覧。
  28. ^ グッドバイ”. jmdb.ne.jp. 2020年2月1日閲覧。
  29. ^ 松田優作et al(出演), 近松門左衛門(原作) (日本語). 松田優作主演 女殺油地獄 (DVD). NHKエンタープライズ.. ASIN B00S0DQWGU 
  30. ^ もしも、学校が…!?”. テレビドラマデータベース. 株式会社キューズ・クリエイティブ. 2020年2月2日閲覧。
  31. ^ 母さんと呼びたい”. テレビドラマデータベース. 株式会社キューズ・クリエイティブ. 2020年2月2日閲覧。
  32. ^ 中山美穂, 仙道敦子et al(出演) (2013年10月25日) (日本語). セーラー服反逆同盟 DVD-BOX (DVD). ビクターエンタテインメント.. ASIN B00EGLQOAY 
  33. ^ 岡本弘(監督), 宮沢りえ, 武田久美子et al.(出演) (1989年) (日本語). 宮沢りえのスワンの涙1 (VHS). フジテレビ.. ASIN B01GB0NPCW 
  34. ^ 柴田恭兵, 仲村トオルet al(出演) (2016年10月5日) (日本語). 勝手にしやがれヘイ! ブラザー VOL.2 (DVD). TOEI COMPANY, LTD.. ASIN B01F8LUAN2 
  35. ^ 春一番!愛ふたつ”. テレビドラマデータベース. 株式会社キューズ・クリエイティブ. 2020年2月2日閲覧。

外部リンク編集