メインメニューを開く

新舞子マリンパーク(しんまいこマリンパーク)とは、愛知県知多市緑浜町にある人工島の公立の公園[1]一部事務組合名古屋港管理組合が設置し、株式会社日誠が指定管理者として管理・運営をしている。

新舞子マリンパーク
Shinmaiko Marine Park
Shinmaiko Marine Park of Blue San Beach 03.JPG
新舞子マリンパークのブルーサンビーチ
新舞子マリンパークの位置(愛知県内)
新舞子マリンパーク
分類 港湾緑地
所在地
愛知県知多市緑浜町2番地
座標 北緯34度57分17.15秒 東経136度49分17.58秒 / 北緯34.9547639度 東経136.8215500度 / 34.9547639; 136.8215500座標: 北緯34度57分17.15秒 東経136度49分17.58秒 / 北緯34.9547639度 東経136.8215500度 / 34.9547639; 136.8215500
開園 1997年4月29日
運営者 名古屋港管理組合
駐車場 あり(552台)
公式サイト 新舞子マリンパーク
テンプレートを表示

概要編集

1997年(平成9年)4月29日に開園した。名古屋市内から最も近い海水浴場として知られ、夏季は多数の海水浴客で混雑する。2002年(平成14年)、人工海浜においては珍しいとされるウミガメの産卵が目撃され、その事を記念した「モニュメント」が建てられている。また、2005年(平成17年)に開港した中部国際空港からも比較的近く、低空飛行中の飛行機を見ることができる。同年2月には園内に風力発電所が設置された。

一帯はみなとオアシスとして平成22年5月に登録していて、みなとオアシスちた新舞子の中核施設である。

施設編集

  • 人工砂浜海水浴場(新舞子ブルーサンビーチ)
    • 7月から8月にかけて海水浴場として多くの若者や家族連れで賑わい楽しまれる(年間13 - 15万人の海水浴客が利用)とともに、7月下旬から8月中旬には各種イベントが行われる。長さ400mの海浜は、長崎県壱岐島産の海砂を使用している。
  • 芝生広場
  • 休憩所
  • 駐車場
  • 名古屋港海づり公園(知多堤)の代替施設
    • 現在、当公園から約4km北東にある同公園は休園中であり、暫定的な代替施設として島内にある名古屋港南5区の南岸堤防に海釣り公園を設置し、2015年(平成27年)1月9日より開放された。海づり公園にあった転倒防止柵を再利用するほか防犯の為の照明灯を設置し、駐車場40台分も整備した[2]

駐車場編集

海水浴シーズンとなる6月18日 - 9月4日は1回500円の駐車料金が必要となる。それ以外の日は土日祭日は1回500円、平日は無料。

アクセス編集

 
ファインブリッジ

対岸から島内へは2つの橋がある。

ただし、いずれの橋も午後9時から翌朝5時までの間は閉鎖されるため、その間は島への出入りができない。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集