メインメニューを開く
新谷陣屋の記念碑(新谷小学校校門脇に所在)
麟風閣
地図

新谷陣屋(にいやじんや)は愛媛県大洲市新谷村(伊予国喜多郡)に置かれた陣屋で、大洲藩から分知された新谷藩の藩庁である。

概要編集

豊臣秀吉に仕えた甲府24万石を与えられた加藤光泰の嗣子で伊予大洲藩6万石の藩祖となった加藤貞泰は、関ヶ原の戦いでは東軍に属し島津軍と戦った。その後慶長15年(1610年)、美濃黒野藩4万石から伯耆米子藩6万石に移封された。大坂の陣では徳川方に属し、元和3年(1617年)に伊予大洲6万石の藩主となった。

寛永9年(1632年)、第2代藩主泰興の弟・直泰は幕府より1万石の分知の了承を得て、新谷藩が立藩した。寛永19年(1642年)、新谷の地に陣屋を構えた。江戸時代後期になると数々の災害に見舞われ、一時は宗家の大洲藩が藩政を見ることになったりした。

そういった苦難にも関わらず新谷藩加藤氏は9代続き、泰令(やすのり)の代に明治維新を迎えた。廃藩置県後は新谷県庁舎として使用された[1]

遺構編集

遺構として、御殿麟風閣(愛媛県指定文化財)があり、また、陣屋のあった敷地は明治時代になると、幾つかに分けて売却され、金蔵がかろうじて現存している。現在陣屋のあった敷地は新谷小学校となっている。

所在地編集

アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 新谷藩の成立”. 愛媛県史 近世 上(昭和61年1月31日発行). 愛媛県生涯学習センター. 2018年3月26日閲覧。

外部リンク編集