プレセアPresea)は、日産自動車1990年から2000年まで製造・販売していた普通乗用車である。

概要編集

耽美的なスタイリングを重視した4ドアピラードハードトップである。1990年6月に登場し、その柔和なスタイリングが特に女性からの支持を集めた。優雅なスタイリングと引き換えに車高が低いこともあって後席居住性をかなり犠牲にしていたため、その後の日本国内のユーザーの価値観の変化に伴い徐々に販売実績が低迷し、2000年8月に販売を終了し2代・10年2ヶ月の歴史に幕を下ろした。

初代 R10型(1990年-1995年)編集

日産・プレセア(初代)
 R10型
1992年6月改良型
製造国   日本
販売期間 1990年6月 - 1995年
デザイン 和田智
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアピラードハードトップ
エンジン GA15DS(E)
SR18Di・SR18DE・SR20DE
駆動方式 前輪駆動
変速機 4速AT / 5速MT
サスペンション 前:ストラット式
後:パラレルリンクストラット式
全長 4,395mm
全幅 1,690mm
全高 1,320mm
ホイールベース 2,500mm
先代 日産・スタンザ
日産・ローレルスピリット
(いずれも事実上)
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示
  • 1990年
  • 1991年
    • 5月 スポーツグレード「ブラックスター」追加
    • 12月 エクセーヌのシート表皮や運転席パワーシート、本革ステアリングを採用したラグジュアリーグレード「ポーラスター」追加
  • 1992年
    • 6月 マイナーチェンジ。SR18DE型エンジン追加。フロントバンパーにコーナリングランプを内蔵し、大型化することで全長を25mm延長した。また、スポーツグレードのCt.Sを追加した。
  • 1993年
    • 6月 全車のエアコン新冷媒化。同時にバニティミラーやイグニッションキー照明などを一部グレードに設定した。日産自動車の創立60周年を記念しシート&トリムなどが専用装備の特別仕様車、1500Ct.II セレクションV60thアニバーサリーを設定。
  • 1994年
    • 5月 1.5SV、1.8SV追加。
    • 12月[1] - 生産終了。在庫対応分のみの販売となる。
  • 1995年
    • 1月 - 2代目と入れ替わる形で販売終了。


2代目 R11型(1995年-2000年)編集

日産・プレセア(2代目)
R11型
1995年1月発売型
1997年6月改良型 2000レフィナL
製造国   日本
販売期間 1995年1月 - 2000年8月
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアハードトップ
駆動方式 前輪駆動
変速機 4速AT / 5速MT
サスペンション 前:ストラット式
後:マルチリンク・ビーム式
全長 4,480mm
全幅 1,695mm
全高 1,325mm
ホイールベース 2,580mm
後継 ブルーバードシルフィに統合
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示
  • 1993年
    • 2月23日 1995年3月の座間工場閉鎖に伴い、次期型の生産を村山工場に移管することを発表。
  • 1995年
    • 1月 フルモデルチェンジ。同時に生産を村山工場に移管した。B14型サニーをベースに開発。マルチリンク・ビーム式のリアサスペンションが採用された。搭載されたエンジンは全てツインカムのSR20DE型、SR18DE型、GA15DE型の3機種。スタイリングは初代ほどの支持を集めることができず、ボディデザインが全体的に丸みを帯びており、特徴的なリアコンビネーションランプに楕円形のフロントライトと異形グリルが遮光器土偶を思わせる造形で、評価が分かれることとなった。グレード展開はGA15DE車がCt.Ⅰ、Ct.Ⅱ SR18DE車Ct.Ⅱ、Ct.S、Ct.L SR20DE車はCt.S、Ct.Lとなっていた。CM出演者は浅野温子井出薫大和武士
    • 9月 「ブラックスター(1.8、2.0)」追加
  • 1997年
    • 8月 マイナーチェンジ。フロントとリアを中心に意匠変更。マルチリフレクターフロントヘッドライトやフロントシート・デュアルエアバック、ABS、ブレーキアシストなど安全装備が全車に標準となった。グレード名が変更になりGA15DE車がE、レフィナF、レフィナ、レフィナLの4グレード、SR18DE車とSR20DE車はレフィナ、レフィナLの2グレードとなる。CM出演者は松雪泰子に変更。
  • 1999年
  • 2000年


製造拠点編集

初代
2代目

車名の由来編集

  • プレセア(Presea)は、スペイン語で「宝石」や「かけがえのない大切なもの」を意味する。社内の女性デザイナーが名付け親である。グレード名は車名にちなんだ「Ct.(カラット)」を使用していた。ボディカラーも全て宝石の名前を冠していた。

備考編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ プレセア(日産)1990年6月~1994年12月生産モデルのカタログ”. リクルート株式会社 (2020年1月19日). 2020年1月19日閲覧。
  2. ^ プレセア(日産)のカタログ”. リクルート株式会社\date=2020-1-19. 2020年1月19日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集