早川三代治

早川 三代治(はやかわ みよじ、1895年(明治28年)6月22日 - 1962年(昭和37年)8月28日)は、北海道小樽市生まれの経済学者小説家

北海道帝国大学卒業後、経済学を学ぶためにドイツに留学し、ウィーンでヨーゼフ・シュンペーターに面会し、指導を受ける。帰国後、レオン・ワルラスヴィルフレド・パレートを日本に紹介し、北海道を中心に所得調査を行い、日本の所得分布でパレート法則を検証した論文を発表した。また、北海道帝国大学小樽経済専門学校小樽商科大学早稲田大学で教鞭を取り、早稲田大学で経済学博士を取得している。

一方で、東北帝国大学農科大学予科在学時に有島武郎の教えを受け、文学に傾倒し、その後島崎藤村に師事し、多くの小説・戯曲・随筆を創作した。代表作に道東の開拓地を舞台とした長編小説「土と人」(五部作)がある。

なお、弟に『アイヌの民俗(民俗民芸双書)』を著した民俗学者の早川昇がいる。

目次

年譜 [1]編集

  • 1895年明治28年) 小樽区入船町(現・小樽市)にて、父・岩三郎、母・志満の長男として生まれる。生家の早川家は、丸越早川商店と称して、家内業・商取引に携わっていた商家であった。
  • 1908年(明治41年)庁立小樽中学校(現・北海道小樽潮陵高等学校)入学。
  • 1914年大正3年) 東北帝国大学農科大学(現・北海道大学)予科に入学し、英語の試験官・担当教授であった有島武郎に傾倒し、札幌の有島宅をしばしば訪問。同大学の『文部会会報』に「朝千吉」などの筆名で創作の発表を始める。
  • 1915年(大正4年) 友人の高田紅果出口豊泰らがこの年に創刊した文芸雑誌『白夜』に「朝千吉」の筆名で寄稿。
  • 1918年(大正7年) 東北帝国大学農科大学予科卒業、北海道帝国大学農学部農学科第一部入学。
  • 1919年(大正8年) 高田紅果、出口豊泰らとともに文化団体「小樽啓明会」を結成し、小樽高等商業学校教授の大西猪之介を講師に迎え、第一回講演会を開催。
  • 1921年(大正10年) 卒業論文「収穫逓減法則に就て」を提出し、北海道帝国大学を卒業。純理論経済学を深く学ぶためドイツに留学。高岡熊雄と大西猪之介の紹介状を携え、ボン大学哲学科に入学し、ディーツェル、シュピートホフ、ヴェンツェルの3教授に師事。留学中も小樽の文学仲間の高田紅果、本間勇児、出口豊泰、友人の漁夫画家の木田金次郎らと文通を続ける。
  • 1922年(大正12年) ベルリン大学法文哲学科に入学し、経済学を専攻。7月頃に有島武郎の死を知る。8-9月にドイツ在住の内科学者の酒井繁、応用化学者の中本実とともに北欧を旅行。
  • 1923年(大正13年) 昆虫学者の小熊捍とローマを中心にヨーロッパを旅行。6月にウィーンでビーダーマン銀行の頭取となっていた経済学者シュンペーターに面会し、指導を仰ぐ[2]
  • 1924年(大正14年) 日本に帰国し、北海道帝国大学農学部講師に就任(農業経済学科教室勤務)。
  • 1927年昭和2年) 島崎藤村に短編・戯曲を送り、知遇を得る。
  • 1930年(昭和5年) 最初の経済学研究書として、『純理経済学序論』を刊行。
  • 1931年(昭和6年) シュンペーター教授が来日し、東京での3回の講演を聴講したほか、神戸商科大学での講演・討論に参加。山本たけと結婚。
  • 1932年(昭和7年) 不況下の旭川での調査を端緒として、所得分布に関する実証的研究に向かう。戯曲「新しき縄」を『劇と評論』に発表。
  • 1933年(昭和8年) 北海道全市町村に対し個人所得データに係る独自のアンケート調査を開始。道東の虹別(現・標茶町虹別)を訪れ、過酷な開拓地の実態に触れ、人間と土地の格闘の歴史を長編(後の「土と人」シリーズ)として著すことを構想。「新しき縄」が新劇座第9回講演として帝国ホテル演芸場にて上演、主演は花柳章太郎
  • 1934年(昭和9年)北海道帝国大学助教授に昇進し、経済学財政学講座を担当。『北大文芸』に長編「鶴の生息地」(後の「土と人」シリーズ第2部「処女地」)を連載開始。
  • 1936年(昭和11年) 前年に弟と母が相次いで入院し、北海道帝国大学を辞職し、家業を継ぐも、学会活動と文芸創作は継続。
  • 1939年(昭和14年) 島崎藤村を訪問し、中島健蔵を紹介される。
  • 1942年(昭和17年) 「土と人」シリーズの初刊本として、第2部『処女地』刊行。
  • 1944年(昭和19年) 「土と人」シリーズ第3部『土から生まれるもの』、第4部『生ける地』刊行。
  • 1945年(昭和20年) 「土と人」シリーズ第1部『根』刊行、第5部「地飢ゆ」を追加決定。
  • 1948年(昭和23年) 小樽経済専門学校教授に就任し、同校附属図書館長にも就任[3]
  • 1949年(昭和24年) 新制大学昇格に伴い、小樽商科大学教授となり、経済原論・経済学史を担当。新生新派一座の花柳章太郎らと会い、「新しき縄」再上演の希望を聞く。
  • 1950年(昭和25年) イギリスの詩人エドマンド・ブランデンに詩集『エムブリオ』英訳文を送り、批評私信を受け取る。「土と人」シリーズの第6部「蘖(ひこばえ)」を構想。
  • 1951年(昭和26年) 日本の所得分布でパレート法則を検証した英語論文が、権威ある経済学の学術雑誌であるエコノメトリカ誌に掲載(同誌には日本人としては初)。北海道経済学会創設に尽力し、初代代表理事に就任[4][5]
  • 1952年(昭和27年) 新生新派一座による「新しき縄」が大阪朝日開局一周年記念として放送。
  • 1953年(昭和28年) 北海道から北海道道民所得調査委員会委員を委嘱(1957年12月まで)。
  • 1956年(昭和31年) 早稲田大学久保田明光教授と懇談し、東京に出ることを考え始める。小樽での日本統計学会の開催に尽力。
  • 1957年(昭和32年) 小樽商科大学を辞し、東京に移住し、早稲田大学教育学部教授に就任。
  • 1958年(昭和33年) 有島武郎を題材とした長編小説「或る地主」を構想。ニセコの有島農場解放記念館跡地を訪問し、木田金次郎に有島農場事務所の間取り等を書簡で問い合わせる。
  • 1959年(昭和34年) 「新しき縄」がラジオ東京のラジオドラマでオンエア。その後、全国放送。
  • 1960年(昭和35年) 「パレート法則による所得と財産分布に関する研究」により早稲田大学の経済学博士の学位取得。
  • 1961年(昭和36年) 「土と人」シリーズの第5部と第6部の構成を検討し、第1部を再推敲。
  • 1962年(昭和37年) 「土と人」シリーズの第2部と第5部を再推敲し、ほぼ完了。小樽にて死去。当初、従五位が贈られたが[6]、改めて正五位が贈られた。

著作・作品編集

単著(経済学)編集

  • 『純理経済学序論』(岩波書店, 1930)
  • 『動的均衡及び動態に関するパレートの基礎方程式』(丸善, 1932.4)

翻訳(経済学)編集

主要論文(経済学)編集

小説編集

  • 『青鷸 短篇小説集』(明窓社, 1933)
  • 『ル・シラアヂユ(船あと)』(明窓社, 1934)
  • 『処女地 土と人 第2部』(元元書房, 1942.12)
  • 『土から生まれるもの 土と人 第3部』(元元書房, 1944)
  • 『生ける地 土と人 第4部』(宝文館, 1944.8)
  • 『根 土と人 第1部』(寶文館, 1945.2)
  • 『若い地主』(青年論壇社, 1947)
  • 『地飢ゆ 土と人 第5部』(中央公論事業出版, 2012)

戯曲編集

  • 『聖女の肉体(戯曲集1)』(明窓社, 1932)
  • 『トレ グラチエ(戯曲集2)』(私家版, 1936)
  • 『マダム レア(戯曲集3)』(私家版, 1937)

詩集編集

  • 『エムブリオ(胚珠)詩集』(私家版, 1936)

随筆編集

  • 『ラインのほとり』(明窓社, 1933)

脚注編集

  1. ^ 「早川三代治年譜」『早川三代治展 : インターナショナルな知的表現者』pp.42-48、市立小樽文学館、2016年12月
  2. ^ 早川三代治「シユムペーター先生の追憶」『緑丘新聞』第217号、1950年2月
  3. ^ 歴代図書館長・事務組織”. 小樽商科大学附属図書館. 2017年7月26日閲覧。
  4. ^ 「北海道經濟學會創立さる」『緑丘新聞』230号、1951年10月
  5. ^ 「北海道経済学会の歩み:創立の頃」『北海道経済学会ニュースレター』第2号 pp.7、2017年3月
  6. ^ 「故早川助教授に従五位」『北海道新聞』(夕刊)、1962年9月7日

参考文献編集