昌寛(しょうかん、生没年未詳)は平安時代末期、鎌倉時代前期の僧。源頼朝右筆。通称は一品房昌寛。事務方として鎌倉幕府創設期を支えた。

源範頼を大将軍とした平氏追討のための西国遠征に奉行人として従軍する。六勝寺の一つ成勝寺執行(しぎょう)に就任。頼朝から庶子貞暁の乳母父を依頼されるが、頼朝の妻北条政子の嫉妬を恐れて辞退している。

娘が頼朝の嫡男頼家の側室となり、三男栄実、四男禅暁を産んでいる。

参考文献編集