映劇ライヴエンタテインメント(えいげき)はアニメコミックゲームの舞台化制作(呼称アニメライヴ)を中心に、主に星陵会館俳優座劇場をメイン劇場とした公演を提供している。かつては映劇株式会社という企業だったが、株式会社ソプラティコによる買収を経て、2016年10月1日より、同グループ株式会社劇団飛行船と合併し、以降は同社の一部門として事業を展開している[1][2]

映劇株式会社
種類 株式会社
略称 映劇 
本社所在地 日本の旗 日本
113-0023
東京都文京区向丘2-12-4 東大前向丘コーポB1F
設立 2012年
業種 サービス業
法人番号 6010901029981 ウィキデータを編集
事業内容 舞台製作、映像制作、イベント制作
代表者 代表取締役 庄司清彦(現 株式会社劇団飛行船 映劇担当取締役)
特記事項:2016年9月30日時点の情報
テンプレートを表示

概要編集

主に舞台のプロデュース、映画製作イベントの企画を手掛けている。2010年よりコアスタッフは活動していたが2011年に新会社を立ち上げ、翌年、株式会社へ組織変更した。通来の劇団発の企画や保守的な舞台制作体制とは大きく異なり、映画会社出身の人間により設立されたため、同社の舞台制作方法には映画のそれが採られており、また演出脚本マーケティングについても映画事業的な手法が採られていることが、競合と大きく違う点である。文京学院大学日本大学、および東京大学教員組成による産学共同映像研究所と提携している。[要出典]

詳細編集

総合的コンテンツ事業の会社である。演劇ライブ映像等コンテンツの制作配給・興行網を有し、国内有数の[誰?]プロデューサークリエイターを擁して、事業展開する。各種大学研究機関と提携して、まったく新しいマーケティングリサーチ・エンジンを保有しており[要検証]、これにより動員率の高いコンテンツの開発を行っている。[要出典]また研究スタッフやインターンを資源とした新しいクリエイティヴ・タレントも育成しており、それらを源泉とした新規の企画開発を行っていることも[誰によって?]知られている。[要検証]

作品一覧編集

舞台編集

ドラマCD編集

主な取引先編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集