メインメニューを開く

概要編集

グループ全体で展開している事業は、中核事業のカードゲーム事業を始め、アニメ作品等への出資、スマートフォンゲーム配信、広告代理店、書籍編集・出版、インターネットラジオ、アニメ等のキャラクターグッズ、音楽、タレント(声優)マネージメント、プロレス、キックボクシングなど、エンターテイメントジャンルを中心に多岐に渡る。

このグループ構成から、メディアミックス展開の多くを自前で賄うことが可能となっており、特に探偵オペラ ミルキィホームズシリーズ及びBanG Dream!の2作品においては、原案・企画から、コミカライズ・主演声優のマネジメント・関連ライブイベントの企画主催・音楽制作・コンシューマゲーム企画販売・スマートフォンゲーム企画配信・カードゲーム企画販売・グッズ企画販売・実写テレビ番組制作・ラジオ番組制作・劇場版配給に至るまで広範囲を半独占的に行っている(ただし上記の一部は、ポニーキャニオンなどグループ外の大手企業などと共同名義で制作しているものもある)。

2019年現在、グループ全体におけるIPの売り上げトップ3は、1位がBanG Dream!プロジェクト、2位が新日本プロレス(≠新日本プロレスリング株式会社)、3位がカードファイト!! ヴァンガードであり、各40億円以上を超えている。これらのIPのうち、いずれかで100億円にするのが目標となっている[2][3]

略歴編集

2007年5月18日株式会社ブロッコリー創業者で元社長の木谷高明が、カードゲームを開発・販売する目的で株式会社ブシロードを設立。

2009年3月6日にスピンアウトカンパニーとして、初のグループ企業である株式会社響(初代。現・株式会社ブシロードメディア)を設立。インターネットラジオ事業及びタレントマネージメント事業に参入する。

2010年11月には、初の海外法人となるシンガポール現地法人Bushiroad South East Asia Pte., Ltd.(現・Bushiroad International Pte. Ltd. )を設立、シンガポール国内のみならず、ブシロードの海外事業全般を統括する役割を担っている。更に2014年8月からは木谷が駐在して直接指揮を行っており、ブシロードグループにとって重要なグローバル拠点となっている。

2011年12月27日、木谷の資産管理会社にして、株式会社ブシロードの株式を100%保有していた有限会社ナカ企画が、株式会社ブシロードグループパブリッシング(以下、ブシロードGP)に商号を変更、名実ともに同社を純粋持株会社とし、株式会社ブシロードを中核事業会社とする体制となった。

2012年1月31日、ブシロードGPが新日本プロレスリング株式会社を買収、また同年7月には同社と共同でブシロードクラブを設立しレスリング選手の育成を行っている。

同社5月、アメリカ合衆国現地法人Bushiroad USA Inc.を設立。

同社10月1日、株式会社響ミュージック(現・株式会社ブシロードミュージック)を設立、音楽事業に参入。

2013年6月1日、広告代理店事業本格展開に伴い、株式会社響を株式会社ブシロードメディアに商号変更。

同年、ブシロードGPを株式会社ブシロードが吸収合併、株式会社ブシロードが全ての中核となる。

2014年10月、ドイツ現地法人Bushiroad Europe GmbHを設立。

2016年5月、株式会社アルカードを買収し、株式会社ブシロードクリエイティブとして、グループ入り。

同年8月、キックボクシング興行を立ち上げるため、株式会社キックスロードを設立。

同年9月29日株式会社響(2代目)を設立、グループ10社体制となる。

2017年10月20日、代表の木谷が、株式会社ブシロードの社長及び代表権を返上、株式会社ブシロード取締役デジタルコンテンツ部本部長・広報宣伝部部長 兼 株式会社ブシロードミュージック代表取締役社長に就任(株主総会での承認)[4]。ブシロードの新しい代表は、橋本義賢。

グループ企業と担当部門編集

株式会社ブシロード 戦略と事業体系図を元に作成。独立記事が無い企業についてはここに事業の概要も記載する(ある企業はリンク先を参照)。

日本のグループ企業は、エンターテイメント事業の各社が本社事務所を住友中野坂上ビルに置いている。スポーツ事業の2社はかつては同じビルに置いていたが順次独立した。

エンターテイメント事業編集

株式会社ブシロード編集

(グループ中核)
  • トレーディングカードゲーム(TCG)部門
  • モバイルオンラインゲーム(MOG)部門
    • スマートフォンアプリゲームブランド「ブシモ」など
  • IPの企画・開発・プロデュース

株式会社ブシロードミュージック編集

  • 音楽部門
    • 音楽コンテンツの企画、制作、管理
    • ライブやイベントの制作、運営

株式会社ブシロードクリエイティブ編集

株式会社ブシロードクリエイティブ
Bushiroad Creative
種類 株式会社
本社所在地   日本
164-0011
東京都中野区中央1-38-1
住友中野坂上ビル1階
設立 2015年2月27日(株式会社アルカード)
業種 サービス業
事業内容 グッズの企画・製造・販売
代表者 代表取締役社長 成田耕祐(株式会社ブシロード 執行役員 MD、営業担当)
資本金 4,900万円
主要株主 株式会社ブシロード
外部リンク https://bushiroad-creative.com/
テンプレートを表示
  • MD部門
    • グッズの企画、開発、発売
      • カプセルトイ
        渡辺直美コレクションフィギュア」「コレジャナイ寿司」など、カプセルトイ自動販売機向けグッズ
      • キャラクターグッズ
        「ラバQ」など
    • グッズ販売イベントの企画、運営
略歴
  • 2015年2月27日にブシロード商品専門の卸売業・株式会社アルカードとして、埼玉県蕨市に設立。
  • 2016年5月にブシロードが資本参加。
  • 2016年8月に現商号となり、本社を住友中野坂上ビル1階に移転。
  • 2016年秋より、マーチャンダイズ事業を本格展開開始。
  • 2018年10月頃(正確な日付不明)に資本金を900万円から4,900万円に増資。

株式会社ブシロードメディア編集

  • メディア部門
    • 雑誌・書籍制作
      月刊誌「月刊ブシロード」を始めとした、書籍類の出版編集
      • 商品企画制作
    • 広告代理店・番組制作

株式会社響編集

  • 声優マネージメント部門
  • インターネットラジオ部門

スポーツ部門編集

新日本プロレスリング株式会社編集

  • 興行部門
  • MD部門
    • グッズの企画、販売
  • コンテンツ部門
    • 映像コンテンツの制作、配信
    • ファンクラブの運営

株式会社キックスロード編集

株式会社キックスロード
Kixroad
種類 株式会社
本社所在地   日本
164-0012
東京都中野区本町2-2-2
YSビル7F 
設立 2016年8月1日
業種 サービス業
事業内容 スポーツ興行の企画・制作・プロデュース
代表者 代表取締役社長 原田克彦(前新日本プロレスリング社長)
資本金 1億円
主要株主 株式会社ブシロード
外部リンク https://knockout.co.jp/company/
テンプレートを表示
  • 興行部門
  • MD部門
    • グッズの企画、販売
  • コンテンツ部門
    • 映像コンテンツの制作、配信

日本国外現地法人編集

  • Bushiroad International Pte. Ltd.(シンガポール現地法人 兼 ブシロード海外事業統括)
    • 旧商号:Bushiroad South East Asia Pte. Ltd.(2017年8月変更)
    • 代表:服部大輔
    • 海外事業全般を統括しているからなのか詳細は不明であるが、日本国内の法人番号[注 1]を割り振られており、国内法人同様、住友中野坂上ビルに日本事務所を置いている形で申請されている。
  • Bushiroad USA Inc.(アメリカ合衆国現地法人)
    • 代表:手塚要
    • メキシコにもオフィスがある。

過去のグループ企業編集

株式会社ブシロードグループパブリッシング編集

純粋持株会社
  • 2013年、株式会社ブシロードに吸収合併され、解散[5]

Bushiroad Europe GmbH編集

  • ドイツ現地法人)
  • 詳細不明(2019年6月21日にリニューアルされたブシロード企業サイトから記載が消滅)

脚注編集

外部リンク編集