映画大好きポンポさん

映画大好きポンポさん』(えいがだいすきポンポさん)は杉谷庄吾【人間プラモ】による日本漫画作品。2017年4月にイラスト投稿サイト「pixiv」に投稿された[1]。映画プロデューサーのポンポを軸とし、新人映画監督のジーンや新人女優のナタリーの成長を描いている[2]。第1作以後も「NYALLYWOOD STUDIOS SERIES」と題して続編やスピンオフ作品が制作され、既刊6巻。

映画大好きポンポさん
ジャンル 映画制作
漫画
作者 杉谷庄吾【人間プラモ】
出版社 KADOKAWA
掲載サイト pixiv(ポンポさん)
ジーンピクシブ
(フランちゃん、the Omnibus)
レーベル MFCジーン ピクシブシリーズ
発表期間 2017年4月 -
巻数 既刊6巻(2021年5月現在)
映画
原作 杉谷庄吾【人間プラモ】
監督 平尾隆之
脚本 平尾隆之
キャラクターデザイン 足立慎吾
音楽 松隈ケンタ
制作 CLAP
製作 映画大好きポンポさん製作委員会
配給 角川ANIMATION
封切日 2021年6月4日
上映時間 94分
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

マンガ大賞2018」で10位、「このマンガがすごい! 2018 オトコ編」で17位[3]。pixivでは65万ビューを突破している(2020年2月28日発表時点)[4]

作品一覧編集

  1. 映画大好きポンポさん - pixiv掲載。
  2. 映画大好きポンポさん2 - 単行本描き下ろし。『ポンポさん』の続編。
  3. 映画大好きフランちゃん - ジーンピクシブ連載。『ポンポさん2』に登場するフランチェスカを主人公としており、作品後半で『2』のストーリーとつながる。
  4. 映画大好きカーナちゃん - 単行本描き下ろし。『フランちゃん』に登場するカーナを主人公としている。
  5. 映画大好きポンポさん the Omnibus - ジーンピクシブ連載。ポンポと周囲の人々について描かれる短編集。
  6. 映画大好きポンポさん3 - 単行本描き下ろし。『ポンポさん』の続編(タイトルに「3」が付くが、原作者の杉谷は刊行順に読むのが良いとしている[5])。
  7. ニャリウッド! - ジーンピクシブ連載。

制作背景 編集

本作は2015年5月に、5分の深夜アニメ用に制作されたが頓挫した企画が元になっている[6]。ポンポというキャラクターを捨てるのは勿体ないと判断した杉谷は、アニメが無理なら漫画にすればいいと考え本作を制作した[6]

第1作投稿後、多数の出版社から書籍化の話が入り、同時に続編執筆も求められたが、杉谷は『ポンポさん』は1作で綺麗に完結していること、描きたいネタがないこと、別件の締め切りに追われていることを理由に断っていた[7]。だがその後2018年1月、ある打ち合わせで『ポンポさん』の続編『ポンポさん2』の打診を受けて簡単に了承した[7]。杉谷は当時続編を打診した編集者に謝罪し、「何事もタイミングが大事」と述べている[7]

『映画大好きフランちゃん』は、1話10頁ほどの短編の執筆を依頼され、喫茶店で女の子たちが映画談義する内容になる予定だったが、同時に『2』を執筆していたことから、2作に繋がりを持たせれば世界を広げられるとの考えから制作された[8]。前半が1話完結制になっているのは初期構想の名残[8]

あらすじ 編集

映画大好きポンポさん
映画の都「ニャリウッド」にある「ペーターゼンフィルム」で映画をプロデュースしているポンポネット、通称ポンポは、映画のオーディションを受けにきたナタリーを「地味」という理由で落とすが、何か惹かれるものがあったため、若手女優ミスティアの付き人としてナタリーを起用する。
また、ポンポの元でアシスタントとして働くジーンは、ある日ポンポから自身の映画「MARINE」の予告編制作を依頼される。ポンポは予告編映像の出来や、自身が執筆した新作映画「MEISTER」の脚本に対する反応からジーンのセンスを見出し、「MEISTER」の監督をジーンに任せ、ヒロイン役にナタリーを抜擢する。
当初は不安に思っていたジーンとナタリーだったが、周囲からのアドバイスで自信をつけ映画制作に臨む。完成した「MEISTER」、ジーン、ナタリー、ポンポは映画界の最高峰であるニャカデミー賞を受賞する。
映画大好きポンポさん2
「MEISTER」でニャカデミー賞を受賞したジーンは、昨年ヒットしたアクション映画の続編「マックスストーム2」の監督に抜擢される。「MEISTER」との制作現場の違いを意識させられつつもジーンは映画を完成させるが、大衆向けとなる「普通の映画」を撮ってしまった自分に憤り、ジーンならではのセンスと様々な技法を駆使し玄人志向に振り切った「尖りまくった」フィルムを完成品として提出し、「普通」の「マックスストーム2」のデータを消滅させる。
「マックスストーム2」はポンポと映画監督のコルベットにより「普通」の続編として再編集され無事完成に漕ぎつけるも、ジーンは多くの人に迷惑をかけたため「クビ」という体裁で一時ポンポの祖父ペーターゼンの元へ追放される。ペーターゼンの家にある様々な映画の脚本を読んだジーンは自分自身で映画を制作することを決意し、ペーターゼンフィルムを辞めて脚本制作に取り組む。脚本を完成させたジーンはナタリーとミスティアを起用して映画「LOVE・Begets・LOVE」の制作を開始するが、凝りすぎて予算がなくなったため、ポンポに助力を請う。ポンポは協力する条件として、自身の新作映画「Lunch Waggon」との対決を持ちかける。
2人の映画が完成し、ジーンはポンポの映画を称え、ポンポはジーンの映画を鑑賞したことで、制作者としての視点しか持っていなかった自分にも純粋に映画が好きな気持ちがあったことに気づく。
映画大好きフランちゃん
映画スターを夢見るフランチェスカ、通称フランは、ダイナー「エッグノッグ」で働きつつオーディションを受けていたが、毎回落ちていた。フランはポンポを始めとするダイナーの客と交流し、アドバイスを受けるもオーディションには受からない日々が続いた後、後輩のカーナに先にデビューされる。気落ちするフランに対し、ポンポはフランが具体的にどのような映画スターになりたいかビジョンを持っていないことに気づかせ、次のオーディションでは審査員になったつもりで他人の演技を観察することを命令する。フランは言われた通りオーディション参加者を観察していると、参加者たちがしている失敗はかつて自分がした失敗と同じものであることに気づく。
フランは改めて自分がどのような映画スターになりたいのか見つめ直し、その旨をポンポに述べる。ポンポはフランの答えがあまりにも素敵なものだったため、フランを新作映画「Lunch Waggon」の主演に抜擢する。「Lunch Waggon」はヒットし、フランの元には多くの出演依頼が届けられたが、どれも「Lunch Waggon」でのような役ばかりだった。このためフランは全ての依頼を断り、自身が主演する映画の企画書を執筆していた。企画書を読んだポンポは、フラン主演映画の第2作制作を宣言する。

登場人物 編集

声の項は劇場アニメ版の声優

ペーターゼンフィルム編集

ジョエル・ダヴィドヴィッチ・ポンポネット
声 - 小原好美[9]
映画プロデューサー。見た目は幼い少女に見えるが年齢は不詳。通称は「ポンポ(さん)」。敏腕だが、普段はB級映画ばかり撮っている。プロデューサーとしてのポリシーと幼少期の体験から、上映時間が2時間を超える長い映画を嫌っている。誕生日は4月4日[10]
ジーン・フィニ
声 - 清水尋也[9]
ポンポのアシスタント。映画監督を目指しペーターゼンフィルムに入社した。採用理由はポンポさん曰く「目の輝きがないから」。鬱屈した青春時代を送っており、映画だけが心の支えだった。

俳優 編集

ミスティア
声 - 加隈亜衣[9]
若手俳優。夢は自分の出演する映画をプロデュースすること。
ナタリー・ウッドワード
声 - 大谷凜香[9]
俳優志望。オーディションに落ち続けていたが、ポンポの新作映画のヒロイン役に抜擢される。
マーティン・ブラドック
声 - 大塚明夫[9]
伝説的俳優。10年ほど実質的な引退状態だったが、ペーターゼンに請われて「MEISTER」に出演する。
レオン・ポールウェイド
「マックスストーム2」主演。
クリスティア・ロックウェル
「マックスストーム2」ヒロイン。

映画関係者 編集

ジョエル・ダヴィドヴィッチ・ペーターゼン
声 - 小形満[11]
元映画プロデューサー。ポンポの祖父。多数のヒット作を手掛け、ポンポにコネクションを引き継がせて引退した。なぜかジーンの名前を覚えず、必ず間違う。
コルベット
声 - 坂巻学[11]
映画監督。ポンポの右腕。ポンポ好みのB級映画を撮ることに長けている。
ウェズ・G・マクティアナン
映画プロデューサー。「マックスストーム2」のプロデューサー。

エッグノッグ 編集

ペーターゼンフィルムの近くにあるダイナー

フランチェスカ・マッツェンティーニ
声 - 野水伊織[11]
俳優志望。通称は「フラン」。エッグノッグでアルバイトとして働いている。
ユーゲン・マイルスジャック
エッグノッグの雇われ店長。俳優でもあるが売れていないため、店長を兼任している。
キャロル・ロンシュタット
コンポーザー。エッグノッグの客。
マーリン・ユーチノフ
脚本家。エッグノッグの客。
カーナ・スワンソン
フランの後輩。

その他編集

アラン・ガードナー
声 - 木島隆一[12]
映画オリジナルキャラクター。大手銀行「ニャリウッド銀行」に勤務するエリート銀行員。ハイスクール時代はジーンとは同級生で、商談に向かった先で、同じ地に映画撮影に来ていたジーンと再会する。仕事に行き詰まりを感じ退職を考える中、ジーンの映画制作が危機に陥ったことを知り行動を起こすことになる。

単行本 編集

  1. 映画大好きポンポさん 2017年8月26日発売[1]ISBN 978-4-04-069453-5
  2. 映画大好きポンポさん2 2018年9月27日発売[13]ISBN 978-4-04-065150-7
  3. 映画大好きフランちゃん 2019年8月26日発売[14]ISBN 978-4-04-065151-4
  4. 映画大好きカーナちゃん 2020年9月27日発売[15]ISBN 978-4-04-064635-0
  5. 映画大好きポンポさん the Omnibus 2021年4月26日発売[16]ISBN 978-4-04-064637-4
  6. 映画大好きポンポさん3 2021年5月27日発売[17]ISBN 978-4-04-064636-7

劇場アニメ 編集

映画大好きポンポさん
POMPO: THE CINEPHILE
監督 平尾隆之
脚本 平尾隆之
原作 杉谷庄吾【人間プラモ】(プロダクション・グッドブック)
製作 松尾亮一郎
出演者 清水尋也
小原好美
大谷凜香
加隈亜衣
大塚明夫
木島隆一
音楽 松隈ケンタ
主題歌 新妻聖子「Dance On Fire」
CIEL「窓を開けて」
編集 今井剛
制作会社 CLAP
製作会社 映画大好きポンポさん製作委員会
配給 角川ANIMATION
公開   2021年6月4日
上映時間 94分
製作国   日本
言語 日本語
興行収入 1.7億円[18]
テンプレートを表示

単行本第1巻の帯でアニメ化が発表され[1]、『映画大好きフランちゃん』の帯で劇場アニメ映画となることが発表された[14]。当初は2020年公開を予定していたが[4]、その後2021年3月19日公開予定となった[9]。その後、新型コロナウイルス感染拡大の影響を理由に2021年6月4日に再度延期され[19]、同日に公開された。

スタッフ編集

テーマ曲編集

オープニングテーマ「Dance On Fire」
作詞 - 藤林聖子、作曲 - 松隈ケンタ、編曲 - SCRAMBLES、歌 - 新妻聖子
主題歌「窓を開けて」
作詞・作曲・編曲 - カンザキイオリ、歌 - CIEL
挿入歌「反逆者の僕ら」
作詞・作曲・編曲 - カンザキイオリ、歌 - EMA(from DUSTCELL
挿入歌「例えば」
作詞・作曲・編曲 - カンザキイオリ、歌 - 花譜

テレビ放送編集

回数 放送日時 放送局 備考
1 2022年05月13日 21時00分 - 22時45分 WOWOWシネマ テレビ初放送[20]
2 2022年05月16日 18時00分 - 19時45分 WOWOWプライム [20]
3 2023年01月01日 20時00分 - 21時45分 BS11 無料BS初放送[21]
4 2023年02月04日 15時00分 - 16時45分 NHK Eテレ 地上波初放送[22]

脚注 編集

  1. ^ a b c pixiv50万PV越え『映画大好きポンポさん』が書籍化! そして驚きの「アニメ化企画進行中」を発表!!”. PR TIMES. PR TIMES (2017年8月26日). 2020年8月22日閲覧。
  2. ^ アニメ企画進行中の「映画大好きポンポさん」続編発売決定、スピンオフも始動”. コミックナタリー. ナターシャ (2018年8月3日). 2020年8月22日閲覧。
  3. ^ 「映画大好きポンポさん」テレビCMでアニメ映像初公開 「トキノ交差」のCLAPが制作”. アニメハック. エイガ・ドット・コム (2018年9月27日). 2020年8月22日閲覧。
  4. ^ a b 劇場版「映画大好きポンポさん」、「SAO」キャラデザの足立慎吾描き下ろしビジュアル公開!”. アニメ!アニメ!. イード (2020年2月28日). 2020年8月22日閲覧。
  5. ^ 2021年6月10日付の原作者のTwitterより
  6. ^ a b 『映画大好きポンポさん』、メディアファクトリー、2017年、160頁。ISBN 978-4-04-069453-5
  7. ^ a b c 『映画大好きポンポさん2』、メディアファクトリー、2018年。ISBN 978-4-04-065150-7
  8. ^ a b 『映画大好きフランちゃん』、メディアファクトリー、2019年、172頁。ISBN 978-4-04-065151-4
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 劇場アニメ「映画大好きポンポさん」3月19日公開!キャストに清水尋也、小原好美ら”. コミックナタリー. ナターシャ (2020年10月9日). 2020年10月9日閲覧。
  10. ^ 2022年4月4日付の原作者のTwitterより
  11. ^ a b c 映画パンフレットP.24
  12. ^ [1],アニメハック,2021年5月20日
  13. ^ 【9月27日付】本日発売の単行本リスト”. コミックナタリー. ナターシャ (2018年9月27日). 2020年8月22日閲覧。
  14. ^ a b 「映画大好きポンポさん」制作進行中のアニメは映画!本日スピンオフが発売”. コミックナタリー. ナターシャ (2019年8月26日). 2020年8月22日閲覧。
  15. ^ 「映画大好きカーナちゃん」ひねくれ者女優の覚醒を描く「ポンポさん」スピンオフ”. コミックナタリー. ナターシャ (2020年9月27日). 2020年9月29日閲覧。
  16. ^ 映画大好きポンポさん the Omnibus”. KADOKAWA. 2021年4月26日閲覧。
  17. ^ 映画大好きポンポさん3”. KADOKAWA. 2021年5月27日閲覧。
  18. ^ キネマ旬報』 2022年3月下旬特別号 p.32
  19. ^ 劇場アニメ「映画大好きポンポさん」6月4日に公開延期”. コミックナタリー (2020年12月25日). 2021年5月6日閲覧。
  20. ^ a b CLAP52659123のツイート(1524570123050557440)
  21. ^ 劇場アニメ『映画大好きポンポさん』1/1にTV放送決定。お正月はこたつでポンポさん!,電撃オンライン,2022年12月6日
  22. ^ 劇場アニメ「映画大好きポンポさん」地上波初。Eテレ2月4日,AV Watch,2023年1月23日

外部リンク 編集