メインメニューを開く
智頭往来の景観。右手前は旧塩屋出店、その奥は米原家住宅。

智頭宿(ちづしゅく・ちずしゅく)は、因幡国智頭郡にかつてあった因幡街道宿場で、現在の鳥取県八頭郡智頭町大字智頭にある旧宿場町である。

奈良時代以来の畿内因幡を結ぶ道で江戸時代には参勤交代の道でもあった智頭往来因幡街道)と、備前街道が合流する地にあって、両街道の宿場として栄えた歴史を持つ。 智頭往来は歴史の道百選遊歩百選に選ばれており[1]、沿道には社寺や町家などの古建築が現在も残る。

尚、智頭宿の読みは旧高旧領取調帳など古資料では「ちずしゅく」と記載されている。また大字智頭も「ちず」と読む。

目次

歴史編集

沿革編集

名所・旧跡編集

 
智頭往来に面して建つ石谷家住宅

行事・祭事編集

所在地編集

  • 〒689-1402 鳥取県八頭郡智頭町智頭

交通アクセス編集

ギャラリー編集

周辺編集

脚注編集

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集