最上壽之

1936-2018, 彫刻家

最上 壽之(もがみ ひさゆき、1936年3月3日[1] - 2018年10月2日)は、日本彫刻家武蔵野美術大学名誉教授。

「モクモク・ワクワク・ヨコハマ・ヨーヨー」(横浜みなとみらい地区) ステンレス製の巨大彫刻、もくもくと沸くをイメージしている

神奈川県横須賀市に生まれる。東京芸術大学彫刻科卒。1992年横須賀市平和都市モニュメントを制作。1981年武蔵野美術大学教授、2005年名誉教授。 木を媒介とした抽象的な作風が特徴とされる。

2018年10月2日、心不全のため死去[2]

受賞編集

代表作品編集

主な彫刻作品の設置場所編集

脚注編集

  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  2. ^ 彫刻家の最上寿之さん死去 みなとみらい21の作品など 朝日新聞、2018年10月5日
  3. ^ 「秋の褒章783人 女性は126人で過去最高 山本富士子さんら紫綬褒章」『読売新聞』2001年11月2日朝刊
  4. ^ 「秋の叙勲 92人に栄誉=静岡」『読売新聞』2009年11月3日朝刊