朝倉摂

朝倉 摂(あさくら せつ、1922年7月16日 - 2014年3月27日)は、日本舞台美術家画家。本名・冨沢摂[1]the companyのアソシエイツメンバー。

朝倉 摂
生誕 (1922-07-16) 1922年7月16日
東京府東京市下谷区谷中
死没 (2014-03-27) 2014年3月27日(91歳没)
東京都稲城市
国籍 日本の旗 日本
教育 ロックフェラー財団
著名な実績 舞台芸術
活動期間 1941年 - 2014年
この人に影響を
与えた芸術家
伊東深水

目次

人物編集

東京府東京市下谷区谷中(現在の東京都台東区谷中)に生まれる。父は彫刻家朝倉文夫。妹は彫刻家の朝倉響子。娘は文学座所属の女優の富沢亜古。声優の大塚周夫は従弟にあたる。

画家の伊東深水に師事し、初めは日本画を学ぶ。1941年、第4回新文展に「小憩」が初入選となるが、翌年より福田豊四郎吉岡堅二らによる在野の新美術人協会に参加、その流れから戦後は創造美術に参加。

1970年アメリカ合衆国ニューヨークロックフェラー財団で舞台美術を学ぶ。小説や絵本の挿絵も手がけ、1972年講談社出版文化賞絵本賞を受賞。

この間、多数の舞台美術を手がける。主なものとしては、蜷川幸雄演出秋元松代作「近松心中物語」、市川猿之助演出梅原猛作「ヤマトタケル」、蜷川幸雄演出唐十郎作「下町万年町物語」など。

2009年、BankART Studio NYK(横浜市中区)で「朝倉摂ワークショップ&展覧会 2009 AUTUMN」が開催された(主催:文化庁、神奈川県文化芸術振興会プラン推進事業共実行委員会、マザーポート・アート・フェスティバル実行委員会、企画:GALERIE PARIS、期間:10/4-10/18)。

2010年、BankART Studio NYK(横浜市中区)で大規模な個展「朝倉摂展 アバンギャルド少女」が開催された(主催:BankART1929、共催:横浜市APEC・創造都市事業本部、期間:9/10-11/7)。

2014年3月27日クモ膜下出血のため、東京都稲城市の病院にて死去[1]。91歳没。

2015年7月、GALERIE PARIS(横浜市中区)で没後はじめての回顧展「Setsu Asakura,1950s」で舞台美術家に転向する以前の日本画家時代の作品が公開された(主催:GALERIE PARIS)。

2016年9月、台東区立朝倉彫塑館(東京都台東区)で、初めての父娘三人展「朝倉文夫 摂 響子 三人展」が開催された(主催:公益財団法人台東区芸術文化財団、期間:9/17-12/11)。

受賞歴編集

著書編集

  • 『朝倉摂のステージ・ワーク』(PARCOエンタテイメント事業局、1981年)
  • 『私の幕間-ステージ・ワークの周辺』(求龍堂、1983年)
  • 『朝倉摂 舞台空間のすべて』(PARCO出版、1986年)
  • 『朝倉摂のステージ・ワーク 2』(PARCO出版、1991年)
  • 『舞台美術は一瞬の輝き 福原義春サクセスフルエイジング対談』(求龍堂、1998年)
  • 『朝倉摂のステージ・ワーク 1991-2002』(PARCO出版、2003年)

挿画の代表作編集

関連文献編集

個展「朝倉摂展 アバンギャルド少女」の図録。朝倉の作品のほか、扇田昭彦「舞台美術家・朝倉摂の冒険的な軌跡」、吉岡忍「いつの時代にも、世界に一人か二人しかいない」などを収める。
  • Yoshida, Yukihiko, Jane Barlow and Witaly Osins, ballet teachers who worked in postwar Japan, and their students, Pan-Asian Journal of Sports & Physical Education, Vol.3(Sep), 2012.
舞台美術家としてのデビューのきっかけについてまとめている。

関連記事編集

  • 吉井澄雄「朝倉摂さんを悼む」『日本経済新聞』2014年4月1日付朝刊最終文化面。

脚注編集

  1. ^ a b 舞台美術家の朝倉摂さん死去[リンク切れ] 時事通信 2014年3月27日閲覧

外部リンク編集