木之本町

日本の滋賀県の町

木之本町(きのもとちょう)は、かつて滋賀県北東部に存在した

きのもとちょう
木之本町
廃止日 2010年(平成22年)1月1日
廃止理由 編入合併
木之本町虎姫町湖北町高月町
余呉町西浅井町長浜市
現在の自治体 長浜市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 滋賀県
伊香郡
団体コード 25502-5
面積 91.92km²
総人口 8,009
推計人口、2009年(平成21年)11月1日)
隣接自治体 高月町長浜市余呉町西浅井町
岐阜県揖斐川町
町の木 ケヤキ
町の花 コブシ
町の鳥 ヤマガラ
木之本町役場
所在地 529-0492
滋賀県伊香郡木之本町大字木之本1757-2
Kinomoto town-office.jpg
木之本町役場。現在は長浜市役所木之本支所(2009年6月)
座標 東経136度13分21.9秒
北緯35度30分7.1秒

木之本町位置図

― 市 / ― 町

特記事項
木之本町役場.jpg
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
木之本の古い町並み
きのもと交流館
江北図書館(木之本)

2010年平成22年)1月1日東浅井郡伊香郡の他全5町とともに長浜市へ編入、消滅した。

目次

地理編集

滋賀県北部に位置し、北国街道北国脇往還の分岐点があり、古くから交通の要衝・宿場町として栄えた伊香郡の中心地であった。

市街地は南西部に広がる低地に形成されており、町の北東部に広がる山林が町域の大部分を占め、険しい山岳地帯も伴う。北部の山地に端を発する姉川の支流・高時川は町東部の山地内を南流しており、市街地のある低地は通過していない。

西に広がる琵琶湖との間には賤ヶ岳の山塊が南北に連なる。賤ヶ岳の北にある余呉湖の南岸までが町域で、近くに2箇所の飛地があった。

隣接していた自治体編集

歴史編集

行政編集

  • 編入・消滅時の町長:岩根博之

地域編集

教育編集

小学校

  • 木之本町立伊香具小学校(大音)
  • 木之本町立木之本小学校(木之本)
  • 木之本町立杉野小学校(杉野)
  • 木之本町立高時小学校(古橋)

中学校

高等学校

行政施設編集

商業施設編集

交通編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

寺院編集

神社編集

その他編集

  • 賤ヶ岳古戦場
  • 土蔵銅山
  • 旧 滋賀銀行木之本支店 - 同銀行として使用されていた建物を当町が購入、旧来の意匠を活かした改築がなされたのち「きのもと交遊館」として使用されている。[1]

脚注編集

  1. ^ 旧滋賀銀行木之本支店(交遊館の歴史) - 木之本町きのもと交遊館(2011年9月19日閲覧)
[ヘルプ]

関連項目編集

外部リンク編集